School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

海外初心者におすすめ!セブ島にあるキャンパス「Philinter」を紹介【留学カウンセラーの学校訪問レポ #04】

Philinter

こんにちは、School With セブオフィスメンバーのちゃんりーです!

この「留学カウンセラーの学校訪問レポ」では、私が現在滞在しているフィリピンを中心に学校を訪れて周り、学校の特徴や様子、設備に関してなど、これから留学したい方が気になるところを色々と紹介していきます!

今回ご紹介するのは、セブの中でも特にリゾート施設が集まるマクタン島にある語学学校「Philinter(フィリンター)」。Philinterは海も近く落ち着いた雰囲気で、常時6カ国以上の学生が共に英語を学んでいます。

これからPhilinterへ留学を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね。

※ 訪問日時:2018年02月08日現在

【PR】

Philinterってどんな学校なの?

Philinter

Philinter(フィリンター)は、セブ島のリゾート地マクタン島で充実した留学生活が送れる語学学校です。海や空港からも近く、女性にとても人気のエリア

学生は日本人が多めなので、海外初心者でも安心して留学できる環境です。初めての留学、海外生活も初めてで心配、という方にオススメの学校となっています。

日本人が多い一方で、全体の生徒数は多く多国籍。国籍比率は、

・日本:35〜40%
・韓国:20%
・その他:45%(中国、台湾、ベトナム、ロシアなど)

といった感じです。またPhilinterには、学生寮や食堂はもちろんのこと、施設内にプールやシアタールームも完備、充実した設備となっています。

Philinterのカリキュラムについて

Philinterのカリキュラムは大きく7つのコースに分類され、一般英語、インテンシブスピーキング、各種資格試験、ビジネスコースなどがあります。

レベルテストで留学生の英語力を細かく分析し、アカデミックコンサルテーションや大小のグループ選択科目が豊富。バランスの良い授業数でインプット、アウトプットの機会も多いです

多国籍環境やバディーティーチャー制度など、モチベーション管理もしっかりしてくれます。総合的にバランス、効率の良いカリキュラムのようでした。また毎月希望あれば、現地学校訪問などのアクティビティがあります。

講師の採用

講師志願者はスクールが実施する講師用レベルテストで、85点以上の点数を獲得した後、デモクラステストを披露し、5人のベテラン講師中4人から“可”をもらって晴れて正式採用されます。

採用後も1ヶ月のトレーニング期間が設けられており、その間在学留学生を指導することはありません。研修期間は、教え方や授業レベルのバラつきをなくすのに役立っているそうです。留学生も安心して授業を受けることができますね!

Philinterの設備について

Philinter
校舎エントランス

Philinterの施設自体は大きくはなく、ビルの中にある学校です。WIFIは場所が限られていますが、各フロア設置されています。

Philinter

Philinterの教室の様子

Philinter
グループ教室

教室は教科ごとに分かれており、キッズクラスともしっかりブースが分かれています。各セクションごとに、マンツーマンクラス、大小グループクラス、お子様用の教室で分かれています。

Philinter
グループ教室 2

Philinter

各部屋は個室で、騒がしくもなく透明の窓で中の様子もわかる感じです。広さはフィリピンの他の語学学校と同じくらいの大きさ。

Philinter
廊下の様子 1

Philinter
廊下の様子 2

Philinter

ちなみに、教室エリアのトイレは綺麗めでした!

Philinter
自習室の様子

気になる滞在先(部屋)の印象は?

