School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

日本の家電って使えるの?オーストラリアのコンセントと電圧事情まとめ

コンセント

スマートフォンやカメラ、PCなどの電子機器や家電製品。海外の生活でも欠かせない必須アイテムですよね。

国によっては、電圧やコンセントの形が違いますが「せっかく日本から持って来たのに使えなかった」そんな悲しい経験ありませんか?

そこで今回は、オーストラリアに旅立つ前に確認するべき電源プラグコンセント事情についてお伝えします。

これからオーストラリアへ旅行や留学に行かれる方、ぜひ参考にしてくださいね。

【PR】

オーストラリアのコンセントの形状

オーストラリアのコンセントは、日本製品の電源プラグと合いません。そのため日本の電化製品を使うのであれば、変換プラグという物が必要になります。

日本のコンセント

まず確認として日本のコンセントについてご紹介します。日本の場合コンセント側には、長方形の穴が左右に2つある形状で、電源プラグには2つの長方形のピンが付いているものが使われています。これはAタイプと分類されるもので、日本をはじめアメリカ大陸、東南アジアなどで広く使われているものです。

オーストラリアのコンセント

一方オーストラリアのコンセントの形状は、ハの字に穴があるIタイプです。日本では一般的に「O(オー)タイプ」として表記されています。

基本的には細長い2つの差込口・ピンが斜めなってるハの字が多いですが、八の字の下に長方形の差込口・ピンが付いている合計3つの場合もあるので注意が必要です。

日本のプラグをオーストラリアのコンセントで使うには

上で確認したように日本とオーストラリアのコンセントはその形状が異なり、日本製品のプラグをオーストラリアのコンセントに使うことはできません。そのため使用には変換プラグを使用する必要があります。

変換プラグには大きく分けて、

  • ・アダプタータイプ(1つのタイプを変換)
  • ・マルチタイプ(複数プラグに対応)

といった2種類のプラグがあります。

アダプタータイプのおすすめ

オーストラリアのみ滞在する場合、低価格である単体のアダプタータイプだけで十分でしょう。私がオーストラリアへ訪れたときは、これを3つほど購入して持っていきました。

またダイソーをはじめとした100均でもプラグは売っているので、安く済ませたい人はそちらも検討してみてください。

amazonで購入できるものにはこのようなものがあります。

海外変換プラグ Oタイプ TESSAN

マルチタイプのおすすめ

これから色んな国にも行く予定がある方は、どこの国でも使用できるマルチタイプを持っておいてもいいかもしれません。こちらはアダプタータイプに比べると価格は上がってしまいますが、その分対応しているプラグの数が多く、一つ持っているだけで様々な国で利用することができます。

amazonで購入できるものにはこのようなものがあります。

海外旅行充電器 変換アダプタ マルチ変換プラグ

オーストラリアの電圧

コンセントの形状タイプは日本と違うとわかりましたが、オーストラリアの電圧数はどうでしょうか?

電圧が違うと変換プラグを挿しても故障する可能性があります。電子機器を使用する前にオーストラリアの電圧でも対応しているか確認しましょう。

日本の電圧

日本の電圧は100vで世界で一番低い電圧となっています。なので下でも紹介しますが電圧が高いオーストラリアではそのまま使うと故障してしまう恐れがあります。

オーストラリアの電圧

オーストラリアの電圧は220〜240Vと日本と比べて約2倍の電圧です。なので100vまでしか対応していない日本の製品をつなぐと故障してしまう可能性があります。

最近のほとんどの電子機器は240v(海外使用対応製品)となっていますので、240vまで対応しているオーストラリアでは電圧を気にせず使用できるでしょう。

製品によっては日本使用で100v対応までになっている場合もありますので、電子機器に記載されている値を確認してみてください。

日本の電化製品をオーストラリアで使うには

電化製品をコンセントにつなぐ時にアダプターがありますが、そこに100-240vと記載されてあれば、変圧器を必要とせずにオーストラリアでも使用できます。

変圧器が必要ないもの

・スマートフォン
・デジタルカメラ
・PC
・電気シェーバー

すべてが240vに対応しているとは限りませんが、これら商品は対応しているものが多いので、概ね変圧器は必要はありません。

変圧器が必要なもの

・ドライヤー
・ヘアアイロン
・炊飯器

一方でこれらの商品は240vまで対応している商品が少ないので変圧器が必要になる可能性が高いです。詳しくは電化製品の定格電圧を確認してください。

もちろん変圧器を購入し日本から電化製品を持って行くことも可能ですが、それがコストになってしまう場合は現地で電化製品を購入することも一つの選択肢として持っていると良いです。特にドライヤーは安いものも多くあるので、日本で変圧器を買って、ドライヤーと持って行くより、楽なケースもあります。

オーストラリアのコンセント・電圧について注意点

一通りオーストラリアのコンセント・電圧についてわかりましたが、それでも注意が必要な点がいくつかあります。よくある失敗例やトラブル事例をここでは2つ紹介するので確認しましょう。

(1)PCを持っていく場合

PCは変圧器が必要ないと言いましたが、注意する点あります。

充電するために使うACアダプター(電源)には、100〜240vと電圧が記載されているので変圧器を使う必要がありません。

ですが、ACアダプターとコンセントの間を取り持つACコード(通称メガネケーブル)が種類によっては125vまで対応となっている場合があります。PCやACアダプターが対応していても、それを繋ぐACコードが対応していなければ危険です。

海外対応のACコードは、家電量販店でも1,000円ほどで売っています。自分のメガネケーブルを確認して必要であれば買っておきましょう。

(2)ドライヤー・ヘアアイロンを持っていく場合

日本製品のドライヤー・ヘアアイロンは、オーストラリアの電圧に対応していません。変圧器を通さずに使うと、煙がでたりと危険な事故になりかねないので、絶対にやめましょう。ワット数の関係で通常の変圧器ではなく、熱器具用となりますので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、オーストラリアのコンセントと電圧事情をまとめました。

オーストラリアで使えるコンセントと電圧をおさらいすると、以下の2点です。

  • ・オーストラリアで使用できるのはIタイプ(O)の変換プラグ
  • ・100v対応の電子機器は240vに対応できる変圧器が必要

最近のほとんどの電子機器は240vまで対応しているので、変圧器は必ずしも必要ありません。しかし確認不足で持っていた電化製品が使用できなかったということが起こる可能性もあるので、渡航前は持って行く電化製品の対応電圧を一つ一つ確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

松山カンキ

松山カンキ

学生時代にオーストラリアに2年間滞在。その後、1年ほど世界を旅したトラベルフォトグラファー。合計28ヶ国を旅した経験を活かし、海外・国内旅行、留学・ワーホリ、地域情報、ガジェット系まで幅広く執筆が可能。現在はフリーランスのライター兼カメラマンとして、取材や人物撮影、風景写真やライブ撮影なども請け負っている。自身がクリスチャンとして生きていて、そういった経験をたくさんの人に知ってもらいたくブログを開始。現在では、ブログ運営やカメラの講師としても活動中。趣味は登山。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。