School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

留学志望の英語超初心者に伝えたい!英語アレルギーだった僕が実践した1ヶ月で出来る勉強法

学習風景

留学をするメリットは、何と言ってもスピーキングやリスニングを高められることです。そのため、なるべくスピーキングやリスニングの勉強に時間をかけたいものですよね。

ですがスピーキングやリスニングの量をこなしたとしても、基本的な英文法がわからないと英文を作れなかったり英語を聞き取れなかったりします。それでは留学の効果は薄れてしまいます。

そのため事前に基本的な英語を学習しておくことが大切です。

とはいえ実際にどのように英語学習をしていけばいいのかわからないですよね。

実は僕も中学高校の英語の授業から逃げ続けてきました。そして大学も推薦入試で合格してしまい、多くの人が一番勉強する時期ですら英語を勉強しなかったために英語の知識は無に等しかったです。

ですがそんな僕でも、難易度の高い英語を課す他大学の編入試験に合格し、今では英語で研究論文を執筆できるまでになりました。最近では頻繁に外国人の友人と英語でコミュニケーションを取っています。僕が英語を克服できたのは今回紹介する勉強法を実践したからだと思います。

本記事では留学を考えているけど英語が超初心者で不安な方に向けて、1ヶ月で基本的な英文法を身につける勉強法を紹介していきたいと思います。

【PR】

問題集の進め方で全てが決まる

英語に苦手意識のあるほとんどの方は、まずどの問題集をやるかで悩まれるかと思います。確かに問題集選びは非常に大切であることは間違いありません。

しかし英語を勉強する上でもう1つ大切なことがあります。それは問題集をどのように進めるかです。問題集選びについて悩んだことはあっても、問題集の進め方について考えたことがある方は少ないと思います。

そこで僕が実践した問題集の進め方を紹介していきたいと思います。

ポイントは3つです。

1. まずは普通に問題を解き、間違えた問題をチェックする
2. 問題集が終わった後に、間違えた問題だけを再度解く
3. 1冊の問題集を1週間で終わらせる

以上の3つのポイントを守って問題集をひたすら進めていくだけの、非常にシンプルな方法です。

勉強を頑張る女性

問題集を進めていくと間違えることがあるでしょう。間違えた問題にチェックマークをつけておき、問題集が終わった後に間違えた問題だけを再度解き直しましょう。なぜその答えになるのかを考えながら解き直していくことで知識が定着していきます。

理解した上で正解した問題については再度解く必要はありません。また再度解き直す時のためにも、回答は問題集ではなくノートに書き込むことを強くお勧めします。

そして何より期間を決めて取り組むことが大切です。英語に限らず、知識は一度勉強しただけではなかなか定着しません。後ほど中2と中3の英語問題集を4冊紹介します。4冊を1週間ずつで終わらせることで、1ヶ月という短期間で中2英語と中3英語の復習をすることが可能です。

