School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

イギリス留学に必要な学生ビザの取得方法と種類をまとめてみた

イギリスに語学留学する際には、パスポートだけでなくビザが必要になります。
2ヶ月後に迫るイギリス留学を前に、現在ビザの準備を進めている私は学生ビザを取得する予定です。

留学の計画を立てるとき、事前にきちんと知っておきたいのがビザの情報。イギリス留学のビザにはいくつか種類があり、滞在の目的と期間に応じたものを取得しなければなりません。自分の留学スタイルにあったビザを選択することが、憧れの留学生活を実現する第一歩!

ここではイギリス留学するなら抑えておくべきビザの種類と取得方法について簡単にご紹介します。これからイギリスへ留学やワーホリを考えている方はぜひチェックしてみてください!

イギリスの留学ビザは以下の3種類になります。

  • 1. ワーキングホリデービザ
  • 2. 短期学生ビザ
  • 3. イギリス学生ビザ

それでは1つ1つ見ていきましょう!

※ビザの情報は随時更新されています。最新の情報はイギリス大使館のWebサイトをチェックしましょう!
British Embassy Tokyo

※£1 = 132円で計算。レートは2016年8月24日現在

【PR】

1. ワーキングホリデービザ(Tier 5 Youth Mobility Scheme Visa)

イギリスの留学ビザ

ワーキングホリデービザは、イギリスにワーキングホリデーをしたい方にとって必須のビザになります。正確にはワーホリというより、イギリスでの就労ビザになるので並行して語学学校に留学することも可能になります。

ワーホリビザが他のビザと異なるのは、最大2年間の自由な長期滞在が許されること。そして、滞在中就労が可能なこととなど、何をして過ごすかの自由度が高いということです
(※国によって滞在可能期間は異なります。)

ワーホリビザを利用した友人が、「ワーホリは夢のようなビザよ!」と言っていたのもうなずけます。

多くの学生ビザは就労禁止ですが、ワーホリなら働きながら学校に通うことが可能という点で、現地で生きた英語に触れながら働き留学中の生活費も補うことができます。留学費用に余裕のない人にとっても本当に有難いビザなんです。

イギリスのワーホリビザは抽選形式!

ただし、イギリスでワーホリビザを申請できるのは18〜30歳までという期限付き。さらにワーキングホリデービザは年に1度の抽選で、当選は1000人のみ。競争率は毎年とても高いので、応募したすべての人がイギリスのワーホリに行けるわけではありません。

私は今年留学に行くことを決めた当初、ワーキングホリデービザによる留学を考えていました。しかしイギリスの場合ビザが抽選であることを知り、学生ビザを取得する方向へ切り替えました。

抽選に当たるまで挑戦し続ける、1度抽選に参加して落ちたら他の国に行くなど、ワーホリによる留学プランは人それぞれです。自分のスケジュールに合わせて計画を立てましょう。

応募情報は毎年10~12月ごろに発表され、ビザの申請は、年にもよりますが1月頃開始されます。申請費用は£230(ポンド : 30,461円)、その他に現地保険料の支払いも加えて必要になります。

詳細はこちらから(英語)↓
Tier 5 (Youth Mobility Scheme) visa

<イギリスワーホリビザ申請条件>
・年齢:18~30歳
・£1,890(約25万円)の残高証明
・扶養家族を同伴しない
・滞在可能期間:2年間
・就学/就労:ともに可能

2. 短期学生ビザ(short-term study Visa)

イギリスのビーチ

短期学生ビザ(short term study Visa)は、イギリスの学校へ留学する場合に必須のビザになります。滞在期間によって、主に以下の2種類に分かれています。どちらの短期留学ビザでも留学期間中の就労はできませんので、注意してください!

