【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

アメリカのおすすめスーパーマーケット!特徴や楽しみ方を徹底解説

アメリカ スーパーマーケット

アメリカには魅力的なスーパーマーケットが数多くあります。

「アメリカ旅行で買い物がしたい」
「スーパーマーケットごとの特徴を教えてほしい」

こういった人もいるかと思います。

今回は、アメリカのスーパーマーケットの特徴や、おすすめポイントを一挙紹介していきます。

【PR】

アメリカに行ったらスーパーマーケットがおすすめ

アメリカ スーパーマーケット

アメリカで買い物をするならスーパーマーケットがおすすめです。おすすめする理由は以下の3つです。

  • ・10商品以下の専用レジがある
  • ・量り売りで購入できる
  • ・お土産が安く購入できる

10商品以下の専用レジがある
アメリカでは、10商品以内で買い物をした人の専用レジがあります。日本のように、ジュースだけ買いたいのにレジが混雑して諦めてしまうということもありません。

量り売りで購入できる
2つ目の量り売り、アメリカでは日本とは違い、野菜や果物は量り売りで販売されています。バナナを1本だけ買いたいという人や、一人暮らしで食材がそこまでいらないという人におすすめです。

お土産が安く購入できる
3つ目に関しては、日本と同様で商品が安く購入できます。

お得に買い物するポイントは?

買い物をするならお得に商品を買いたいですよね。ここでは、お得に買い物ができるトク技を紹介します。

イベント後のセールを狙う

アメリカのスーパーマーケットでは、クリスマスやハロウィン、バレンタインデーなどイベントが開催されます。

イベントが終わると、季節外商品になってしまうためお菓子のセールが開催されます。通常よりも格安でお菓子が手に入るので、イベント後を狙って行くのもいいかもしれません。

BUY 2 GET 1 FREEを利用する

アメリカのスーパーマーケットでは定番の「BUY 2 GET 1 FREE」

「2個買ったら1個無料」という意味です。商品によっては「10個買って1個無料」「3個買って1個無料」などさまざま。数が変わると一個あたりの割引価格も変わってくるので、計算しながらお得な商品を見つけてみてください。

PB商品を狙う

日本でもスーパーごとに自社ブランドの商品があるかと思います。いわゆるPBブランド商品で、オリジナルブランド商品よりも安く購入することができます。

買い物のルールは日本と違う?

日本とアメリカのスーパーマーケットでは、買い物やレジのルールが異なります。特に注意したい点を紹介していきます。

重さの単位はグラムではなくパウンド

先ほどグラム売りの話をしましたが、アメリカでは1パウンド(約450g)単位の計算が一般的です。ほしい分量だけ購入するので、あまり気にする必要はありませんが、覚えておきましょう。

会計商品はベルトコンベアーに流す

アメリカのスーパーマーケットのレジでは、購入したい商品をレジ前のベルトコンベアーで流すのが一般的です。日本ではカゴをそのまま出しますが、アメリカでは自分でコンベアに乗せないといけません。

また最近では、セルフレジも導入されてきたので、好みで使い分けてみてください。

アメリカのスーパーマーケット1:Walmart(ウォルマート)

アメリカ スーパーマーケット

Photo by : Wikipedia(http://bit.ly/2BY479z

「Walmart」は、アメリカ全土で展開している大手スーパーマーケットチェーン店です。世界最大のスーパーマーケットとしても知られ、アメリカだけでなく世界各地で店舗をオープンしています。

商品にかかるコストを徹底的に排除しているため、商品の価格が非常に安いです。お得に買い物ができるので、アメリカに住む日本人からも支持を得ています。

お菓子なども安いので、お土産をたくさん購入して帰りたいという人におすすめです。

おすすめポイント

今回紹介しているスーパーマーケットの中では特に安いお店です。

店舗のある都市

アメリカ全土

URL

Walmart(https://www.walmart.com/

アメリカのスーパーマーケット2:Target(ターゲット)

