School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

カナダ土産はスーパーで!おすすめ店と人気のお土産情報まとめ

REAL CANADIAN SUPERSTORE

カナダと言えば赤と白の国旗が主張している通り、イメージするのは楓ですよね。そして楓と言えばメープルシロップ!

カナダでは、お土産屋を覗くとメープルシロップやそれを使ったものがたくさん売られています。

しかしお土産屋で売られている商品は割高な場合が多く、お土産を安く購入したい場合にはあまり向いていません。

そこでおすすめしたいのがスーパー。スーパーでは地元に住んでいる人向けに商品が売られているため価格もお土産屋より安い場合が多いです。

今回はそんなお土産が購入できるスーパーと、スーパーで購入できるおすすめのお土産をご紹介します。

【PR】

なぜお土産の購入にスーパーがおすすめなのか?

カナダでは、日本に比べて税金が高いと言われています。例えばバンクーバーのあるブリティッシュコロンビアでは国に払う税金と州に払う税金を合わせて12%になります。これは免税店でない限り、街中のお土産屋も同じ。

しかし、ブリティッシュコロンビアを含め一部の州ではスーパーで買う野菜や缶詰と言った基本的な食料品に税金がかかりません(お菓子など嗜好品は除く)。なのでサーモンの缶詰などはスーパーで買うのが断然お得です

カナダの有名なスーパー

カナダ国内には全国展開をしているスーパーがいくつかあります。

スーパー(1)REAL CANADIAN SUPERSTORE

REAL CANADIAN SUPERSTORE

通称スーパーストア、カナダ全土に展開する超大型スーパーです。大きなものや量の多いものは特にここで買うのがおすすめです

後にあげる「no frills」と同じ系列ですが、こちらは店舗の大きさが桁違いです。店舗敷地内にはガソリンスタンドもあります。

食料品の他にシャンプーなどの日用品やキッチン用品にインテリア、Joe Fresh Styleというブランドの化粧品や衣料品を取り扱っています。さらに調剤薬局が併設されていて健康食品や医薬品もあり。とにかくなんでも揃うのがこのスーパーストアです。

スーパー(2)WHOLE FOODS MARKET

WHOLE FOODS MARKET

アメリカ発のスーパーマーケットですが、オーガニック商品を取り扱っていて健康意識の高いカナダ人に人気のお店です

オーガニック・ヘルシー志向ということで野菜やお肉は品質が良い分少しお高めですが、他のスーパーマーケットでは取り扱っていない商品もあるので、ぜひ一回訪れてほしいストアです。

店内では、スーパーで売られているお惣菜やピザ、サラダなどを購入して食べることもできます。小腹を満たすのにもおすすめです。

また、石鹸やスキンケア商品・アロマオイルも豊富に揃っています。

スーパー(3)no frills

no frills

黄色いサインが目立つこちらのスーパーマーケットは格安スーパーとして有名です。フランチャイズで展開していて、それぞれの店舗に「Dean’s」や「Joe’s」などオーナーの名前が入っていますが、取り扱っている物はどの店舗でも基本的に一緒です。

自社ブランドの「No Name」というのがあり、パスタや缶詰などは特に安いです。ワーキングホリデーや学生ビザで滞在している人には特に強い味方となっています。

毎週金曜日は新しいフライヤーが出る日なので、特にこの日の朝は目玉商品を求めるお客さんですごく混みます。格安なだけによく見ないと傷んでいるものなどもあるので、買うときにはよく確認してからにしましょう。

LONDON DRUG

LONDON DRUG

スーパーマーケットではないのですが、「LONDON DRUG」はこちらでは有名なドラッグストア。

コスメや医薬品だけでなく、ちょっとした食材や飲み物、家電やキッチン用品までも取り扱っています。

観光客や留学生の多い場所では、マスコット付きキーチェーンやポストカード、カナダの国旗が描かれているものなど、お土産商品も豊富に店頭に並んでいます。特にチョコレートやメープルクッキー、メープルティーなどは安いのでおすすめです。

