School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

[フィリピン留学]親子留学に特化した語学学校『CEBU ESL』訪問レポート

こんにちわ、School Withのねづです。
ここ最近、親子でフィリピン留学、セブ留学をする方々が少しずつ増えてきました。弊社でも親子留学の方のサポートをする機会が増えています。
フィリピンの語学学校でも、親子留学に対応したコースを導入し始めています。

そんな中、フィリピンのセブ島には親子留学に特化したフィリピンの語学学校『CEBU ESL』があります。

CEBU ESL 日本人スタッフ

我々もCEBU ESLの訪問してきたので、訪問レポートをお届けしたいと思います。
今回は現地の日本人スタッフである西田様にご案内していただきました。

【PR】

CEBU ESLのキャンパス内の様子

入り口

こちらがCEBU ESLの入り口。
CEBU ESLの敷地は関係者以外の立ち入りはできないようになっており、治安の面の心配はありません。入り口はガードマンが常に監視しています。

庭

キャンパスの敷地内は緑があふれる広々とした空間エリアとなっています。

庭で遊ぶ子供たち

広場で遊ぶ子供たち。
授業終わりには毎回子供たちが広場で遊んでいるそうです。

プール

敷地内にはプールも。
常夏のフィリピンはセブだからこそ、年中プールで楽しく遊べます。
フィリピン人のスタッフが子供たちと一緒に遊んでくれるそう。

寮

こちらは寮。
建物自体は新築というわけではないですが整備や点検はしっかり行われています。
キャパシティとしては80人とのこと。

部屋の内観

部屋タイプはいくつかありますが、親子で広々と利用できるようになっています。
シャワーやトイレの水回りはもちろん、簡易的なキッチンも付いています。

食堂

こちらが食堂。
食事は専門のスタッフが調理してくれます。

オフィス

学校スタッフのオフィス。
学校への質問や対応依頼などは全てこちらで対応してくれます。

CEBU ESLの授業の様子

続いて授業についてです。
授業タイプはマンツーマンとグループクラスの2つですね。

マンツーマン授業

こちらがマンツーマンの授業の様子。
先生も子供に教え慣れているので、安心。

高校生のマンツーマン授業

小さい子供だけではありません。
高校生の生徒でも親子留学として対応することが可能とのこと。

グループクラス

続いてグループクラス。
先生と話すだけではなく、子供同士で英語を話す機会として大切な授業ですね。

未就学児を対象としたナーサリークラス

ナーサリークラスとして、未就学児を対象にした授業も設けられています。

インタビュー

親子留学に特化した学校はなかなかありません。
そこで、CEBU ESLの校長であるBruceさんにお話を伺ってみました。

CEBU ESLの韓国人校長

CEBU ESLの韓国人校長であるSHIN Ki hoon(Bruce)さん

CEBU ESLをつくった背景について

韓国では10年前くらいから、親子留学が一般的になっています。
韓国内では、大学入試の競争激化により、英語の必要性が高まっています。基本的に学歴至上主義なので、大学入学は非常に重要な要素なんです。
そういった背景から、幼少期から英語学習をさせる教育文化として、親子留学が増えていきました。

フィリピン留学といえば、大学生をはじめとした20代が中心でした。
しかし、フィリピンでも親子留学を十分に対応できますし、そういった事例がなかったというのが背景です。

親子留学における苦労すること

子供の勉強モチベーションをコントロールするのが大変です。
その日の気分によって、先生や教科書に好き嫌いを変えたりするので、なんとか英語の勉強を楽しんでもらえるよう試行錯誤しています。

他の学校に負けないポイント

親子留学に特化してきたので、運営ノウハウがあることです。
日本でフィリピン留学が一般化する以前の2010年から親子留学に特化してきた実績があります。
また、現地の小学校進学支援を行っているため、語学学校での英語の勉強にとどまらない展開、成長をサポートができることですね。

CEBU ESLの授業と費用

実際の授業や費用についてですが、基本的なコースは下記になります。

マンツーマン(70分×3コマ)、グループ(70分×2コマ)の合計5コマ

このコースで、1ヶ月留学した場合は

保護者様$1,600 + お子様$1,400 = 合計 $3,000

という料金になります。
なお、こちらの料金は寮の宿泊費、3食食費、掃除、洗濯の料金がすべて込みの値段です。

他にいくつか授業コースがありますので、
詳細なコースや費用は下記リンクよりご参照ください。
CEBU ESLの授業と費用について

授業料以外の費用も含めて確認したい場合は、無料お見積りをしてみてください。
CEBU ESLのお見積りをしてみる

親子留学できる学校について

『CEBU ESL』の訪問レポートをお届けしました!
親子留学に特化して運営されているので、親子留学ならではの不安や疑問のサポート経験があるというのは大きなポイントですね。

CEBU ESLのスタッフのみなさん

この度はご案内していただき、ありがとうございました!

学校基本情報

学校名 Interactive CEBU ESL
地域 セブ / フィリピン
設立年度 2010年
規模 80人
オーナー 韓国人

今回紹介した親子留学の語学学校の詳細はこちら
CEBU ESL

CEBU ESL以外にも親子留学を受け入れている語学学校はあります。
その他の学校については、下記リンクに一覧を掲載しましたので、ご覧ください。
フィリピン留学で親子留学できる学校一覧

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Akira Nezu

Akira Nezu

Webディレクター兼エンジニアの仕事をしています。仕事や趣味で海外に行くことが多く、2016年は8カ国ほど行きました。個人でブログ『NEZU.log』(月間約30万PV)では主に海外について書いてます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。