  • (A)滞在期間が6ヶ月以上11ヶ月未満の場合
  • (B) 滞在期間が6ヶ月未満の場合

(A)イギリス滞在期間が6ヶ月以上11ヶ月未満の場合

イギリス留学期間が6ヶ月以上、11ヶ月の場合、ビザ申請は渡航予定日3ヶ月前からになります。まずはオンライン上で申請手続きをし、さらに申請者本人が、東京または大阪の英国ビザセンターに直接出向き手続きを行います

申請に必要な書類が欠けていると、当然VISAは取得できません!ビザセンターから遠方に住んでいる方は特に、再度手続きに行く…なんてことにならないよう、必要書類に漏れがないか、しっかりチェックしましょう。

申請期間は、書類に不備がなく申請が受理された場合、15日前後。混雑状況にもよります。さらに面接や追加書類が必要と判断されることもありますので、早め早めの準備をおすすめします。

(B) イギリス滞在期間が6ヶ月未満の場合

イギリス滞在予定が6ヶ月未満の場合、出発前に特に国内で手続きを行う必要はありません。現地の空港でパスポートや学校の入学証明書等書類を入国審査官に提示し、英国の入国法の規定を満たしていると判断された場合、短期学生として最長6ヶ月の滞在許可を与えてくれます。

必要書類は下記を参考にしてください。

  • ・パスポート
  • ・語学学校等からの入学許可証
  • ・資金証明(英文の残高証明書等)
  • ・滞在先の詳細
  • ・帰国用航空券
  • ・現金、クレジットカード等

このように、Short-term study Visaは滞在期間6ヶ月を境に、申請の手間が格段にかかるようになります。慣れない手続きは思っている以上に時間がかかるものです。自分が取得するビザの種類が決まったら、手続きに必要な時間を出発日から逆算し、計画的に進めていきましょう。

3. イギリス学生ビザ(Tier4 General student visa)

イギリス学生ビザ(Tier4 )は、イギリスのビザ管理局に指定された学校に留学する人を対象とするビザで、学校に通う期間に合わせたビザ申請を行います。原則11ヶ月以上イギリスの高等教育機関へ通う場合に必要になります

対象となる教育機関は、語学学校(※受講するコースによる)、専門学校、カレッジ、大学などがあります。基本就労は不可ですが、大学・大学院留学の場合に必要になる学生ビザの場合就労は可能です

他のビザと異なり、生体認証付き許可書の発行やイギリスの健康保険(NHS)の保険料支払いが要求されます。

またイギリス学生ビザは、留学先の高等教育機関にによっては、最低限以下に示す英語力を証明しなければ申請できません。必要な英語レベルは、

・語学留学(※コースによる)の場合
CEFR B1 レベル以上 or IELTS 4.0以上

・大学、大学院進学の場合
CEFR B2 レベル以上 or IELTS 5.5以上

が目安になります。日本ではおなじみのTOEIC、TOEFLのスコアはここでの英語力証明にはならないことが多いのでご注意を。

Tier4ビザは事前に日本での申請が必要ですので、時間に余裕を持って準備を進めていきましょう!

自分に合ったイギリス留学でビザのプラン立てを

留学準備

イギリスは留学人気国の中でもワーホリ・学生ビザ共に比較的ルールが厳しく、生活費も高くなります。留学を計画する段階で、渡航先の国を変更する人も多いのだとか。

私も情報収集をしていく過程で、いくつか他の渡航先候補を考えました。しかし憧れのイギリスに行きたい!という思いが強く、短期学生ビザでイギリスへ半年留学するというプランを立てました。

留学の計画を立てるとき、ビザ情報はとても重要です。またビザの申請方法、審査のルールは頻繁に更新されますので、ビザ申請前に公的機関等で常に最新情報をチェックするようにしましょう!

あなたにぴったりの留学プランが見つかりますように^^

最新情報は以下のサイトが参考になります。
VFS GLOBAL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

hiroe

hiroe

1989年福岡出身。これまで訪れた国と地域は、フランス、タイ、中国、韓国、グアム、台湾、香港、シンガポール。 ボーイズグループOneDirectionの名曲「One Thing」のPVに映るロンドンの街並みを見て、イギリスに強い憧れを持つ。2016年、3年勤めた環境コンサルタント会社を退職し、単身イギリス留学を決意。 趣味はバンド活動。担当はピアノ、テナーサックス、たまにボーカル。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。