School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

バンクーバーに滞在するなら知っておきたい「市内バス」の利用方法まとめ

こんにちは。
現在カナダのバンクーバーでワーホリ中の黒兎です。

バンクーバー市内にはは電車やバス、フェリーと交通機関が充実していて、乗りこなすことができれば移動はとても便利です。その中でもバンクーバー市民の足となっているのが市内バス。私が通っている語学学校のクラスメイトも、通学にバスを利用している人がとても多いです。

でも乗り方を知らないとバスに乗りたい時に困りますよね。そこで今回はバンクーバーの市内バスについて乗り方から料金システムまでご紹介します

バンクーバーの市内バスはどうやったらうまく乗れるのか、日本とどこが違うのか、私の実体験をもとにお伝えしたいと思います。これからバンクーバーに留学・ワーホリ予定の方は、ぜひ確認してみてくださいね!

【PR】

バンクーバーの市内バスって?

バンクーバーの交通機関は電車(skytrain)、フェリー(seabus)、バスの主に3種類があります。日本とは異なるバンクーバーでの特徴的な点は、1つのチケットで、各交通機関の利用や乗換が自由にできること

つまり1枚チケットを買って、まず電車で移動してから、次にそのチケットでバスに乗り換えてさらに移動、なんてことも可能です!

組み合わせて利用できるので、とても便利ですね。なのでバンクーバー市内バスの基本的な仕組みは、電車やフェリーと同じということになります。

シンプルでお得な料金システム

Fare Zone Map
Photo by : TRANS LINK - Fare Zone Map

バンクーバーの交通機関の料金体系は、日本と異なり、「Zone(ゾーン)」という制度を設けています。Zoneはバンクーバー市内の特定の地域を指し、以下の3つです

  • ・Zone 1
    バンクーバー市内のダウンタウン、ブリティッシュコロンビア大学、クイーンエリザベス公園周辺。
  • ・Zone 2
    バンクーバー国際空港があるRichmond、Burnaby、バンクーバーからシーバスで行けるNorth Vancouverの3地区。
  • ・Zone 3
    Burnabyよりさらに東のPort Moody、Coquitlam、Port Coquitlam、Surrey。

電車とフェリーの料金はこのZone(ゾーン)と言われる、3つのエリア間をどれだけ移動するかで値段が変わってきます。例えばZone 2からZone 3へZoneを1つまたいで移動すると、料金が$4になります。

しかしバスのみで移動する場合は、どれだけゾーン間をまたいで移動したとしても料金は一律$2.78(1 Zone料金:$2.75)です。
つまりバスならどこまでも乗り放題!

時間を気にしなければ、コスト的には他の交通機関に比べてバスの方がお得なんです!1つ1つのZoneは結構広いので、バスだけでも広範囲に移動できますよ!

※電車やフェリーのZone間移動に関しては以下のペーシも参考にしてみてください!
【バンクーバーの交通事情】知っているとお得な、料金の仕組み・利用方法を解説!

バンクーバーのバス路線ってどうなっているの?

バンクーバー市内の交通機関の路線は、全て番号で案内されます
私も初めてバスに乗る時に、「43番のバスに乗ればいいんだよ」と番号で地元の人に教えてもらいました。実際のバスストップにはこんな感じで表示されています。

バンクーバーのバス・ストップ

少し見にくいですが、43と表示されているのがバスの番号です。その横に「U.B.C」と行き先が書かれています。

日本のように「◯◯行きのバスに乗ってください」とはあまり言わないですね。「◯◯番のバスに乗れば大丈夫」や「あのバスストップは◯◯番のバスが通ってるよ」といった感じです。

バスのスケジュールと路線に関しては、英語ですが以下の運営会社の公式サイトから確認してみてください!

とはいっても、カナダのバスは日本のようにスケジュール通りには来ないので、気長に待つようにしましょう!

バンクーバー市内バスを乗り降りする方法

実際にバンクーバー市内の交通機関を利用するには、「Compass card」という日本でいうSUICAのような電子カードが便利。バスだけではなく、電車やフェリーにも共通で使えます。

Compass Cardに回数券や1日券、Bus Pass(1ヶ月定期券)を登録することもできるので、バンクーバー滞在には必須のカードになります。

Compass cardで乗る場合は、入り口近くにある”Tap in”と表記された機械に一度タッチすればOKです。降車時にタップする必要はありませんので、注意してください!

バンクーバーのCompass cardとSingle ticket

私が初めてバスに乗った時はこのCompass cardを持っていなかったので、支払いに小銭が必要でした。バンクーバー市内のバスには両替機は付いていませんので、現金で支払う場合は料金分の小銭を用意しておくといいです。小銭で運賃を払うと乗車券がもらえます。

またはバスストップの近くに駅があれば、そこで「Single ticket」を買ってバスに乗ることもできます。

バスを降りるときはボタンを押せばOK

バスを降りる時は機械へのタッチは不要です。降りたいバスストップが近づいたら、停車ボタンを押せば停まってくれます。そこは日本と一緒ですね!

