School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

キャリアチェンジが留学のきっかけに!アメリカ・ボストン「NESE」で 13ヶ月の語学留学【みんなの留学体験記】

こんにちは、School With編集部です。留学生のリアルな留学事情に迫るこの企画「みんなの留学体験記」。今回はアメリカ、ボストンに留学した、社会人のskngsさんにお伺いしました。

skngsさんは大学卒業後、ブライダル業界のセールスプランナーとして2年間の社会人生活を経て、キャリアチェンジを考え退職。学生時代からの夢であった留学を実現したいと思い留学を決意。アメリカ、ボストンにあるNESE(The New England School of English)で、13ヶ月語学留学を経験されました。

そんなskngsさんに留学中の様子はもちろん、留学前のこと、これからの進路についてまで色々と留学体験談をお伺いしていきます!

【留学プロフィール】

ペンネーム:skngs
性別:女性
留学時の年齢:24歳
留学した国:アメリカ
留学した地域:ボストン
留学先の学校:NESE「The New England School of English」
留学期間:13ヶ月(2017/03/27 〜 2018/04/24)

【PR】

まず留学前のことについて教えて欲しいです

そもそも留学を決めた理由は何だったのですか?

幼少期から海外に家族旅行することが多く、父の留学経験の話を聞くたびに憧れの気持ちを抱いていたのですが、実際には留学へ一歩踏み出す勇気がなかなか持てなかったのです。

転職を機に今後留学をする機会はなかなか訪れないだろうと思い、留学を決意しました。

留学先にNESEを選んだ理由は?

学校選びの条件としては日本人ができるだけ少ない、治安のいい場所、勉強に集中できる環境が必須。

この学校に決めた理由としては、信頼できると感じたエージェントのアドバイスが決め手になりました。この学校は真面目に勉強したい人におすすめで、宿題も試験もあってハードに勉強できるとのことでした。

留学前に悩んだこと・心配だったことはありますか?

心配だったこととしては、寮まで無事に到着できるか、携帯電話を契約する方法、アメリカでの口座の管理、どのような洋服を持って行くべきかなど、どちらかというと生活に関わる部分でした。

ボストンへ留学経験ある人に質問したり、インスタグラムでボストンエリアを検索して訪れた人がどんな服装をしているかをチェックして解決させました。

NESEでの留学生活ってどんな感じ!?

一言でいうと、NESEはどんな学校でしたか?

素晴らしい学校でした!100パーセント、おすすめします!学生の国籍比率の偏りが少なく、中でも日本人は少ないです。学校の先生、スタッフの方々がとても親切かつフレンドリーで毎日不安になることなく過ごせました。

気になる授業内容について

私が受講したフルタイムコースでは、朝9時からグラマー、11時からリスニング、お昼休憩を挟んで13時45分よりライティングの構成です。全クラス少人数制で年齢別に別れていたので、

クラスメイトの年齢層が同じだと居心地よく、また会話するうえでも年齢相応の話題で盛り上がり、友達ができやすかったです。1ヶ月に2回テストがあり、自然と勉強できる環境が整っていたと思います。

学校周辺の環境や学校の施設について教えてください

寮は年齢によって24歳以下、25歳以上、39歳以上の3つに分かれています。最年少の寮は1つのビル全てが寮となるような大人数の寮。それ以外はこぢんまりとしたとても居心地の良い家でした。

寮によって、シングルルーム、シェアルームと選択肢があるので確認が必要です。私の場合はミドルエイジの寮でシングルルームのお部屋のみ選択可能。寮から学校までは徒歩15〜20分程度。学校の周りは賑わっていてランチの場所にも困りません。

NESE

友人とのランチ

休日はどんなことをして過ごしていたんですか?

ほぼ毎日放課後にはクラブがあります。おすすめは、毎週水曜日にあるオープントーククラブ活動。ハーバード大学で働くサミュエルの人柄が大人気のクラブでした。

サミュエルの紹介でハーバード大学のイベントに参加できるなど、おかげでいろんな英語を使う機会に恵まれました。

留学中辛かったことや大変だったことは?

