School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

日本で゙海外美大留学の対策ができる、語学系専門予備校ってどんなところ?!【イギリス美大留学体験記 #03】

イギリス ボーンマス

こんにちは。現在イギリスにあるボーンマス芸術大学に留学中のMimipiです!比較的涼しい気候のボーンマスも5月になってから暖かい日が増えました。

私は日本の通信制高校を卒業した後、1年間語学系の専門学校で留学準備をしてからイギリスの大学に入学しました。この選択肢にたどり着いた当初は正直、

「専門学校の留学コース?」
「本当に専門学校から海外大学に行けるの?」
「あやしくないの?」

と思っていました(笑)。留学前に専門学校に通う人はそこまで多くはないので、どんなところで何をするのかイメージが沸かないですよね。

そこで今回は、日本国内の語学系専門学校の基本情報から、そこで留学準備をするメリット・デメリットなどについて書かせていただこうと思います!

【PR】

そもそも語学系専門学校ってどんなところ?

文字通り英語を中心にドイツ語、フランス語、中国語などの外国語を学ぶことができる専門学校です。翻訳家を養成するコースなどを持つ学校もあります。

また英語力が要求される、キャビンアテンダント科やホテル科などが併設されていることも多いです。海外留学系のコースでは、英語を学べるだけでなく、留学手続きもまでサポートしてくれる場合もあります。

語学系専門学校

どうして留学準備のために専門学校に?

留学を検討し始めた当初は、高校卒業後に個別に語学試験の対策塾に通ったり、留学手続きをエージェントに依頼する選択肢も考え情報を集めていました。

ですが、高校3年生と留学を思い立ったのが比較的遅かった私は、英語力は惨憺たるもので、パスポート更新さえしていない有様。

最終的に私が通うことになった語学系専門学校の海外芸術大学留学コースでは、美術を学べるだけでなく英語も手続きも全てを丸ごとサポートしてくれるとのことで、そこに籍を置いて勉強することが一番効率がいいと思い、留学準備コースに籍を置くことに決めました。

留学準備コースで学べること

IELTSやTOFLEのスコアを取らないことには大学に入学できないので、語学試験対策の英語の授業がメインに学ぶことになります。

日本人の先生から文法や語学試験の出題傾向を学び、ネイティブの先生からはスピーキングやプレゼンテーションのテクニックを学びました。

山のような課題をこなしながら留学経験のある先生に試験勉強のコツを教えてもらったり、ネイティブの先生に厳しく発音をチェックしてもらったりとハードな日々でもあったのですが、先生との距離も近くとても充実した勉強ができました。

また経済学、心理学など大学で専攻する予定の学科を事前に日本語で勉強することもできます。私は美術専攻だったので、授業内で美術史やデッサンなどを勉強していました。

つい忘れてしまいがちですが、海外大学は英語を学ぶ場所ではなく英語で学ぶ場所です。英語だけではなく、専攻科目そのものの準備ができるのは大きな強みだと思います!

留学コースのメリット

専門性の高い講師から学ぶことができ、課題をきちんとこなしているだけでもメキメキと英語力が上がっていきます。

また月に一度担任の先生との個別面談があり、自分の実力や学びたい分野、経済状況に応じて志望校を決めていきます。海外に留学したいけどまだ何を勉強したいかははっきり分からない…… そんな人も安心です。先生と相談しながら自分が一番納得できる進路についてじっくりと考えることができます!

また多くの専門学校が海外大学と提携を結んでいるので、優先的に入試に挑めたり、日本を訪問した海外大学の先生に実際に話を聞けたりするのも大きな利点です!

名門大学と提携している専門学校もあり、提携校の中に志望校がある場合は専門学校を経由して受験するとかなり有利だと思います。

そして、隠れた大きなメリットが渡航時のサポートしてくれることです。留学準備期間にも語学力を上げたり入試に向けてエッセイを書いたりととても忙しいのですが、大学に合格した後も学費の振込、ビザの取得、現地での住居探しと、とにかく複雑な手続きが続きますが、経験豊富な先生が全てサポートしてくれます!

手続きに時間を取られることなく、渡航までの貴重な時間を語学学習やアルバイトなどさらに有意義に使えると思います!

※ あくまでも私が通っていた専門学校での授業内容を元にしたサポート内容です。学校やコースによって異なる場合があります。

いま留学している中で、専門学校で学んだことで役立っていると感じること

イギリス ボーンマス

専門学校では長期休みで帰国した卒業生から、現地での生活について話を聞くことができます。航前の不安が軽減され早く海外生活に馴染むことができ、学業に集中することができていると思います!

また専門学校時代の同級生も同じ国や大学に留学していたりするので、現地でも情報を交換できるのはとても心強いです!

留学コースのデメリット

一番気になるのは学費だと思います。1年間の学費で数十万〜百数十万円かかります。現地の語学学校で留学準備をすることを考えるとリーズナブルですが、決して安くはありません。

成績に応じて独自に返済不要の奨学金を用意している学校やコースもあるので、各学校のホームページを確認してみることをおすすめします。

私の通っていた年はほとんどの学生が希望の大学に合格し渡航しましたが、中には一年間頑張っても語学試験で目標のスコアに達することができなかった人や、途中でやる気を失い授業をサボってばかりの人もいました。

どんな素晴らしい学校でも留学できることを確約してくれるわけではありません

そして、良くも悪くも色々な学校があります。学費に講師や授業の質、海外の提携校とのコネクション、渡航の際に受けられるサポートどれも一律ではありません。

学校を選ぶ前には資料請求をしたりオープンキャンパスに足を運んだりして、本当に自分に合った学校なのか、本当にその学費分の価値はあるのかを慎重に見極めましょう。

これから留学する人に向けて

留学前に語学系専門学校に通うメリットやデメリットも併せて紹介しましたが、私自身は専門学校で留学準備をして本当に良かったと感じています!

正規留学するための手段には、独学や一度日本の大学に入学してからの交換留学など、様々な方法があります。その選択肢の1つとして参考にしていただければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

過去の連載記事は以下から↓↓

英語も美術の基礎もなかった私が海外美術大学に進学するまで イギリス美大留学体験記 #02
イギリス南部にある芸術大学、「Arts University Bournemouth」に留学中のMimipiです!現在はイラストレーションを学んでいます。美術留学というと、なぜ海外の美大へ留学しようと思ったのか、どのように留学を実現したのか、気になる方も多いかと思います。今回は、海外美大進学に興味をお持ちの方に向けて、私が留学を志したきっかけと日本でどのように留学準備を進めてきたかについてご紹介していきたいと思います。
2018/04/17
イベント・体験記

大学入学前の語学準備コース「Pre-Sessional course」の様子をレポート イギリス美大留学体験記 #01
イギリス南部にある美術大学に留学中のMimipiです。授業ではイラストレーションを学んでいます。今回ご紹介するのは、留学生向けの語学準備コース「Pre-Sessional course」について。英語に自信がなく、授業についていけるか不安、という方はぜひチェックしておきましょう!
2018/01/29
イベント・体験記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Mimipi

Mimipi

イギリス南部ボーンマスにある美術大学「Arts University Bournemouth」で、イラストレーションを学んでいます。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。