School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界32カ国の語学学校を約4,000校掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

レートがお得に!?渡航前に知っておきたい、アメリカ留学にオススメのクレジットカードとは?

クレジットカード

こんにちは、Coccoです。
みなさん買い物の支払いは現金派ですか?それともカード派ですか?
現金・カードどちらも使うという方が多いのではないでしょうか。それとは異なり、海外では現金よりもカードが主流の国もあります。例えばアメリカでは、どんな小さなお店でもカードが使えたりするんです。

今回は、アメリカ留学でクレジットカードの使用を検討している方にオススメのカードをまとめてみました。ぜひ、カードを選ぶ際の参考になればと思います。

【PR】

アメリカ留学に行くなら、マスターカードがお得!

マスターカード

カードを作る際に迷うのが、ブランドですよね。
日本で主要な3大ブランドは、VISA・JCB・MasterCardです。

JCBは、日本のブランドなので国内でのサービスは充実していますが、海外では対応してないお店が多いので留学には不向きと言えます。一方VISAやMasterCardは、世界でもトップレベルのシェア率を誇っているため、カード対応可のほぼすべてのお店で使えます。

ここで紹介しておきたいのが、MasterCard
実はアメリカドルの場合、MasterCardはVISAよりレートが1ドル当たり1円ほどお得なんです。こちらは実際に同じ日、同じ時間帯にレート計算を行った結果です。

左がVISA、右がMasterCard。MasterCardの方が、1円ほどお得になっています。

クレジットカード

ユーロも0.5円ほどですがお得です。基本的にいつ計算しても、MasterCardの方が少しお得なレートになっていることが多いです。

クレジットカード

例えば、
毎月の生活費が10万円・旅行で30万円・月の携帯代が5000円だとすれば、1年間で156万円の費用がかかることになります。156万円の費用がかかるとすれば、1万5600円の節約になるんですよ!

ごく小さな差ですが、塵も積もれば山となるということで、長期留学の方は少し考慮に入れてみてはいかがですか?

MasterCardのレート計算ページはこちらから
MasterCaedレート換算

VISAのレート計算ページはこちらから
VISAレート換算

嬉しい特典盛りだくさん!?ライフカード

ライフカード
Photo by : ライフカード

ライフカードは、年会費永久無料・入会から1年間はポイント1.5倍・誕生日月はポイント5倍と、嬉しい特典盛りだくさんのクレジットカード。ライフカードは、VISA・JCB・MasterCardから選択できます。

海外に留学する学生さんであれば、更にお得な学生専用ライフカードがあります。
上記の特典に加え、海外旅行損害保険(最高額2000万円)・海外ショッピング利用で総額5%キャッシュバックが付いてくるんです。

留学中の旅行を考えると無料で保険がついてくるなんて嬉しすぎませんか?
現地での食費や光熱費などの生活費、毎月のおこづかいすべてをライフカードで支払ったとしたら、5%のキャッシュバック!これはかなり大きいですよね。

先ほどの例を用いて、
生活費・旅費・携帯代で1年間で156万円の費用がかかることを想定すると、78000円分の現金が返ってくることになります。それだけあれば、1週間は旅行に行くこともできますね。

ライフカード

短期留学にオススメのキャッシュパスポート!

キャッシュパスポート
Photo by : キャッシュパスポート

もう一つおすすめなのが、海外専用プリペイド式キャッシュパスポートです。
いわゆるデビットカードみたいなものなので、クレジットは使いすぎちゃいそうで不安!という方におすすめです。長期のように口座を開設する必要のない、短期留学向けです。キャッシュパスポートは、事前に入金した分だけ買い物、もしくは現金の引き落としに使えます。

ここでオススメする理由は、入金時のレートで買い物、引き落としができるということ!つまりレートがお得な時期に前もって両替して入金しておけば、後程レートが変動してもお得なレートのまま使えるんです。また、スペアカードが付いてくるため、万が一カードを無くしてしまった時もスペアカードを利用することができます。

キャッシュパスポートの公式ホームページはこちらから
キャッシュパスポート

長期留学と短期留学、カードをどう使い分ける?

クレジットカード

長期滞在の方は現地で口座を開く方も多いようです。一方短期滞在であまり現金を使う予定がない方には、キャッシュパスポートもしくはお持ちのクレジットカードが海外キャッシング対応の場合、そちらでキャッシングすることをお勧めします。

なぜなら現地の口座では、海外キャッシングよりも手数料は安く済みますが、最初に口座へ送金する際の手数料がかなり高くついてしまうからです。

ちなみにクレジットカードで海外キャッシングする際は、締め日の直前(データ送信に時間がかかるため2、3日前)にすると利息が少なく済むのでおすすめです。締め日はクレジット会社によって異なるので事前に調べておくとよいと思います。


いかがでしたか?お金に関することは難しいけれど、よく知らないと損をしてしまったり、特に海外では何かあった時にパニックになってしまうこともあります。アメリカ留学を検討していましたら、MasterCardがベストです!

ぜひ留学前によく調べてから、お得で安心なものを選んでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学の準備で役立つ「留学のしおり」を無料でプレゼント!

留学のしおり(準備編)欧米Ver.

欧米留学をお考えのみなさんが、 事前に知っておくべきことを「留学のしおり」としてまとめました。

  • VISAや保険、お金周りなど事前の注意事項とは?
  • ワーホリするなら必見!各国の就労・就業条件
  • 日本で準備しておくべき持ち物リスト
  • 知っておくと安心!出発当日確認すべきこと

など、役立つ情報が満載!
是非チェックしてみてください。

無料ダウンロードする

※ ダウンロードには会員登録(無料・30秒でかんたん)が必要です。

この留学ブログを書いた人

Cocco

Cocco

東京の大学に通うごく普通の女子大生。現在はアメリカの東部、メリーランド州のフロストバーグ州立大学に留学中。東京とは違う田舎のキャンパスで多種多様な人種の仲間に囲まれてのんびりとした生活を満喫中。趣味は旅、音楽・映画鑑賞、美術館巡り。今まで旅行、短期留学で行った国はオーストラリア、カナダ、フランス、ベトナム、そしてアメリカの5カ国。音楽や映画は基本的にジャンルは問わず、海外のものを。

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。