辛かったことは、友達がどんどん自国に帰ってしまうという点でした。毎月のように仲のいい友人に別れを言わなくてはならないのです。語学学校の留学という特性上、アジア人は長期滞在が当たり前ですが、特に南米からの留学生は長くて3ヶ月。

その一方で、毎月新しい出会いがあるので友達はどんどん増えます。1年近くずっと連絡を撮り続けている友達もたくさんいます。

留学中一番印象に残っているエピソードを教えてください!

日本ではあまり考えることのなかった同性愛について考える機会が増えました。きっかけとしては、ベネズエラ出身の親友が同性愛者であるという点でした。

彼とは親友以上、家族未満(以上とも言える)の関係がずっと続いていて、一生彼とは親友でいる確信があります。そんな人に留学中に出会えたことはこの留学中で一番の財産です。

留学後のことについてお伺いします

今回の留学で英語力に何か変化はありましたか?

恥ずかしながら留学前はTOEICのスコアが300点程度でした。今ではなんと850点。TOEFLは90点を越えました!渡米してきた当初は、会話をするのも聞き取るのも億劫な状態でした。

こちらへ来て、「どうして留学を決意したの?」の質問にすら答えられなかったのが私の最初のレベルです。今では日常生活で困ることがなくなるまでに上達しました。

語学以外の面も教えてください!

日本への見方が変わりました。「日本人です。」という一言で、どれだけ世界中の人が日本に憧れの心を持っているかを知ることができ、誇りに思いました。

これまでは、日本に対してそこまで誇りに思ったことは正直ありませんでしたが、アメリカに来てからより日本のことを調べるようになりました。同時にパールハーバーのことなど歴史上の出来事が現在の国同士の関係に影響をかなり及ぼしている現実も目の当たりにしました。

留学前にやっておけばよかったと後悔したことは?

留学後の目標設定を定かにしておくべきだったと後悔しています。今では大学院を検討していますが、当時は半年だけの留学の予定でした。「TOEICで何点以上取る」、「大学院へ進学する」など具体的に目標を定めていたほうが、目標に向かって明確に勉強を続けられ、今後のことを考える負担も減ると思います。

私自身は外資系企業への就職を視野に入れ、現在大学院への進学を検討しています。

どんな人にNESEはおすすめ?学校生活のアドバイスは?

真面目に勉強に集中したい人。日本人ができるだけ少ないところでも、ホームシックにならない自信がある人におすすめします。どちからかというとパーティやクラブで遊ぶよりも、友達とホームパーティでゆっくり話すのが好きな人で、落ち着いた環境でも退屈しない人に向いていると思います。

最後に、これから留学する人にメッセージをお願いします!

留学では言語だけでない多くのことを学ぶことができると痛感しました。国籍に対する理解、当たり前のことが通用しないことへの柔軟性、コミュニケーション能力、自己分析能力など留学なしでは学ぶことの難しかったことをたくさん学びました。

世界各国にいるたくさんの友達を訪れることが次の大きな夢です。最初の少しの勇気でこの素晴らしい経験を手に入れることができます。覚悟が必要なのは「留学は行ってからの自分の努力次第であること。」貪欲に、安全に、謙虚に行動すればあなたの留学人生も素晴らしいものになること間違いなしです!


みなさんいかがでしたでしょうか?ここまで留学前から留学後のことまで、色々とお伺いしてきました。これから留学を考えている方はぜひ参考にしていただければと思います。

skngsさん、今回は留学体験をレポートしていただき本当にありがとうございました!

skngsさんが留学していた語学学校の詳細は以下から↓↓

NESE
マサチューセッツ州 / アメリカ

4.81

2件

NESEは創立者がハーバード大学教育学部大学院にて学習環境に関する研究で得たデータ分析に基づいて、より効果的な学校環境作りを考え作られた学校です。大学都市であるボストンにほど近い場所に位置...詳しく見る
1週間
-
1ヶ月
37.3万円〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

skngs

skngs

大学卒業後、ブライダル業界、セールスプランナーとして2年間の社会人生活を経て、キャリアチェンジを考え退職。学生時代からの夢であった留学を実現しにボストンへ。1年間の語学学校への留学を経て、現在は大学院への進学を検討中。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。