School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

世界を視野に入れよう|みんなの留学体験記:フィリピン「クラークフィリピン留学院」Jack(社会人・6ヶ月)

こんにちは、School With編集部です。留学生のリアルな留学事情に迫るこの企画「みんなの留学体験記」。今回はフィリピン、クラークに留学した、社会人のJackさんにお伺いしました。

Jackさんは日本にてM&A業務に従事。実務担当者からの更なるキャリアアップを求め、ヨーロッパへのMBA留学を行いました。そして卒業後、より実践的な英語を学ぶために、フィリピン・クラークにあるクラークフィリピン留学院で、3週間語学留学を経験されました。

そんなJackに留学中の様子はもちろん、留学前のこと、これからの進路についてまで色々と留学体験談をお伺いしていきます!

【留学プロフィール】

ペンネーム:Jackさん
性別:男性
留学時の年齢:33歳
留学した国:フィリピン
留学した地域:クラーク
留学先の学校:クラークフィリピン留学院
留学期間:3週間(2013/07/07 〜 2013/07/27)

【PR】

まず留学前のことについて教えて欲しいです

そもそも留学を決めた理由は何だったのですか?

留学までに私の話していた英語は、「仕事に必要な意思疎通はできるがプロフェッショナルな英語とは言えないレベル」でした。英国での就職を前にし、これを洗練する目的でクラークフィリピン留学院への留学を決めました。

たしかにヨーロッパ各国でも英語は話されていますが、やはり母国語としていない人たちの話す英語は完全ではなく、英米人と正確でスムーズなコミュニケーションをするためにはネイティブ講師から授業を受ける必要があると感じました。

留学先にクラークフィリピン留学院を選んだ理由は?

私が学びたい内容に沿ったレッスンを受けることができる可能性が最も高い学校と判断したからです。

まずフィリピンを選んだ理由は、一対一の英語レッスンを受けるには世界で最も低コストな国の一つということがあります。

次に、フィリピンの中でもクラークフィリピン留学院を選んだ理由はビジネス経験豊富なネイティブ講師によるレッスンを受けることができるからです。

たしかにアメリカ、ギリス、カナダその他の国でも探せばいい講師は見つけることができると思いますが学校としてこれだけの講師の質と量を揃え、価格も低く抑えている学校はないと思いました。

留学前に悩んだこと・心配だったことはありますか?

自分の希望するレッスンを受けることができるのかという点については、事前に自分なりに学習プランを考えて渡航しました。事前にそれを伝えたこともあってか、講師は大変柔軟に対応してくれました。

例えば、「今週の授業ではリーディングとリスニングは不要」「その練習には興味がなく、自分で考案したこのトレーニングをやりたい」「先生の言うことも分かるけど、それは今回の留学のスコープ外だから、私の望むことだけやってくれますか」など、かなり突っ込んだ要求をしても受入れてくれたことは幸いでした。

治安や気候、食事など、フィリピンの環境についても心配はありましたが、実際に行ってみるとなんの問題もありませんでした。

クラークフィリピン留学院での留学生活ってどんな感じ!?

一言でいうと、クラークフィリピン留学院はどんな学校でしたか?

一言でいうと「求めているものを全て提供してくれた学校」です。全員ネイティブ講師とのマンツーマンレッスンで、授業内容は私の要望も柔軟に取り入れてもらったので、個人的には卒業後、英国就労Visa申請の為の英語試験を受けましたが、必要基準の2倍近いスコアも出ました。

他のフィリピンの学校と比べると値段が高いのが唯一の難点ですが、ネイティブ講師との授業を実現するために使われているので致し方なしかと思います。

気になる授業内容について

講師は全員がネイティブであるばかりか社会経験も豊富なので実際に欧米社会でどのような場面でどう立ち居振舞えばよいかも教えてもらいました。

実は私はフィリピン人の学生講師と過去にスカイプレッスンを何度もしたことがありますが、細かい英語表現や発音、実際の英語圏のビジネスシーンでのやり取りを質問するとお手上げの場合がほとんどでした。

それに対して、今回は全て疑問点をクリアにできましたので、とても有意義でした。また個人的には男性の講師陣という点もプラスでした。一般的に英語講師は女性が多い傾向にあるので、偏りを補完するのにも役立ちました。

学校周辺の環境や学校の施設について教えてください

この学校はとてもはっきりした特徴があって、ロケーションが抜群なかわりに余興施設は一切ありません。街の中心部にありますので、ショッピング(SMクラークという日本でいうららぽーとのような複合施設で、映画館や百貨店まで入居しています)、飲食、レジャーには最高です。

プールやジムなどは近隣に複数あり、スタッフさんから紹介してもらうことができます。

滞在施設はホテルで、プライバシーが守られている点が他校とは違うと思います。逆に、他人同士は相部屋になれないようなので希望する方には向きません。

休日はどんなことをして過ごしていたんですか?