カナダのスーパーで買えるおすすめのお土産

お土産(1)メープルシロップ

メープルシロップ

カナダと言えばメープル商品。定番中の定番ですね。

メープルシロップはもちろんのこと、メープルクッキー・メープルティーやバター、キャンディー、ポップコーンに至るまで、メープルシロップを使った商品はたくさん。

お土産屋ではどの商品もお土産用パッケージで少し割高ですが、スーパーマーケットならご家庭用なので安く、キャンディーなどはばらまき用におすすめです。

特にメープルシロップは、大きめのボトルが自分用に欲しい方はスーパーマーケットでぜひ。

おすすめはメープルクッキーメープルティーです。メープルクッキーは人によっては甘過ぎるという人もいるかもしれませんが、サンドされた濃厚なクリームがたまりません。

メープルティーはお茶自体は甘くないですが、香りがすごくいいのでぜひミルクティーにして飲んで欲しいです。

お土産(2)チョコレート

カナダではチョコレートもお土産として人気です。スーパーでは様々なタイプのチョコレートが売られているので、お土産としていくつか違った味のチョコレートを購入してはいかがでしょうか。

特におすすめはCOFFEE CRISPBROOKSIDEです。順番に見て行きましょう。

COFFEE CRISPはコーヒーの香りが漂う、ウエハースがサンドされたサクサクのチョコレートバーです。こちらはカナダ限定で売られているものなので、カナダならではのお土産にはぴったりです。

チョコレート

COFFEE CRISP

BROOKSIDEはナッツやフルーツをコーティングしたチョコレートです。特におすすめのフレーバーはブルーベリー&アサイーとザクロ。防腐剤を使っていないので、健康志向の方にもおすすめです。

チョコレート

BROOKSIDE

お土産(3)シーフード缶

ツナ缶

カナダではシーフード缶の種類が豊富です。特にツナ缶は一般的なものから、ハラペーニョやレモン&ジンジャー、サンドライドトマトなどのフレーバーが付いたものまであり、味のバリエーションを楽しむことができます。

他にもサーモンのほかにオイスターやムール貝などの缶もあるので、気になる方はぜひスーパーで探してみてください。

お土産(4)ポテトチップス・ポップコーン

ポップコーン

ポテトチップスやポップコーンは日本でも購入できますが、カナダのものは味の種類が日本とは桁違い。中にはトマトケチャップ味、スモークベーコン味などユニークなものも多いため、お土産としても買うことができます。

お土産(5)グレービーソースのもと

グレービーソースのもと

カナダのソウルフードPoutineに欠かせないのがこのグレービーソース。作ろうと思うとお肉を焼いてそのあとのフライパンに残った肉汁とおこげで……とだいぶ手間がかかりますが、このソースのもとを使えば簡単。

日本でも買える冷凍のフレンチフライとチーズを用意しておけば、簡単にカナダの味Poutineが再現できるので話題作りにも一役買います。自分用にも買っておいて、カナダの味が恋しくなったときに作ってもいいですね。

お土産(6)コーヒー豆

コーヒー豆

街を歩くとスターバックスばかりが目につくカナダですが、カナダ発のコーヒーも負けていません。

バンクーバーとトロントで展開している「JJ BEAN」や、バンクーバーで大人気の「Parallel 49th」といったコーヒー屋さんの豆は「Whole Foods」でも買うことができます。パッケージも可愛いので、コーヒー好きさんへのお土産としておすすめです。

また、カナダ全国で大人気のドーナツ屋さん「Tim Hortons」のコーヒーもスーパーマーケットで買うことができます。

カナダのスーパーを利用する際に注意すべき点

注意点(1)お酒の購入は慎重に

カナダと言えばアイスワインも有名ですが、日本とは異なりアルコールはライセンスを持ったリカーストアでしか販売されていないので注意です。また州によって異なりますが酒税も高いので、お酒類は免税店での購入をおすすめします。

注意点(2)欠陥がある商品が棚に並ぶこともある

日本のスーパーでは滅多にみないのですが、カナダではパッケージが破れていたり少し凹んでいたりしてもそのまま棚に置かれています。粉物に至ってはちょっと中身が出ていたりすることも。

お土産は人にあげるものですので、品物に欠陥がないかよく確認してから購入しましょう。

注意点(3)レジ袋は有料

カナダでは基本的にスーパーのレジ袋は有料です。料金は5セントほどかかります。そのためお買い物の際にはぜひ、買った物を入れる用の袋を持参して行きましょう。

まとめ

いかがでしたか?

カナダではお土産選びに、安い価格で商品を購入できるスーパーがおすすめです。品揃えも良く、思いがけない発見もあるかもしれないので、これからカナダを訪れる方はぜひスーパーに足を運んでみてはいかがでしょうか。

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With カナダ編集部

School With カナダ編集部

カナダで実際に滞在経験のあるライター、今も生活をしているライターによる編集チームです。カナダでの留学を考えている皆さんに役立つ情報をお届けします。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。