ただこのボタンが付いていないバスや、ボタンに手が届かない際は、窓際についている黄色い紐を引っ張るとバスが停まってくれるので覚えておきましょう。

ただ私はこの紐を引っ張っている人を見たことがなく、基本的にみんな停車ボタンを押して降りていました。ですが、いつか引っ張ってみたいと思わせる紐です(笑)

乗り過ごさないように注意しよう!

私は初めてバンクーバーでバスを利用した際、見事に乗り過ごしてしまいました。ダウンタウン内のバスストップの名前が大抵ストリート名で、かなりややこしいんです。

「グランビルst. デービーst.」や「ホーマーst. デービーst」といった似たような名前がいっぱいで、私はプチパニック。結局終点まで乗ってしまいました。

ですが料金も一律なので、乗り過ごして追加料金なんてこともありませんのでそこは安心ですね。地名に慣れていない間は、きちんと何個目のバスストップで降りるのか把握しておきましょう!

知っておくと便利 次のバスの到着予想時刻が分かる!

ここまでバスの運賃と乗り降りの仕方をお伝えしました。さらに、次に自分が乗るバスがいつ出発するか、簡単に調べる方法があります。

実は「33333」にテキストメールをして、自分がいるバスストップに書かれている5桁の番号を送ると、なんと次のバスの到着予想時刻が送られてくるんです!

バンクーバーのバス到着時刻

その他にも路線番号を入れるだけでバスの経路検索ができる「Transit」や、市内バスや電車への乗り換え検索ができる「Radar for Metro Vancouver Buses」というスマートフォン向けアプリもあるので、利用するとさらに便利に移動ができます。

頻繁にバスを利用する方はぜひダウンロードしておきましょう!

またさきほど紹介したように、交通機関の運営会社であるTranslink社のHPでもバスの経路検索の確認ができます。

私が見つけた驚きのバンクーバーのバス

最後に、私がバンクーバーのバスを実際に見て驚いたことをお伝えしたいと思います。

バスの中に自転車を載せられる!

まずバンクーバーのバスや電車では、なんと自転車を持って乗車することができます。これはバスの中に入れるのではなく、バスの車体の前面に自転車のスタンドが設置されていて、そこに自転車を固定して運んでもらうことができるようです。

私は何度か自転車を車体に固定したバスを目撃しました。バンクーバーでは自転車で通勤・通学する方も多いので、そのための配慮でしょう。街中のいたる所に自転車専用の道路が設置されています。

スタンレーパークでサイクリングしたい!!︎って時は、バスや電車で公園まで移動して、そこから自転車に乗り換えのんびりサイクリングみたいなこともできます。

”Sorry...”と謝るバス

”Sorryと”謝るバス

バンクーバーではバスを待っていると、時々電光掲示板に”Not in service”と表示されたバスが来ます。

これは”回送になります”って意味なんですが、そのあとに掲示板の文字が切り替わって”SORRY…”と表示されます。

私も何度か回送車を見たことがあるのですが、すべてのバスが"Sorry"と謝っていました。そんなに謝らなくても大丈夫なんですがね。。(笑)


いかがでしたでしょうか。
今回はバンクーバーでのバスの利用方法についてご紹介させていただきました。

私がバンクーバーで生活して感じたのは、交通機関が東京のように複雑すぎず、日本の田舎町のように不便すぎない点がちょうどよい、ということ。

1ヶ月もこちらで生活していれば、ほとんどの仕組みはわかりますし、Compass Cardがあればかなり便利に公共交通を利用できると思います。バンクーバーにいらっしゃる方は、Compass Cardをまず手に入れることをオススメします!

またバンクーバーの人々は、道で何かわからないことがあれば話しかけてくれたり、聞けば親切に答えてくれる方が多いです。

私も電車の中で知らない外国の方に「この電車◯◯駅止まるよね?!」と急に話しかけられたことがあります。「ごめんね、わからないんだ」と言っても、「わかったわ、ありがとう!」ってな感じで気軽に会話が繰り広げられます。

初めは驚きますが、英語の練習のため、こう答えようとか考えたりするいい経験になりましたよ。

ショートステイの方も、ロングステイの方も今回の記事を参考にしていただいて、楽しく素敵な滞在になることを祈っています!

HAVE A NICE TRIP!

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。
バンクーバーの電車の乗り方からお得な料金の仕組みなど交通事情を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

黒兎

黒兎

30歳を手前にして、仕事を辞め1人海外へ旅立ちました‼︎英語は10年以上前に教わったきり、、そんな語学力で飛び込みました!Not too lateを信じて頑張ります★

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。