【英語ライティング勉強法】高校〜ビジネスレベルまで英語力アップの方法を教えます

英語ライティング勉強法

「効率よく英語ライティングを勉強したい」
「ビジネスシーンで英語のライティングが必要」
「高校生で大学受験の英語ライティングを学びたい」

このように、英語のライティング力を上げたいと思っている方いらっしゃいませんか。

本記事ではそんな悩みを解決できるような、英語のライティングを効率よく勉強できる方法やコツを詳しく解説していきたいと思います。

【PR】

英語のライティングはどうやったら伸びるの?

英語ライティング勉強法

まずは、英語ライティングが伸びる仕組みについて解説をしていきます。

豊富な単語の引き出しを作る

まずは英単語は覚えて使える単語の引き出しを作りましょう。

英単語を知らなければ、英文法ができても英文を書くことができません。

また、より多くの英単語を知れば知るほど、文章の表現の幅が広がります。

英単語を覚える方法として、英文の中の単語を辞書で調べたり、単語帳を使って効率的良く覚えていきましょう

高校英文法ができれば複雑な英文も作れる

英語ライティングには、単語だけでなく英文法も大切です。

単語を知っていれば簡単な英文を作ることができますが、さらに踏み込んだ内容になると英文法が必要になります。

一見文法を学ぶことは難しく感じてしまうと思いますが、高校で習う文法を身につければ複雑な文でも作ることができるようになります。
      
英文法と単語をバランスよく勉強してみてください。

英文に触れる回数が多い

英語ライティングが伸びる人は、英語に触れる機会が多いです。

留学して海外にいれば必然的に毎日英語に触れることができますが、日本国内にいる場合はそうではありません。

できるだけ英語に触れる機会を自分から作りましょう。

英字新聞を読んだり、英語の日記をつけたりして毎日英文に触れることで、必然的にライティング力も伸びてきます

ライティング力を伸ばすには書くことが一番ですが、まずは読むことから始めてみるのもいいかもしれません。

おすすめライティング勉強法(1)日本語文を英訳して書く

英語ライティング勉強法

まず最初に紹介するのは、日本語の文を英文に書き直す勉強方法です。

この方法を何度も繰り返すことで、英文を書くときの自分の苦手な部分や、悪い癖が分かってきます

それを1つずつ直していくうちに、ライティングが徐々に上手くなっていくでしょう。

ポイント

この方法は必ず正解の英文を用意して、答え合わせをするようにしてください。

また、英文から日本語文に直す方法は、初心者でもなんとなく分かってしまうので、あまりおすすめしません。

日本語から英語にすることに意味があるので、このルールを守るようにしてください。

こんな人におすすめ

簡単な日本語からでも始められるので、初心者から上級者までおすすめできます。

最初は難しいと感じますが、慣れてくると一気にライティング力が上がるでしょう。

おすすめの教材

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(https://amzn.to/2XftEnD

おすすめライティング勉強法(2)リスニングしたものを書き取る

英語ライティング勉強法

こちらは参考書などに付属されているCD等の、英語のリスニング音源を書き取る方法です。

音源を一時停止しながら、少しずつライティングをしてみてください。

この勉強法はライティング力だけでなく、リスニング力も鍛えることができるのでおすすめです

ポイント

音源に間に合わなくても、聞き取れた単語やフレーズはとにかく書いていきましょう。

とにかく手を止めないことが大切なので、どんどん書き進めてください。

こんな人におすすめ

ライティング力だけでなく、リスニング力も鍛えることができるので、大学受験の控えている高校生にもおすすめです。

おすすめの教材

英会話・ぜったい・音読 【標準編】—頭の中に英語回路を作る本(https://amzn.to/2EjOjzt

おすすめライティング勉強法(3)英文を見ながら書き写す

英語ライティング勉強法

次にご紹介する勉強法は、「英文を見ながらそのまま紙に書き写す」方法です。

私の場合は、3分程度で読み終わる物語や会話を10回以上繰り返し書き写して学習をしていました。

英文法の特徴だけでなく、同時に単語も覚えることができるので非常に効率が良いです

可能であれば、音読しながら書くと頭に定着しやすくなります。なぜなら書く動作と読む動作はまったく違う脳の動きをしているので、英語ライティング力をより効率よくアップさせられるからです。

