School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界32カ国の語学学校を約4,000校掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

【ニュージーランド】ワーキングホリデービザの取得方法・申請条件まとめ

ニュージーランドの大自然

こんにちは!ライターのめぐです。

ニュージーランド「世界の箱庭」と呼ばれるほどバラエティに富んだ大自然を有する、とても魅力溢れる国。日本と同じく四季がはっきりしていて、美しい山々や湖、原生林や氷河、ブドウ畑に牧草地帯が広がります。アウトドア活動が好きな明るくまじめな国民性は、どこか同じ島国の日本人と似ているのかもしれません。

そんな魅力あふれるニュージーランドのワーキングホリデー制度は近年、変革の時期を迎えています。さまざまな条件の緩和などが目立ち、日本人にとっては渡航しやすい内容に変わってきているんです。

本記事では、ニュージーランドの留学エージェントで働いていた私が、ニュージーランドのワーホリビザの特徴から取得方法まで、まとめて紹介させていただきます。

※ワーキングホリデービザの申請条件や取得方法は常時変更があります。最新情報はニュージーランド移民局の公式ホームページをご確認ください!
ニュージランド移民局公式HP

【PR】

お得に留学へ行こう!秋の留学応援キャンペーン

ニュージーランドのワーキングホリデーの特徴を簡単に紹介

ニュージーランド、オークランド

ニュージーランドのワーホリビザは、近年頻繁に制度が変更されています。2016年現在だとどのような内容なのか、確認してみましょう!

ワーホリビザで滞在できる期間は原則1年

ニュージーランドのワーキングホリデービザで滞在可能な期間は、原則1年以内になります。

しかし農業やブドウ栽培など特定の仕事に携わった場合は、3ヶ月の滞在期間の延長が認められます。延長が必要な場合は、雇用主に証明書を書いてもらい、ニュージーランド移民局に提出しましょう。

また日本人向けに同一雇用主のもとでの就業条件が撤廃され、資金証明の提示義務も廃止されています(※場合によっては提示が求められることもあります)。

ニュージーランドでの就学可能期間は最大6ヶ月!

ニュージーランドのワーホリビザで語学学校などに就学できる期間は、就学期間も従来の3ヶ月から6ヶ月間に延長になりました。

英語にそこまで自信がない方でも、事前に学校に通って英語力やニュージーランドでの生活習慣を身に付けてから、現地での仕事探しや旅行を楽しむことができます。

ちなみに、イギリスの教育方式に影響を受けていることもあり、ニュージーランドは教育レベルが高いことでもしられています。語学学校も数多く、ワーホリ滞在中に英語の習得を目指す方にも最適です。ニュージーランド在住の方は比較的早口の方が多いです。初めは戸惑うかもしれませんが、ハイレベルのリスニング訓練を積むにはよい環境ですよ。

ワーキングホリデービザ取得手順

ニュージーランドの羊

次に、2016年度のニュージーランドのワーキングホリデービザ取得する方法をご紹介します。制度は毎年変わる可能性があるので、必ず最新情報をご確認くださいね。

(1) ユーザーアカウント作成、申請

申請は全てニュージーランド移民局のサイトからオンラインで行います

ニュージランド移民局公式HP

まずはユーザーアカウント登録を行い、メールアドレスなどを記入します。今後すべての情報はこの時登録したメールアドレス宛てに送られるので、間違いのないよう注意してください。登録後、オンライン申請書に必要な情報を記入します。

(2) 健康診断書提出

申請すると移民局から指定の病院、医師のもとで健康診断を受けるよう指示がありますので従って下さい。通常オンライン申請してから、15日以内に提出する必要があります。

以前は所定の診断書をプリントアウトし、そこに記入してもらっていましたが、2015年より医師が直接「eMedicalシステム」という管理システムに結果を送る方法に変わりました。

これによりビザ発給までの時間短縮になりました。しかしビザ申請者本人には健康診断書が返却されませんので、診断書のコピーなどをもらっておくといざというとき安心でしょう。

診断書が移民局に送られた後、特に問題がなければ2、3日後にビザ発給許可通知がメールで送付されます

(3) ワーキングホリデービザの申請に必要なもの

ニュージーランドのワーホリビザ取得の際に必要なものは以下になります。

  • ・パスポート(残存期間15ヶ月以上のもの)
  • ・クレジットカード
  • ・Eメールアドレス
  • ・運転免許証など生年月日が確認できる書類

ちなみに、ワーホリビザの申請料は無料です!

