これだけは絶対外せない!フィリピンのお土産10選

フィリピンのお土産と言えば皆さんは何を思い浮かべますか?
  正直ドライマンゴーくらいしか思い浮かばない人も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事ではこれからフィリピンへ初めて行かれる方のために、押さえておきたいお土産を10つ厳選してみました!是非お土産選びの参考にしてみて下さい。

レート:1ペソ=2.76円 (2015/06/08現在)で計算

お土産(1)ドライマンゴー(Dry Mango)

フィリピンのドライマンゴー

ド定番のお土産。フィリピンと言えば真っ先に思い浮かぶのがこれでしょう。値段も安く安定の美味しさ。 フィリピンへ行ったらとりあえず買っておいて間違いはないはず。オススメは7Dというブランド。市販されているドライマンゴーの中で一番しっとりしていてポピュラー。

値段:普通サイズで60ペソ (165円) 前後 (7Dは若干高め)

LINE留学相談

お土産(2)オタップ (OTAP)

オタップ

セブ発祥のパイ生地の菓子。言うなれば日本の「うなぎパイ」的存在。ドライマンゴーに次いで定番のお土産!サクサクした食感で、甘さも控えめ。なので飽きずに食べられるし、甘いものが嫌いな人にもオススメ!!お値段もお得です。

値段:約40ペソ(110円)

お土産(3)カラマンシージュース (CALAMANSI JUICE)

カラマンシージュース

蜂蜜レモンに非常に近い味の飲みもの。カラマンシーという小さい柑橘が原料。通常10倍ほど薄めて飲みます。大きめなスーパーマーケットに行けばどこにでも売っています。オススメのブランドはCTRUS

値段:約20ペソ(55円)

(PR) 1人で英語学習が続かない人は仲間と一緒に頑張る「Gariben」がオススメ!

英語 gariben

ここまで英語学習についてご紹介してきましたが、勉強する内容はハッキリしていても、毎日英語学習するのはモチベーションが続かないという方がたくさんいます。実際に英語学習者の85%は英語学習の継続に挫折した経験があるそうです。 そんな方におすすめなのが「Gariben」です。 同じ目的と目標を持った仲間と切磋琢磨し、英語学習を継続できるサービスです。現在TOEICコースが提供されています。

本気の仲間との出逢い、グループで目標・進捗共有、TOEIC満点講師の対策講義など

英語 gariben

Garibenは、英語学習を頑張りたい人同士で5~6人のグループをつくり、学習状況をシェアするサービスです。 目安となる学習時間は毎日1.5時間以上。 参加いただいた方は毎日の学習レポートを仲間と共有し、日々の進捗を確認します。継続が難しい英語学習に日々のコミュニケーションを取り入れることによって必然的に学習に向き合う環境が提供されます。 本気の英語学習サービスを調べた経験のある方なら、コーチング式の英語スクールを検討したことがあるかもしれません。しかし、一般的なコーチング式の英語スクールでは3ヶ月で50万円ほどとかなり高額で、諦めた人も多いかと思います。 一方でGaribenは3ヶ月で66,000円という低価格設定です。 Garibenのサービス詳細は下記のページより確認できるので、今回こそは本気で英語学習に取り組みたいという方はぜひご検討ください。 2期生応募〆切は5/13なので興味ある方はお早めに! 「Gariben」公式サイトはこちら

お土産(4)サンミゲル・ライト (San-Miguel-light)

サンミゲル・ライト

フィリピン人のみならず多くの人に愛されているビール。フィリピンはお酒が安いことで有名。おすすめのビールはサンミゲル・ライト。アルコール度数は5%と低く軽い飲み口。値段も安いので良いお土産になること間違い無し!機内持込の規定量には気をつけましょう。

値段:約30ペソ(83円) (バーやレストランで飲むと2倍ほど高くなります)

個人的にフィリピンは美味しいビールが多いと思うので、下記記事もお土産選びの参考にして見てくださいね!

  ↓↓

絶対に飲むべき!フィリピンのオススメビール5選

お土産(5)パパイヤ石鹸 (Papaya Soap)

パパイヤ石鹸

パパイヤ?って思われるかもしれません。しかし侮るなかれ!実はパパイヤには美容に良い酵素が含まれているのです!古い角質を取り除いたり、日焼けの炎症・シミ・そばかす・ニキビ・肌荒れなどを抑制してくれます!これを塗れば美肌美人になること間違いなし!

値段:27ペソ(74円)

お土産(6)ココナッツオイル (COCONUT OIL)

フィリピンのココナッツオイル

あのミランダカーも愛用していると、最近巷で話題のココナッツオイル。日本と比較してフィリピンではかなりお得に購入できます!日本で愛用している方は是非ともフィリピンで買い込んでおきましょう!

値段:250mlで197ペソ(543円)

お土産(7)バナナケチャップ(Banana Ketchup)

フィリピンのバナナケチャップ

バナナ風味というより、通常のトマトケチャップがかなり甘くなった感じで、色も普通に赤いです。日本人には全く馴染みがありませんが、フィリピンでは不可欠な調味料。フィリピン人は甘い味付けを好むんです!

値段:約20ペソ(55円)

お土産(8)チャランポラード (CHAMPORADO)

チャランポラード

お粥状のもち米にホットチョコレートをかけた料理。フィリピンでは伝統料理として多くの人に嗜まれてきました。日本人には馴染みがなく、見た目になかなかインパクトがありますが、一度チャレンジしてみても面白いかもしれません。

値段:約25ペソ(69円)

お土産(9)ポルボロン (Polvoron)

ポルポロン

スペインの影響を強く受け継いだクッキー風なお菓子。実はフィリピンは長い間スペインの支配下にあったんです。見た目は分厚いですが、口の中へ入れるとほわっと溶けるような口触り。フィリピンのいたるところに売っています。オススメは「House of Polvoron」です。小袋に分かれているので大人数に配る際にはベストかもしれないですね!

値段:約57ペソ(157円)

お土産(10)ドリアンキャンディー(DURIAN Candy)

ドリアンキャンディー

あの果物の王様ドリアン味の飴。正直全くメジャーなお土産ではありませんが、個人的に一番気になっているのがこれ。というわけでトップ10入りさせて頂きました。笑 ドリアンの香りをどれほど再現できているのか気になるところですね。。次回フィリピンへ行く機会があれば是非試してみたいと思います!食べたことある人曰く、「めっちゃくさい」らしいです。

値段:約30ペソ(82円)

おまけ

いかがでしたか?

フィリピンのお土産って探すと色々あるんですよね。お土産選びは現地での楽しみのひとつ。

本記事で紹介したもの以外にも、フィリピンには面白いお土産がまだたくさんあるので、ご自身でも探してみてください。

またフィリピンの中でも特に人気のセブ島でのお土産は、以下で詳しく紹介しているので気になる方は参考にしてみてください。
必見!セブ島に行ったらチェックしたいお土産11選!〜カテゴリ別に紹介〜

LINE留学相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

三上 泰徳

三上 泰徳

School With ディレクター/編集者。神奈川出身。フィリピン・ダバオに語学留学後、1年間の世界一周で30カ国以上を旅する。お気に入りの国はモロッコとラオス。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。