【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

カナダで1ヶ月にかかる生活費はどれくらい?生活費の内訳と節約するポイントまとめ

カナダの街並み

留学やワーホリなど、これからカナダに中・長期での滞在を検討される方の中には、「カナダで生活するためにはいくらぐらい必要なのかな……」と気になっている方も多いかと思います。

カナダで必要な滞在費用は、1ヶ月の場合おおよそ10~12万円ほどあれば足りるケースが多いです。物価そのものは日本と大きく変わらず、外食費などはカナダの方がやや高い傾向があります。ですので自炊するなど生活を工夫すれば、それほど高額な費用を用意する必要はありません。

とはいえ、具体的な内訳はなかなかわかりにくいですよね。そこでこの記事では、カナダでの1ヶ月の生活費について、家賃、光熱費、食費、交通費、通信費、雑費の順にお伝えします。

最後に生活費を抑えるポイントについても紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。まずはこの記事で、カナダでのおおよその生活費を把握していきましょう!

※この記事は1CAD=90円で計算しています。

【PR】

1. カナダの家賃

カナダのアパートメント

家賃は1ヶ月で約4万〜20万円です。金額にかなり差があるのは滞在先にもよるためで、カナダでの滞在方法としてはホームステイ、学生寮、シェアハウス、アパートなどがあります。下記で滞在方法ごとにかかる費用を紹介します。

ホームステイ

ホームステイは、1ヶ月で約1,100〜1,700CAD(約10万〜15万円)です。

この中には、水道光熱費と食費が含まれています。ステイ先によってはおやつが出たり、食事のボリュームが多かったりすることもあり、細かい条件はまちまちです。

学生寮

学生寮は、1ヶ月で約1,100〜2,200CAD(約10万〜20万円)です。寮もホームステイ同様に食費と水道光熱費が含まれるため、生活費として考えると安いと言えます。寮の立地や設備によって費用は上下します。

シェアハウス

シェアハウスは複数人で1つのアパートやマンションを借りてシェアする過ごし方です。費用は立地や部屋の広さによって大きく変わります。ダウンタウン周辺で部屋を借りる場合の費用は、1ヶ月約500~700CAD(約4万5,000~6万3,000円)です。

郊外に行けばワンルームでも安く借りることができ、立地や広さによっては1室4万円台から探せます。

アパート

都市部のアパートを借りる場合、1人暮らし向けのものでも家賃は約700~900CAD(約6万3,000~8万1,000円)ほどです。

もう少し安く借りる方法はないかと「e-Maple」サイトを見てみましたが、

ベースメント
一軒家の地下のフロア(キッチン、バスルーム付き)を貸し出すタイプ

ルームシェア
バス、トイレ、リビング共用

であれば、約300〜600CAD(約2万7,000~5万4,000円)ほどの物件が多いようです。カナダのアパートは水道光熱費込みのところが多いので、あらかじめチェックしておきましょう。

2. カナダの光熱費

カナダのコンセント

シェアハウスやアパートの光熱費は、1ヶ月で約50CAD(約4,500円)ほどになります。多くても100CAD(約9,000円)見ておけばよいでしょう。

先ほどもお伝えした通り、物件によっては、もともと家賃に光熱費が含まれているところもあり、その場合光熱費は不要です。

3. カナダの食費

カナダのスーパーマーケット

食費は、1ヶ月あたり約250~1,000CAD(約2万2,500〜9万円)です。ここでは

・自炊
・外食
・デリバリー

に分けて、内訳を紹介します。

自炊

自炊は生活費を抑えるうえで必須、と言っても過言ではありません。それほど、外食にかかる費用に関しては日本よりも高めです。自炊を中心に生活を組み立てることができれば、食費は1ヶ月で約2万〜3万に節約できます

食材費の目安は、以下の通りです。

・カナダの国産牛肉(アンガス牛)100g:1.9CAD(約170円)〜
・鶏肉100g:1.3CAD(約120円)〜
・牛乳1リットル:1.7CAD(約150円)〜
・パスタ1kg:2CAD(約180円)〜
・サーモン100g:2.7CAD(約240円)〜

日本よりも高い食材はありますが、おおむね日本よりも安い印象です。特にパスタなどは主食として重宝しますので、ぜひ活用してください。スーパーのまとめ買いやセールをうまく使えば、かなり食費を下げることが可能です。

外食

外食を続けていると、1ヶ月で約800〜1,000CAD(約7万2,000~9万円)を超えることも少なくありません。食材を購入して作る自炊と異なり、外食には消費税もかかってきます。

消費税が高いところだとケベック州、ノバスコッシア州では15%に設定されており、かなり高税率です。さらにこの消費税に10%以上のチップを加えれば、それだけで日本の17%増しの料金になってしまいます。

主な外食にかかる費用の目安は以下の通りです。

・ファミリーレストラン:12~18CAD(約1,000~1,600円)
・ファーストフードのセットメニュー:約10CAD(約900円)
・アルコール1杯:6〜10CAD(約540〜900円)

デリバリー

デリバリーの配達料金は、1回あたり3〜6CAD(約270〜540円)に設定しているところが多いです。配達スタッフへのチップは別途必要となります。

レストランやカフェから配達されるため、値段は外食とほとんど変わりません。

4. カナダの交通費

カナダの交通費

交通費は、1ヶ月で50~100CAD(約4,500〜9,000円)です。それぞれの内訳を紹介します。

タクシー

メーター制で初乗り(最初の約60m)が3.2CAD(約290円)、以降1kmにつき1.85CAD(約167円)が基本料金です。これにチップ10~15%が加算されます。

