School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界32カ国の語学学校を約4,000校掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

”エメラルドの島”アイルランドでワーホリ!?ワーホリ制度の特徴・ビザ申請方法まとめ

聖パトリック大聖堂

「エメラルドの島」の別称を持つアイルランドは、牧草風景や変化に富んだ自然、そして中世の色合いを残した町並みなど、独特の景観が魅力の国です。

スポーツや文化的なイベントも盛んなため、ワーキングホリデーの渡航先としてもアイルランドはオススメです。

本記事ではアイルランドをワーホリでおすすする理由やワーホリビザの申請方法などについて、ご紹介していきます。

【PR】

アイルランドでワーホリをするメリットは?

アイルランドへのワーホリは募集人数が年間400人で、他の渡航先と比べると少ないです。また日本人留学生の数も少ないため、日本語に頼らず英語環境にどっぷりと浸れることが魅力となっています。

ヨーロッパをはじめ海外からの留学生の数は少なくありませんから、さまざまな文化や習慣をもつ仲間と一緒に過ごすことで、英語に触れる機会は多いはずです。

反対に言えば、あまり英語に自信ない方は事前に語学学習をしたり、しっかり調べた上で自分に合った語学学校を見つけておくと現地で安心ですね。

アイルランドでは就学期間の上限がなく、学費もヨーロッパの国々の中では比較的低価格なので、これを機にしっかり英語を身に付けたい方に最適です

ワーキングホリデービザの申請方法

ではワーホリビザの申請方法をご紹介して行きましょう。

注意!申請時期は1年に2回

アイルランドのワーキングホリデービザは1年に2回申請時期があります。2017年の場合、1回目は1月20日(金)~ 2月8日(水)で、2回目は2017年6月下旬に発表予定です。

渡航予定時期によって申請時期についても変動します。それ以外の時期は申請しても受理されません。アイルランドへのワーホリ渡航を考えている方は毎年発表される情報を必ずチェックしてください。

アイルランド大使館 ワーキングホリデーに関して

ワーキングホリデービザの取得条件

ビザを取得するための条件は以下のようになっています。

・年齢制限:18~30歳(申請時)
・就労期間:特になし
・就学期間:特になし
・滞在期間:入国日より1年(有効期間中の入出国制限なし)
・扶養家族、子供の同伴は不可
・過去にワーホリ制度を使ったアイルランド滞在経験がないこと
・健康で犯罪歴がないこと

申請手順 (1) 申請書提出

アイルランド大使館のサイトから申請書をダウンロードし、必要事項を英文で記入します。申請書は指定のアドレスに送信するか、大使館へ郵送してください。申請が許可されると結果がメールで送られます。

申請手順 (2) 必要書類提出

申請が許可されたら以下の必要書類を郵送で提出します(パスポート、医療保険、航空券以外の提出書類は返却されません)。

必要書類 備考
申請許可のメールをプリントアウトしたもの
申請書
写真2枚(6ヶ月以内に撮影したもの) ※1枚は申請書に貼付
パスポート(原本) ※残存期間が滞在期間プラス6ヶ月のもの
パスポート(コピー) ※顔写真のページとスタンプが押されているページ
英文履歴書(フォーマットは特になし)
最終学歴校の英文の卒業証明書 ※学生の場合は英文の在籍証明書
本人名義口座の英文預金残高証明書 ※50万円以上の預金があること
航空券(原本およびA4コピー1枚) ※予約確認書でもOK
滞在期間をカバーする医療保険証券、または付保証明(英文原本とA4コピー1枚)
氏名と住所を記載した返信用レターパック 510 ※パスポートと医療保険の証明書、航空券の原本の返却用

尚、申請料は無料です。

ワーホリビザ申請からアイルランド入国まで

ダブリン

申請が認可されるとワーキングホリデー滞在許可証が発給され、その旨をパスポートに記載されます。許可証発給日から1年以内に渡航してください。

入国後に必要な手続き

3ヶ月を超えて滞在する場合は、入国後1ヶ月以内にアイルランド当局にて外国人登録が必要です。登録すると外国人登録カードが発行料:300ユーロで発行されます。手続きは忘れずに行いましょう。

また、現地で仕事をする際は社会保険番号や納税者番号の取得が必要です。渡航先で最寄りの社会保険事務所や税務署に申告しなければならないので、仕事をする予定がある場合は、事前に必要書類などを確認しておきましょう。

注意点

アイルランドのワーホリ制度は、費用など細かい点がこの数年で何度か変更されており、今後もそれは続くかもしれません。制度を利用される方は、必ず大使館のHPなどで最新の情報をチェックするようにしてください

アイルランド大使館 ワーキングホリデーに関して

まとめ

ダブリン

いかがでしたでしょうか。

まだ日本人があまり多くないアイルランドは、留学やワーホリの穴場と言われています。

日本ではあまり馴染みがない方も多いですが、歴史漂う街並みとにぎやかなパブ、ケルト音楽などに触れてみると、どこか懐かしい感じを受けることでしょう。

日本も同じく歴史ある島国ですからどこか共通する部分があるのかもしれません。

仕事、勉強、観光を一度に経験できるワーホリは人生に一度のチャンスです。他では身に付けられない経験がきっと皆さんの宝物になると信じています!

美しく緑豊かな国アイルランド!あなたもアイルランドで英語留学してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学の準備で役立つ「留学のしおり」を無料でプレゼント!

留学のしおり(準備編)欧米Ver.

欧米留学をお考えのみなさんが、 事前に知っておくべきことを「留学のしおり」としてまとめました。

  • VISAや保険、お金周りなど事前の注意事項とは?
  • ワーホリするなら必見!各国の就労・就業条件
  • 日本で準備しておくべき持ち物リスト
  • 知っておくと安心!出発当日確認すべきこと

など、役立つ情報が満載!
是非チェックしてみてください。

無料ダウンロードする

※ ダウンロードには会員登録(無料・30秒でかんたん)が必要です。

この留学ブログを書いた人

まさし

まさし

フリーの翻訳者・ライター。アメリカ・カリフォルニアに5年ほど滞在していました。仕事や旅行で海外にはよく行きます。よろしくお願いします!

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。