ポイント

一つの文を覚えるまで、何度も繰り返し書き写すことが大切です。

次の章でお話しする勉強法にも繋がる学習法ですのでぜひ試してみてください。

こんな人におすすめ

英文をそのまま書き写すだけなので、英語初心者にもおすすめです。

簡単な英文から書き写していき、どんどんレベルアップしてみてください。

おすすめの教材

究極の英語ライティング(https://amzn.to/2IpVcUg

おすすめライティング勉強法(4)覚えた英文を書き写す

英語ライティング勉強法

次に紹介する勉強法は「覚えた英文を何も見ずに書き出す」という方法です。

3〜5行程度の英文を見ながら書いて覚えたら、次は何も見ずに英語ライティングを行います。

完璧に書けるようになると、ちょっと文章をいじってオリジナルの文章を書くこともできるようになります。

そして知っている文章が増えれば増えるほど、長文を書くときの能力も大きく上がるでしょう

ポイント

できれば日常で使うような英文を覚えておくと、実戦でも使いやすいです。

英字新聞などからフレーズを探して、それを元にライティングをしてもいいかもしれません。

こんな人におすすめ

「英文を見ながらそのまま紙に書き写す」方法に慣れてきた中級者の人におすすめです。

ある程度英文を覚えることにも抵抗がなくなってきているので、何も見ないで英文を書くことに慣れながらライティング力を上げていきましょう。

おすすめの教材

英語のスピーキングが驚くほど上達する NOBU式トレーニング(https://amzn.to/2GlE0wJ

おすすめライティング勉強法(5)長い文章を短くまとめる

英語ライティング勉強法

次に紹介するのは、長い英文を決められた文字数や分量にまとめる勉強法。いわゆる「要約」と呼ばれる方法です。

ある程度のライティング力が必要になりますが、学習効果は非常に高いです。

長い英文が理解できるようになったら取り入れてみてください。

ポイント

分かりやすく要約するだけでなく、自分のオリジナル文章にしたり、面白おかしく書いたりするのもおすすめです

ただ短くするだけではなく、少しを工夫加えながらライティングすることでレベルアップが早くなります。

こんな人におすすめ

英文がある程度読めるようになった英語中級者におすすめです。

おすすめの教材

英会話・ぜったい・音読 【挑戦編】—英語の上級回路を作る本(https://amzn.to/2GUWKD5

おすすめライティング勉強法(6)翻訳された洋書を日本語版と比べる

英語ライティング勉強法

小説やビジネス書など、洋書から日本語訳された本をそれぞれ購入して、見比べてみる方法も効果的です。

まずは、日本語版の内容をしっかりと理解した上で、洋書を読み始めるようにしてください。

本は自分が好きな小説などで構いません。英文をどのように日本語訳しているのか勉強になります。

ポイント

自分が好きな本を選ぶことで、挫折せずに英文を読むことができます

例えば、ハリーポッターが好きな人なら、洋書版も購入してどんどん読み進めてみてください。

こんな人におすすめ

自分の好きな本のレベルに合わせて取り組むか決めてください。

英語初心者だけどビジネス書が好き、という場合は読まない方がいいかもしれません。

まずは、自分のレベルと本の内容がマッチしているか確認してみましょう。

おすすめの教材

ハリーポッターシリーズ
・日本語版(https://amzn.to/2V93Fws
・英語版(https://amzn.to/2Sgfy1L

おすすめライティング勉強法(7)英語でスケジュールを書く

英語ライティング勉強法

日々のスケジュールの英語で書くという方法です。

スケジュールは多くの人が書くものなので、英語学習の習慣がつかないという人にもおすすめ。

日常で使う単語も頻出するので、徐々にフレーズが頭に定着していきます。

ポイント

日本の手帳を使うのもいいですが、英字の手帳で書くと日本語に触れることなく学習ができます。

こんな人におすすめ

英語学習がなかなか継続できないという人におすすめです。

また、ビジネス英語を学びたい人も、会社のスケジュールを英語で書くことで学ぶことができます。

おすすめライティング勉強法(8)毎日の日記を書く

英語ライティング勉強法

毎日の出来事を日記にする方法もおすすめです。

最初は短文でいいので、毎日書くことを定着させてください。

慣れてくると、その日感じたことや出来事の詳しい内容がより詳しく書けるようになります。また、書いた日記を読み返すことで、自分のライティング力の成長を見ることもできます。

ポイント

毎日継続して書くことが重要なポイントです。めんどくさかったり、時間がなかったりしても必ず書いて継続を目指してください。

こんな人におすすめ

がっつり勉強するのは嫌だけど、ライティング力をつけたいという人にはおすすめです。

おすすめの教材

英語日記パーフェクト表現辞典(https://amzn.to/2GZ1Oql

ライティングの勉強時に注意したいポイント

英語ライティング勉強法

簡潔に書く

英文を書くときに、「なるべく長い文章を書こう」と思っている人もいますが、それは間違いです。

英語ライティングをするときは、伝えたいことを簡潔に書くことが大切

日本人の人にも、遠回しに書いたり、余計な話を入れたりして、結局何が言いたいのか分からないということがあります。

日本語でも英語でも、遠回しな文章を避けて要点を簡潔に書いてきましょう。

骨組みを意識する

英文でも日本文でも、文章の構成を意識して書くことが大切です

伝えたいこと、見出しの構成などきちんと押さえてから英文を書くようにしてください。日本文でも構成が整っていなければ、意味は伝わりません。英文も同じです。

まずライティングする前に、構成を考えてみてください。

まとめ

英語ライティングの学習は、継続することが大切です。毎日、英文に触れ合って、書き続ける作業が力になっていきます。

今回の記事を参考に、ライティングの学習を進めてみてください。

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

しっしー

しっしー

コンビニ商品開発職を退職後、ライター兼ブロガーとして独立。現在はオーストラリア在住ライターとして活躍。主に留学やオーストラリアについて発信していきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。