(4) 申請からニュージーランド入国まで

ニュージーランドのワーキングホリデービザの有効期間は入国してから1年間。1年間は長いようで、ワーホリ生活をしているとあっという間です。現地についてからのスケジュールをしっかり計画し、把握しておきましょう!

またメールで届いたビザ発給通知は、プリントアウトし渡航の際に必ず携行してください。入国の際、パスポートと一緒に提示する必要があります。

ワーキングホリデービザの取得条件

以下がワーホリビザを取得するための条件です。ニュージーランドでのワーホリを希望する方は、必ず確認しておきましょう!

年齢制限 18~30歳(申請時)
※申請時に30歳の人は31歳での入国可。
申請可能時期 通年
就労期間 特になし(以前は3ヶ月でしたが2010年に撤廃されました)
就学期間 最長6ヶ月
滞在期間 入国日より1年(有効期間中の入出国制限なし)
子供の同伴 不可
査証変更 可能
必要な所持金 4200NZドル以上の所持金を持参することが望ましい
(資金証明書の提示を求められることがあります)
帰りの航空券 帰りの航空券は必須ではないが相応の金額を所持することが望ましい
過去のワーホリ経験 過去にワーホリ制度を使ったニュージーランド滞在経験がないこと
その他 健康で犯罪歴がないこと

ニュージーランドへ渡航する際の注意点

現在のところ所持金の資金証明は義務化されていませんが、入国の際などに提示を求められることがあると但し書きがついています。念のため英文の資金証明を携行した方が安心です。

また、医療保険への加入も任意となっていますが、海外で病院にかかると高額な費用を請求されることが多いです。ワーホリ滞在期間をしっかりカバーできるように、日本で海外旅行保険などに加入することを強くオススメします

ニュージーランドへのワーホリを検討中のあなたへ

いかがでしたでしょうか。ワーホリの渡航先を検討する際、さまざまな国や地域を比較して決めることになると思います。

ニュージーランドはコンパクトな国土ながら明るく落ち着いた人々と、美しい自然が詰まったとても魅力的な国。渡航先に悩んでいる方は、ぜひニュージーランドを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

18歳から30歳の若者向けに自由な滞在を認めるワーキングホリデーは一生に1度のチャンスです。人生の宝物となる素晴らしい体験になるよう、応援しています!

「美しい自然に囲まれながらのんびり過ごせる」ニュージーランドで、あなたも留学してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学の準備で役立つ「留学のしおり」を無料でプレゼント!

留学のしおり(準備編)欧米Ver.

欧米留学をお考えのみなさんが、 事前に知っておくべきことを「留学のしおり」としてまとめました。

  • VISAや保険、お金周りなど事前の注意事項とは?
  • ワーホリするなら必見!各国の就労・就業条件
  • 日本で準備しておくべき持ち物リスト
  • 知っておくと安心!出発当日確認すべきこと

など、役立つ情報が満載!
是非チェックしてみてください。

無料ダウンロードする

※ ダウンロードには会員登録(無料・30秒でかんたん)が必要です。

この留学ブログを書いた人

めぐ

めぐ

高校卒業後にニュージーランドに1年間語学留学を経験し、そのまま現地の大学に進学してトータルで5年間滞在。長期の海外滞在経験を生かして、大学卒業後は留学エージェントや社会人向けビジネス英語企業に従事。自分の経験した高校生~大学生での目線からでもリアルな経験談を発信。

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

お得に留学へ行こう!秋の留学応援キャンペーン
みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。