地下鉄やバス

バンクーバー市内であればバスやスカイトレイン(電車)、シーバス(連絡船)が運行しています。これらはすべて同じ料金体系となっており、バンクーバーとその周辺地域がゾーンで区切られ、ゾーンを越えると料金が上がる仕組みです。

基本料金は大人2.75CAD(約248円)、子供1.75CAD(約158円)となっています。

5. カナダの通信費

通信費は1ヶ月で約3,000〜5,000円です。カナダは日本と比べると、インターネット環境が整っています。いたるところで公衆無線LANが拾えますので、簡単な調べもの程度でしたら公衆無線LANを使えば十分です。

次で、自身で回線を用意した場合の費用を解説します。

タイプ1:SIMカード

カナダのSIMカードキャリア大手は、ROGERS、TELUS、Bell、Freedom Mobileの4社です。料金体系はほとんど差がなく、目安として以下のようなプライシングになっています。

・1GB:85CAD(約7,650円)
・2GB:90CAD(約8,100円)
・5GB:105CAD(約9,450円)

タイプ2:モバイル(ポケット)Wi-Fi

モバイルWi-Fiは、日本でレンタル契約できます。日本で契約する場合、以下の料金が目安となります。

・契約先:グローバルWi-Fi、イモトのWi-Fi、Wi-Ho!など
・金額:30日プランで2万円〜

タイプ3:固定Wi-Fi

カナダには「Shaw」と「Telus」という2代大手ネット通信会社があります。

例えば「Shaw」とインターネット契約をしている場合、IDとパスワードがあれば街中どこでもWi-Fiが使用できる「Shaw Open」という無料のオプションサービスを使用することが可能です。

料金はプランにもよりますが、テレビと家のインターネットの使用料を合わせて、月額50~70CAD(約4,500円〜6,300円)となります。

6. カナダの雑費

雑費は1ヶ月で約3万〜5万円です。交際費と日用品や消耗品、医療費に分けてご紹介します。

交際費

交際費は1ヶ月につき約50〜120CAD(約4,500〜1万円)です。例として内訳をあげると、

・食事:20〜30CAD(約1,800〜2,700円)
・観光:20〜100CAD(約1,800〜9,000円)
・映画:12〜15CAD(約1,080〜1,350円)

などです。

日用消耗品

トイレットペーパーや洗剤など、1ヶ月で約30〜50CAD(約2,700〜4,500円)です。また衣服を買い足す場合は、1着につきおおむね10CAD(約900円)から購入できます。

医療費

風邪をひいて病院を受診する場合、1回につき平均50~100CAD(約4,500~9,000円)が必要です。ただし、キャッシュレス診療に対応する海外旅行保険に加入していれば、保険が適用され無料で受診できます。

カナダで生活費を安く抑える3つの節約方法

お金

最後に、カナダで生活費を安く抑える方法として、

(1) 食事は基本的に自炊する
(2) 住居はルームシェアを利用する
(3) 服はセールをうまく活用する

の3つをお伝えします。

1. 食事は基本的に自炊する

1つ目の方法が、食事は基本的に自炊することです。カナダの物価は日本と比べてもそれほど高くありません。食材によっては日本よりもかなり安く手に入れることができます。

外食だと消費税とチップが上乗せされるため、感覚的には日本での外食の3割増しくらいに感じます。できるだけ自炊をするようにしましょう。

2. 住居はルームシェアを利用する

3つ目の節約方法は、住居はルームシェアを利用することです。滞在方法としては、ルームシェアがもっとも節約できます。カナダで一般的な「1ベットルーム+デン」という間取りの場合、リビングにカーテンで仕切りをつけて3~4人で住むのが普通です。

ちなみに「デン」とは、コンドミニアムの部屋の1つである「物置き」を部屋として借りる時の呼び方です。

3. 服はセールをうまく活用する

2つ目の方法が、服はセールをうまく活用することです。カナダの目玉セールといえば、

・ブラックフライデー:11月の第4金曜日
・ボクシングデーセール:12月26日から開催される年末セール

の2つ。通常価格の50%~80%OFFでおしゃれな洋服を購入できるので、このタイミングを逃す手はありません。

衣類や靴などは毎回その都度購入するのではなく、こういったセールの時を狙って買い物を済ますだけで、かなりコストを抑えることが可能です。

まとめ:月約11万円あればカナダで生活できる!

ここまで、カナダでの滞在に必要な生活費をお伝えしました。最後にカナダでの1ヶ月の生活を項目別にまとめると、

家賃 4万〜15万円
光熱費 4,500〜9,000円
食費 2万〜9万円
交通費 4,500〜1万円
通信費 3,000〜5,000円
雑費 3〜5万円

となります。合計の生活費としては、上手に節約をすれば月11万円ほど、外食が多めだったり滞在方法によっては月30万円ほどかかるでしょう。

カナダは全体としてそれほど日本と物価は変わりません。今回お伝えした節約のポイントである、

(1) 食事は基本的に自炊する
(2) 住居はルームシェアを利用する
(3) 服はセールをうまく活用する

の3つを押さえて、生活費を抑える工夫をしてみてください。カナダでの生活が実りあるものになることをお祈りしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

長濱 裕作

長濱 裕作

学生時代はお金を貯めて海外各地を放浪。異文化に触れる楽しさや多様性の価値を知る。学生結婚を経て12年に渡り大手アミューズメント企業に勤めるも、家族と過ごす時間を増やすために退職。現在は田舎に引っ越して古民家を購入、半農半ライターとして生活。子どもたちの留学の在り方についても勉強中。妻ラブな3児の父。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。