また知識が残っている間に復習をすることで、知識の定着率が格段に上昇します。だからこそ期間を決めて取り組む必要があるのです。

中学英語の問題集に取り組もう

僕は英語超初心者の方には中学英語の問題集を強くお勧めします。

英語を勉強しなおすぞ!と考えた時に、

「英語は高校時代に3年間学んできたけど苦手意識があるなー。高3の英語は自分にはレベルが高いだろうし高1の英語から勉強しよう!」と考える方が多いでしょう。

ですが少なくとも英語超初心者の方には、これは良い方法ではありません。

中学英語では高校英語とは比にならないくらい数多くの重要な英文法が登場します。

実際にアルクが発表した「英語教育実態レポート」によると、英語の基礎力や読解力を測る大学入試センター試験の英語の74%が中学英語の知識のみで解答可能だといいます。

大学入試の英語の問題ですら、その74%が中学英語のみで解答可能ということはそれだけ中学英語が重要であるということですね。

つまり中学英語は基本なので、しっかりと理解しておくことで応用の幅が広がり、その後の英語学習が圧倒的に加速するでしょう。

おすすめの中学英語問題集

多くの英語問題集は、英文法に関する説明が詳しくないために初心者には難しいです。ここでは僕が実際に使用したおすすめの問題集を4冊ご紹介します。

わからないをわかるにかえる中2英語

わからないをわかるにかえる中2英語
Photo by : Amazon

タイトル通り中2の英語を非常にわかりやすく説明している問題集で、問題よりも説明が多く基本的な英文法がまだ身についていない方におすすめです。

具体的には基本的な文の構造から時制、助動詞や接続詞などの中2英語全般を学ぶことができます。

中1の問題集もあるのですが、この中2の問題集で中1・中2の英語を同時に学べるので中1の問題集はやらなくて大丈夫です。

わからないをわかるにかえる中3英語

わからないをわかるにかえる中3英語
Photo by : Amazon

先ほどの問題集の中3バージョンです。

具体的には受動態や現在完了形などの中3英語全般を学ぶことができます。

僕も現在完了形をなかなか理解できなかったのですが、この問題集は現在完了形について非常に分かりやすく説明されていてよく理解することができました。

チャート式シリーズ基礎からの中2英語準拠ドリル

チャート式シリーズ基礎からの中2英語準拠ドリル
Photo by : Amazon

こちらの問題集は先ほどの問題集と比較すると問題数が多いです。学んだ英文法の知識をこの問題集でアウトプットしていくイメージで取り組んでいきましょう。

こちらも具体的には基本的な文の構造から時制、助動詞や接続詞などの中2英語全般を学ぶことができます。

チャート式シリーズ基礎からの中3英語準拠ドリル

チャート式シリーズ基礎からの中3英語準拠ドリル
Photo by : Amazon

先ほどの問題集の中3バージョンです。

多少の応用問題が含まれているので間違えてしまうこともあると思いますが、気にする必要はありません。間違えた問題に再度取り組んでいくことで英語力は着実に定着していきます。

こちらも具体的には受動態や現在完了形などの中3英語全般を学ぶことができます。

そしてこれらの問題集を1冊1週間で終わらせることが英語力向上のためにも大切です。計4冊で1ヶ月のカリキュラムで、基本的な英語力を身につけることができます。

もちろんこれだけで飛び抜けて英語が上達するわけではありませんが、留学先の授業についていけるレベルまでは英語力を向上できるでしょう。

英文法書を活用しよう

当然ながら英語超初心者の方がこの問題集を進めていくと、分からない問題にぶつかることがあるでしょう。僕も分からない問題にぶつかりましたが、そのままにせず先生に何度も質問して疑問を解消していきました。そのため英語の知識がある友人などがいらっしゃる方は、どんどん質問していくことでさらなる英語力向上が期待されます。

とはいえ周りにそのような友達がいない方も多いと思います。

僕は周りに質問できる人がいない時には英文法書を用いて自分で調べていました。自分で調べるのは大変ですが、必ず英語の知識は増えていきますし、自分で調べる力をつけることで今後の英語学習の効率も格段に向上するでしょう。

こちらは僕がおすすめする英文法書です。

基礎からの新々総合英語 (チャート式・シリーズ)

基礎からの新々総合英語 (チャート式・シリーズ)
Photo by : Amazon

基礎からの新々総合英語は中学英語から高校英語まで扱っています。英文法についての説明はもちろん、例文や英文の作り方などが非常に分かりやすく解説されています。

外観は少し難しそうに見えますが、実際は初心者目線に合わせた説明となっているのでおすすめです。

まとめ

本記事では英語超初心者の方に向けて、1ヶ月で基本的な英文法を身につける勉強法を紹介してきました。

間違えた問題を再度解き、1週間という期間を決めて問題集に取り組むことで英語力は向上します。

留学で英語力を飛躍的に向上させるための準備として本記事で紹介した勉強法を試してみることをおすすめしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

小貫将太

小貫将太

元スクールウィズインターン生です。SNSの運用やライティングを担当していました。スクールウィズを退職後は、Webエンジニアへの転身を目指し、フィリピン・セブ島で1ヶ月間のエンジニア留学を経験。現在は旅行領域のスタートアップにてエンジニアインターンとして修行中です。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。