School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

セブ以外に留学中の人でも、セブに旅行してアクティビティを楽しもう!

セブの風景

こんにちは!なまたまごです。

私は現在フィリピンのマニラで語学留学中なのですが、学校の休日を利用してセブ島に小旅行してきました。

セブ島は語学学校も多くフィリピン留学の中心地ですが、一般的には海外リゾート地というイメージが強いですよね!

そこで、私も勉強の合間にリフレッシュすべく3泊4日のセブ島旅行をしてきました。
今回はセブ島までの航空券の入手方法から現地観光情報までまとめてみました。

セブ島観光の参考にどうぞ!!

【PR】

まずは航空券を安く買おう!

セブパシフィック航空

私は語学学校がマニラだったので、マニラからの航空券を取っていきました。安く航空券を取りたいのであれば、セブパシフィックエアアジアをお勧めします。ここでコツがあるのですが、

日本語表示で検索するのではなく、英語表示にするとなんとプロモ販売が実施されていることがあるんです!

そこを狙って航空券を購入しましょう!最初は英語で辛いかもしれませが、これもひとつの勉強だと思って頑張ってみましょう。英語が使えると、人生で入ってくる情報が何百倍にもなるという話を聞いたことがありますが、まさにこれはひとつの例かもしれません。

実際にマニラからセブ島まで片道500から700ペソで取れました(プラス燃料費等)。
破格です。先生も驚いてました笑。

豪華なリゾートホテルに泊まろう!

セブのホテル内プール

ホテルでリラックスしたり、とにかくホテルをエンジョイすることに重きをおきたかったので、私はなかなか高級なホテルを取りました。

プライベートビーチ、レストラン、外に眺めのいい海沿いのバー、プール、ダンスパフォーマンス、ジムなど、施設はかなり豪華で充実していました。

実際にホテル内だけでも十分に楽しめましたし、ホテルから出ない人もけっこういましたね。
セブ島のホテルは良いところは本当に素晴らしいので、是非ケチらず良いホテルに泊まりましょう!

日頃マニラの学校で勉強しているだけでは目にできない、白い砂浜、透き通った海は最高の癒しになりました!

セブのビーチ

宿泊したホテルの目の前にあるビーチ。最高の眺め!

マクタン島を散策してみよう!

セブ島のラプラプ像

国際空港があるセブの玄関口と言われている小さな島が、マクタン島です。セブ島だけでなく、マクタン島の中にもマーケットやカジノがありますので、一通りは楽しむことはできます。マクタン島の中では有名な観光スポットである、ラプラプ像マゼラン記念碑にはとりあえず行ってみてもいいかもしれません。

島内は基本的にジプニーが移動手段になるので、うまく活用するととっても安く移動できますよ。セブのジプニーは、マニラのように行き先が複雑ではないので、比較的利用しやすいと思います。また、マクタン島からセブ島は橋でつながっているので、簡単にアクセスできますよ。

偶然の出会いも旅の醍醐味!

フィリピン人漁師

偶然にもマゼラン記念碑の近くに住んでいる漁師さんと仲良くなり、彼の小さな手漕ぎボートツアー?に参加しました。近くのシュノーケリングスポットに手漕ぎボートで行き、泳いだりシュノーケリングをしたりしました。1時間くらいで1人200ペソでした。結局細かいのがなく2人でチップとして500ペソ払いましたが、十分楽しめたし満足です。

現地のアクティビティは色々と交渉次第でなので、学校で身につけた英語で実践してみましょう。結局その漁師さんと仲良くなり、次のレストランまでその漁師さんが親切に付いてきてくれて、ジプニーの乗り方を教えてくれました!

まとめ

今回は勉強の合間に行った、セブ島旅行について書きました。私のセブ旅行は期間も短く、弾丸でしたが、自分の予算や時間に応じて、自分なりの旅行をアレンジしてみたら面白いと思います。

ダバオやバギオなどセブ以外の地域に留学中の方もフィリピンが誇るリゾートアイランドのセブを是非楽しんでみてはいかかでしょうか?

マリンアクティビティーも充実してますよ。今回紹介できなかったセブの魅力はまだまだたくさんあるので、是非セブに行ってその魅力を感じ取って来てくださいね!

「一カ月15万円から、英語留学ができる!?マンツーマンレッスン中心だから英語初心者でも安心!

常夏の島国フィリピンで、あなたも英語留学に挑戦してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

なまたまご

なまたまご

以前日本で働いていて仕事を辞めフィリピンに留学しております。私の夢であり、誰もが憧れている「英語を話したい!」この目標を達成するために毎日奮闘しております。失ったものもあるけど、それ以上に多くのものを得ています!現地のリアルでディープな話を提供していきます。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。