講師と生徒の距離が近いスクールで、私もネイティブ講師と公私ともに仲良くなることができました。

私は週末のクッキング講座、マニラ旅行、レストランディナー、バーの梯子、ホームディナー等を通して、講師と講師の奥様、ガールフレンド、お子様、親戚と仲良くさせてもらったことが良い思い出です。

留学中辛かったことや大変だったことは?

宿泊施設のインターネットは当初シグナルが弱く、部屋を変えてもらったところ安定して接続できるようになりました。

また、当初プランで用意されている朝食はあまり味気のあるものではないのですが、キャンセルして返金してもらえる制度があったのでこちらを申請し、好きな朝食を自分で採っていました。

留学中一番印象に残っているエピソードを教えてください!

講師のホームパーティーに参加することができ、日本人の家に集まるものとはまた違ったとても楽しい時間を過ごすことができました。

ネイティブオンリーの学校なのでフィリピン人との接点は少なめなのは仕方ないと思って留学しましたが、講師の親戚とも親しくなることができてとても貴重な留学となりました。

留学後のことについてお伺いします

今回の留学で英語力に何か変化はありましたか?

繰り返しになってしまいますが、卒業後、英国就労Visa申請のための英語試験を受けましたが、必要基準の2倍近いスコアも出ました。

講師は全員がネイティブであるばかりか社会経験も豊富なので実際に欧米社会でどのような場面でどう立ち居振舞えばよいかも教えてもらいました。細かい英語表現や発音、実際の英語圏のビジネスシーンでのやり取りを学ぶことができ、とても有意義でした。

語学以外の面も教えてください!

自信を持ってネイティブと英語で話すことができるようになった点です。留学前は自分の中で英語を母国語とする人たちに対する怖さやプレッシャーがありましたが、「何を話すか」に集中して会話ができるようになりました。

また、自分の中で気になっていた「この言い方は失礼に当たらないか?」「こういう行為はマナーとしてどうなのか?」といった疑問点も解消することができたのもスッキリしました。

留学前にやっておけばよかったと後悔したことは?

やっておけばよかったと思うことは特になく、やっておいてよかったと思うことになってしまうのですが、やはり自分が学びたい内容を明確にしておくことは重要だと思います。

私個人的には、単語や熟語を覚えるというのは自分でやるものだと思っていますので、授業では会話の練習や、ネット調べても的確な答えが見つからない疑問点をクリアにすることや、言葉のニュアンス、ビジネスシーンでの振る舞いについて重点的に学びました。

どんな人にクラークフィリピン留学院はおすすめ?学校生活のアドバイスは?

老若男女誰にでも居心地のいい学校だと思いますが、どちらかというと観光重視ではなく学習を目的とする方に向いていると思います(留学の話なのに観光重視というのもおかしな話ですが)。

また、もちろん英語が苦手な生徒もたくさん学んでいますが、英語の中上級者にも対応できるという意味ではフィリピンでも稀有な学校だと思います。私が知っている限りではホームステイもここしかやっていませんでした。

最後に、これから留学する人にメッセージをお願いします!

英語が苦手だからというたった一つの理由で、世界を視野に入れて進路を決めずに日本だけに選択肢を絞ってしまうのはもったいなく感じます。

結果的に一生を日本で過ごしたとしても、どこの国よりも日本が良かったから、一番やりたかったことが日本にあったからという形が理想的なんじゃないかなと思います。


みなさんいかがでしたでしょうか?ここまで留学前から留学後のことまで、色々とお伺いしてきました。これから留学を考えている方はぜひ参考にしていただければと思います。

Jackさん今回は留学体験をレポートしていただき本当にありがとうございました!

Jackさんが留学していた語学学校の詳細は以下から↓↓

クラークフィリピン留学院
パンパンガ州 / フィリピン

4.57

58件

アメリカ人を中心に、欧米ネイティブのみが在籍するフィリピンで唯一の日系校です。講師の出身国はアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアのみであり、フィリピン人講師は在籍しておりません。...詳しく見る
1週間
8.4万円〜
1ヶ月
21万円〜

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Jack

Jack

大学卒業後、日本にてM&A業務に従事。実務担当者からの更なるキャリアアップを求め、ヨーロッパへのMBA留学を決断する。卒業後は実践的な英語を学ぶためにクラークフィリピン留学院に留学、その後ヨーロッパに戻り海外の銀行拠点に就職し再びM&A業務に携わる。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。