Philinterの滞在先には、内部寮と外部寮を選ぶことができます。

内部寮

Philinter

Philinterは学校施設内にあり、少し古めの室内にはベッドやクーラーが設置されています。シャワーとトイレが一緒で、特に仕切りはないようでした。

Philinter

Philinter

外部寮

外部寮は学校から徒歩15分のところにあり、毎日バスで送迎があります。外部寮にはプールも付き、本当にすごく綺麗でした!現地の人が普通にホテルとしても使用しております。

Philinterの外部寮 ジム

最低限必要な設備が揃ったジムもあります。

Philinterの外部寮 レストラン

なんと屋上はセブ市街を一望できるお洒落なレストランも。

Philinterの外部寮 レストラン

Philinterの外部寮 レストラン

室内には大きな鏡にセキュリティボックを完備、キッチン付き、フカフカなベッド、大きなソファというクオリティの高さ。

Philinterの外部寮 室内

Philinterの外部寮 室内

気になるPhilinterの食事情

Philinterのダイニング

Philinterのダイニングは大きめで綺麗、キッチンもオープンで衛生面も考慮されています。

また2018年より食事の内容が大幅に変更されたようで、サラダは毎食、フルーツは毎日夕食に提供されるそう。

【食事時間】
平日(3食)
:朝食 7:20~7:50/ 昼食 11:50~12:30/ 夕食17:30~18:10

土日祝(2食)
:ブランチ 10:00~11:30/ 夕食17:30~18:10

【メニュー構成】
朝:メイン1種、パン、お粥、スープ、トマト)+シリアル+牛乳または豆乳+サラダ+目玉焼き

昼:メイン1種、副菜2~3種、白米、スープ + 副菜2種類追加+サラダ(ドレッシング3種類)

夜:メインのおかず3種類+ビュッフェ形式(20種類以上の副菜)+ 汁物+サラダ(ドレッシング3種類)+ フルーツ3種類

・水曜日夜はスペシャルメニュー
サムギョプサル、Jollibee(フィリピンの有名バーガーチェーン)、ハンバーガーデーなど

ディナーの写真は下記に100枚以上まとめてあるので、気になる方は確認してみてはいかがでしょうか?
https://1drv.ms/f/s!AvrmqblmhJ-qgelMFMmuytEj7Ja2_w

またサラダやフルーツなど加熱しないメニューも増えているので、スタッフ一同これまで以上に衛生管理に力を入れているみたいです。牛乳や豆乳など、毎食提供する食事は全てスタッフが事前に試食をしてから提供しています。留学生もこれで安心ですね!

Philinter
売店もあります!

Philinterキャンパスの周辺環境

Philinterはマクタン島ラプラプシティの中心地に位置しています。シティ側ではなく、マクタン島側にあり、どちらの方面にも行きやすい中間の立地。セブ観光も気軽に楽しめます。

学校周辺には多くの観光地が集まり、近くにショッピングモールがあるため不便することはありません。

Philinterのスタッフはどんな人がいるの?

Philinter
藤村さん

今回担当してくれたのは、日本人マネージャーの藤村さん。非常に気さくで柔軟な優しい方でした。いつもみんなを盛り上げてくれているようです!

また現在Philinterには日本人スタッフが総勢4名います(2018年2月現在)。ですので、英語が話せない方でも、安心して留学生活を送ることができますね!


みなさん、いかがでしたでしょうか?Philinterについて色々と見ていきましたが、留学生活のイメージが沸いてきましたでしょうか?これから留学を考えている方はぜひ参考にしていただければと思います。

Philinterのみなさん、今回は学校訪問にご協力していただき本当にありがとうございました!

今回私が訪問した語学学校の詳細はこちらから↓↓

Philinter
セブ州 / フィリピン

4.24

8件

Philinter(フィリンター)では、日本人や韓国人の学生のみが勉強するのではなく、その他タイ、台湾、ベトナム、中国、モンゴルなどアジア各国から学生が集まり、ともに英語の勉強をしています。その...詳しく見る
1週間
6.3万円〜
1ヶ月
15.8万円〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

チャンリー

チャンリー

KOREAN BLOODの8人家族の三女。可愛がられ自由に育ったゆとり育ち代表。ストレスも華麗にコントロールするのが趣味。バギオ留学を経て現在School Withのセブオフィス担当中。素敵なビキニを着れるように毎週4回ジム芸人。日に日に黒くなる肌を気にしつつも2週間に1回はセブのビーチを楽しんでいます♥

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。