アメリカ スーパーマーケット Target

Photo by : Wikipedia(http://bit.ly/2NB15N3

Targetは、アメリカ全土で展開をしている巨大ディスカウントストアです。広い店内には、食料品だけでなく衣料品や化粧品、日用品、飲食店などが入っています。

店内各所にはプライススキャナーがあり、値段が分からない商品の価格を調べることができます。スタッフを呼ばなくてもいいのは非常に助かりますね。

とにかくなんでも揃うので、単身者からファミリーまで幅広い人におすすめです。

おすすめポイント

普通のスーパーマーケットとホームセンターが融合したようなお店です。食料品以外の買い物もあるという人におすすめできます。

店舗のある都市

アメリカ全土

URL

Target(https://www.target.com/

アメリカのスーパーマーケット3:Costco(コストコ)

アメリカ スーパーマーケット Costco

Photo by : Costco(https://www.costco.co.jp/WarehouseEvents

日本でもお馴染みのCostcoは、アメリカ発祥のスーパーマーケットです。

コストコのウリは、入荷した商品をパレットに乗っている状態で陳列するところ。商品管理にかけるコストを徹底的に抑えることにより、販売価格を下げています。

おすすめポイント

コストコは会員制で年会費が必要になります。また、アメリカでは日本にはない「エグゼクティブ会員」があります。

年会費は約1,3000円ですがメリットは大きく、以下の特典を受けることができます。

  • ・買い物によって2%キャッシュバック
  • ・限定クーポンが配布される
  • ・旅行などで各種割引が適用される

上記のような特典を受けることができます。Costcoを頻繁に利用している人は、エグゼクティブ会員になってお得に買い物をしている方も多いようです。

店舗のある都市

アメリカ全土

URL

Costco(https://www.costco.com/

アメリカのスーパーマーケット4:Wholefoods Market(ホールフーズマーケット)

アメリカ スーパーマーケット Wholefoods Market

Photo by : Wikipedia(http://bit.ly/2GOUyy1

Wholefoods Marketは、アメリカ全土に展開をする食料品が充実したスーパーマーケットです。

オーガニックフードの種類も多いため、旅行ガイドブックにも観光スポットとして紹介されるほど。保存料や添加物を使わない食品や飲料が人気で、オーガニック専用の棚がずらりと並んでいます。

オーガニック好きの人や、おしゃれなお土産が買いたい人はホールフーズを利用してみてください。

おすすめポイント

ホールフーズでは、地元の農家さんと提携して運営をされています。各地の新鮮な野菜や果物を購入できるので、安心して買い物を楽しむことができます。

店舗のある都市

アメリカ全土

URL

Wholefoods Market(https://eu.wholefoodsmarket.com/

アメリカのスーパーマーケット6:Trader Joe's(トレーダージョーズ)

アメリカ スーパーマーケット

Photo by : Wikipedia(https://en.wikipedia.org/wiki/Trader_Joe%27s

トレーダージョーズは、アメリカでも「おしゃれ」な位置づけにあるスーパーマーケットです。

オーガニック商品が多く、ちょっと高くてもいいものが欲しいという人に支持されています。店内だけでなく、商品のパッケージもおしゃれなので見ているだけでワクワクしてしまいます。

おすすめポイント

トレーダージョーズで最もおすすめなのがエコバッグです。日本のフリマサイトにもう売り出されるほど人気で、観光客のほとんどがエコバッグ目当てで訪れます。

おしゃれなものが多いので、大量に購入してバラマキのお土産にするのもいいでしょう。

店舗のある都市

アメリカ全土

URL

Trader Joe's(https://www.traderjoes.com/

アメリカのスーパーマーケット7 パブリックス(Publix Super Markets)

アメリカ スーパーマーケット Publix

Photo by : Wikipedia(https://en.wikipedia.org/wiki/Publix

パブリックスは、広告・マーケティング会社marketforceが2018年に行なったアメリカのスーパーマーケットランキングで、店舗の清潔さ、商品の充実さなどで1位を獲得した人気スーパーです。

