School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

【米国ビザ面接】アメリカ留学準備のラスボス!面接当日の流れを徹底解説

アメリカ学生ビザ

こんにちは、Sakiです。私は2017年9月から、アメリカ・サンフランシスコで1年間留学します。前半は大学付属の語学学校、後半は大学の学部にて学ぶ予定です。

アメリカへの長期留学には、ビザの取得が欠かせません。私も東京のアメリカ大使館で「ビザ面接」を受け、無事に米国ビザ(F1ビザ)を取得できました。

この「ビザ面接」という言葉を聞いてドキッとした方もいるのではないでしょうか?私もビザ取得のための準備を始めた頃、

「面接って何質問されるだろう?」
「英語力は問われるのだろうか?」
「落ちたらどうしよう」

とネガティブな考えが頭をよぎりました。しかし、実際はそんなに心配する必要はありませんでした!今回は、これからビザ面接を受ける方たちがリラックスして面接を受けられるように、アメリカ大使館での面接当日の流れをポイントを押さえながら紹介します

【PR】

(1) ますは、セキュリティーチェック!

アメリカ大使館に到着するとまず「セキュリティーチェック」を行います。飛行機に乗る時の搭乗手続きのように、携帯電話やバッテリーを鞄から出し指定されたカゴに入れ、鞄と一緒にセキュリティーチェックにかけられます。

そして、私たち人間もセキュリティーゲートを通過しチェックされます。しかし、飛行機の搭乗手続きとは異なる、2つのポイントがあります。

・携帯以外の電子機器は大使館へ持ってこない!どうしてもの場合は駅のコインロッカーへ預けることが必要
・スマートフォンは、Wi-fiとブルートゥースの設定を必ずオフにする

スムーズにセキュリティーチェックを終えるために、この2つのポイントを事前に準備しておくと良いでしょう。

(2) 次は予約確認!

セキュリティーチェックの後は、大使館の入り口にて持参した必要書類を予約確認の係員に提出します。そして、必要書類の確認と必要書類の中の面接予約確認書のバーコードの読み取りを行ってもらいます。

ここでのポイントは、以下の4つです。

・必要書類は、すべてクリアファイルに入れる

・クリアファイルに入れる順番に注意!

- 1 パスポート(古いパスポートもあれば必要)
- 2 DS160確認ページ
- 3 I-20または、DS2019
- 4 SEVISの領収書
- 5 英文残高証明書(サーポートレター)
- 6 面接予約確認書

・すべてのパスポートは、顔写真のページを開いてクリアファイルに入れる

・最後に入れる面接予約確認書は、クリアファイルから見えるように裏返した状態で入れる

ビザ申請書類
ビザ申請書類ファイルの提出順

面接予約確認書の裏面
面接予約確認書の裏面

注意する点が多いですが、この4つのポイントが完璧なら、すぐに面接の番号札と必要書類のファイルを受け取り、ついに面接会場へ入ることができます。

(3) 面接会場へ入ればひたすら待機!

大使館公式解説ビデオ
Photo by : Youtube アメリカ大使館公式解説ビデオ

面接会場に入れば、書類を所定の窓口へ提出しなければいけません。面接は大使館の面接官がいる窓口で行うので、面接会場というよりかは待合室のような場所です。

この場所で、電光掲示板に自分の番号が表示されるまでひたすら待機です。私の場合は、自分の番号が呼ばれるまでに1時間30分かかりました

ここでのポイントは、

・面接会場に入れば、そこで安心せずすぐに必要書類を窓口で提出する

・待ち時間がかなり長いので、本や単語帳など持っておくと良い

です。特には必要書類を窓口ですぐ提出することは重要です。稀に、必要書類を提出し忘れてしまう人がいるようで、案内員の方が「書類を提出はお済みでしょうか?」と声をかけながら巡回していました。提出していないと、自分の番号札の番号は呼ばれないようです

(4) 番号が呼ばれたら、速やかに指定の窓口へ!

しばらく待っていると、電光掲示板に番号と行くべき窓口が表示されるので、その窓口へ向かいます。ここでは、本人確認とアメリカ大使館の職員の指示に従って指紋をとります。その後必要書類を渡されるので、書類を持って面接を行っている窓口へ移動し、いよいよ面接スタートです。私の場合、アメリカ人の面接官による日本語での面接でした。

私がされた質問は、たったの2つです!!

「あなたは日本の学生ですか?」
「留学費用は誰が支払いますか?」

これだけです。面接官によって質問内容は変わるかと思いますが、とっても基本的な質問ですね!ここでのポイントは以下のみ。

・ビザ面接は焦らず、リラックスして受けよう!

もし聞き取れない、質問が理解できないようなら、焦らずに聞き返すことでもう一度わかるように伝えてくれます。そして正直に質問に答えれば、面接官はきっとビザを許可してくれるでしょう。

許可されたビザは約1週間後に自宅に届くので、不備や誤りがないか確認しましょう。もしあるようなら、速やかにアメリカ大使館に連絡してください。


いかがでしたでしょうか?ビザ面接への心配は少し晴れたでしょうか?必要書類に不備がないことが最も重要ですが、少しでも面接当日の流れのイメージを持っていることで、リラックスしてスムーズにビザを取得できると思います。

これからアメリカのビザ面接を受ける方、是非頑張ってください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Saki

Saki

高校生時代から目標だった留学を、大学2年の秋、アメリカのサンフランシスコにて2017年9月からスタート。留学中、前半は大学付属の語学学校に通い、後半は大学の学部履修にて学びます。留学に関する経験したこと、感じたこと、考えたこと、様々な情報を発信していきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。