その理由としては、細部までこだわったサービスで顧客満足度を上げている点です。アメリカ全土に展開をしている巨大スーパーマーケットですが、拡大と共にサービスの質を落とすことなく経営をしています。

規模が拡大するとサービスの質が落ちてしまいがちですが、パブリックスでは徹底したスタッフの管理をすることで、顧客満足度を年々上げています。

気持ちよく買い物をしたい人はパブリックスに行ってみてください。

おすすめポイント

店舗にもよりますが、お寿司などの日本食を販売している店舗もあります。アメリカで日本食が恋しくなったという人にはおすすめです。

URL

Publix Super Markets(http://www.publix.com/

アメリカのスーパーマーケットでチェックしたいお土産&雑貨

アメリカ スーパーマーケット

アメリカのスーパーマーケットには、お土産に最適なお菓子や雑貨が豊富に取り揃えてあります。特におすすめの商品をピックアップしましたので、参考にしてみてください。

おすすめ商品(1)マカデミアナッツチョコレート

アメリカ スーパーマーケット チョコ

ナッツにチョコレートがコーティングされたマカダミアナッツチョコレート。

アメリカでは定番のお土産として親しまれています。パッケージにはその地域の景色などがプリントされているものもあり、観光客に人気があります。

ただし、暑い時期は溶けてしまう可能性があるので取り扱いには注意してください。

おすすめ商品(2)ナッツ類

アメリカ スーパーマーケット ナッツ

アメリカ人はナッツ類をよく食べるので、スーパーマーケットにもいろんなフレーバーのナッツがあります。アメリカならではのBBQ味やシンプルな塩味、日本人向けの醤油味までさまざまです。

小さい袋の商品もあるのでバラマキのお土産として購入してみてください。

おすすめ商品(3)ピーナツバター

アメリカ スーパーマーケット ピーナツバター

アメリカの定番調味料といえば「ピーナツバター」。

パンに塗ったり、調味料として隠し味に使ったりと用途は幅広いです。日本人には少し甘いかもしれませんが、お土産や話のネタとして最適だと思います。

おすすめ商品(4)エコバッグ

アメリカ スーパーマーケット エコバッグ

先ほどの紹介しましたが、アメリカのスーパーにはエコバッグ目当てに観光客が押し寄せることもあります。お店によってデザインや形が違うので、いろんなお店に行って好みのものを見つけるのもいいでしょう。

荷物にならないので、まとめ買いしてお土産にするという人も多いです。

おすすめ商品(5)歯磨き粉

アメリカ スーパーマーケット 歯磨き粉

アメリカのスーパーにはさまざまな種類の歯磨き粉があります。

購入自体は日本でもできますが、ホワイトニング専用の歯磨き粉などが日本よりもかなり安く買えます。ホワイトニング歯磨きを日頃から使っている人は、アメリカで買いだめして帰るのもいいかもしれません。

おすすめ商品(6)ハンドクリーム

アメリカ スーパーマーケット ハンドクリーム

アメリカのスーパーマーケットではハンドクリームの種類が豊富です。地域によっては乾燥地帯もあるため、ハンドクリームの需要があります。

オーガニックなものも多いので、女性の方や乾燥肌の方は購入をしてみるのでいいでしょう。

おすすめ商品(7)ココナッツオイル

アメリカ スーパーマーケット ココナッツオイル

ココナッツオイルは、アメリカのスーパーマーケットでも定番の商品です。

オーガニックにこだわったココナッツオイルも多く、健康志向の人に人気があります。料理やお菓子作り、化粧品としても使われており、女性へのお土産として最適です。

まとめ

アメリカには、日本とは異なるスーパーマーケットが満載です。

日常の買い物からお土産選びまで、さまざまなシーンに合わせて買い物を楽しんでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

しっしー

しっしー

コンビニ商品開発職を退職後、ライター兼ブロガーとして独立。現在はオーストラリア在住ライターとして活躍。主に留学やオーストラリアについて発信していきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。