【お知らせ】2月~3月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

ビクトリア観光といったらここ!現地で楽しめるおすすめスポット8選

観光

ビクトリアでは、インナー・ハーバーをはじめ多くの抑えておきたい観光スポットがあります。

今回はそんなビクトリアでも特におすすめの観光スポット8カ所を厳選してご紹介したいと思います。

観光スポット(1)インナー・ハーバー

ビクトリア 観光 インナー・ハーバー

ビクトリアのダウンタウンにあるインナーハーバーは遊歩道が整備されており、ビクトリアの街並みを楽しむのにとてもいいエリアです。ハーバー周りには州議事堂やフェアモント・エンプレスホテル、お土産屋、クラフトショップ、屋台、観光案内所があります。

水面に浮かぶ街並みを堪能!

ビクトリア 観光 インナー・ハーバー

遊歩道沿いにはカラフルな花々がバンキングバスケットから溢れており、水辺の美しい景色を楽しむことができます。また夕暮時にはオレンジ色の夕日に照らされた州議事堂やホテルの景色を楽しむことができます。

名称 Inner Harbor(インナー・ハーバー)
料金 無料
営業時間 -
電話番号 ビクトリア観光センター:(+1)800-663-3883
住所 Inner Harbor, Victoria
公式サイト https://www.tourismvictoria.com/

観光スポット(2)州議事堂

ビクトリア 観光 州議事堂

州の資材を使って1989年に完成し州議事堂は、ビクトリアのシンボルとも言えます。ビクトリアの建築家、フランシス・ラッテンベリーによって設計され、5年の歳月をかけて建てられました。

州議事堂前にはイギリスビクトリア女王の像が立ち、青銅ドームの上にはバンクーバー島を島であることを発見したジョージ・バンクーバーの像が立てられています。また正面玄関には銅のドームや館内の羽目板に使用されている広葉樹は州の天然資源の豊富さを示しています。ロマネスク様式の外観はヨーロッパの宮殿のようにも見えます。

名称 the Parliament Buildings(州議事堂)
料金 入場料:無料
営業時間 月〜金曜 8:30-17:00
土・日曜 定休日
電話番号 州議事堂ツアー事務所:(+1) 250-387-3046
住所 501 Belleville St, Victoria, BC V8V 2L8 カナダ
公式サイト https://www.leg.bc.ca/

観光スポット(3)ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館

ビクトリア 観光 ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館

photo by: Wikipedia

ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館は州議事堂に隣接されており、ブリティッシュコロンビア州の自然、文化、歴史を紹介する展示がされています。館内は3つのフロアに分かれています。

ビクトリア 観光 ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館

photo by:RoyalBCMuseum

1階には受付やミュージアムショップ、カフェがあり、2階と3階が展示場となります。2階のテーマはブリティッシュコロンビアの自然。氷河期から現在までの気候の変化やビクトリア周辺の森と海の立体模型が展示されています。

3階にはブリティッシュコロンビア州の先住民族に関する展示です。生活様式や部族の違いなどを模型を用いて分かりやすく説明しています。先住民族の次には100年前のビクトリアの街並みも再現されており、当時の生活の様子を知ることができます。また農場、缶詰工場、金鉱山、製材所なども再現されています。

名称 Royal BC Museum(ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館)
料金 大人(19歳以上) 17C$
高齢者(65歳以上) 11C$
学生(6〜18歳、19歳以上<要学生証>) 11C$
営業時間 月〜日曜 10:00〜17:00
電話番号 (+1)250-356-7226
住所 675 Belleville St, Victoria, BC V8W 9W2 カナダ
公式サイト https://royalbcmuseum.bc.ca/

観光スポット(4)ビーコンヒル・パーク

ビクトリア 観光 ビーコンヒル・パーク

ダウンタウンの南、アメリカとの国境である海峡を望む大きな公園で市民の憩いの場所として使われています。緩やかな丘になった公園内では、トーテムポールやローズ・ガーデン、100年の歴史を持つクリケットコート、ロバ・子ヤギなどの動物と触れ合えるビーコン・ヒル子ども農場や展望台があります。

ビクトリア 観光 ビーコンヒル・パーク

春先には10万株以上のスイセンが咲き誇り、バラを中心としたオフィスあるガーデンやシャクナゲが咲く小道もあります。

またカナダの西から東までを横断する7,800kmのトランス・カナダ・ハイウェイの始点マイルゼロ(Mile Zero)の標識もあります。

名称 Beacon Hill Park(ビーコンヒル・パーク)
料金 入場料:無料
営業時間 -
電話番号 (+1)250-385-5711
住所 100 Cook St, Victoria, BC, カナダ
公式サイト https://www.victoria.ca/EN/main/residents/parks/beacon-hill.html

観光スポット(5)ブッチャートガーデン

ビクトリア 観光 ブッチャートガーデン

ビクトリアを代表する観光地で1年を通じてさまざまな花が楽しめる約22ヘクタールある広大な庭園です。ビクトリアのダウンタウンから北へ21km離れたところにありバスで行くことができます。

かつて石灰岩の採石場であり、その荒れ果てた姿に心を痛めたブッチャート夫人が整備をしたのが庭園の始まりです。庭園は大きく5つのエリアに分かれており、サンクンガーデン、ローズガーデン、日本庭園、イタリアン・ガーデン、地中海庭園と分かれています。

ビクトリア 観光 ブッチャートガーデン

photo by:The Butchart Gardens

庭園をすべて見て回るには少なくとも1時間半から2時間は予定しておくといいでしょう。また入口付近に併設されているギフトショップでは、花を使ったエッセンスオイル、石鹸、フラワーモチーフ、マグカップ、花の種など、お花好きにはたまらない商品が並んでいます。

またThe Dining Room Restaurantでは、庭園を見ながら人気のフラワーランチやアフタヌーンティーが楽しめます。

名称 The Butchart Gardens(ブッチャートガーデン)
料金 大人(18歳以上) 25.10 C$
若者(12〜17歳) 12.55C$
子ども(5〜12歳) 2C$
営業時間 6〜8月 8:45〜22:00
営業時間は月ごとに異なります。他の月の営業時間を知りたい方は公式内営業時間を参照ください。
電話番号 (+1)250-652-4422
住所 800 Benvenuto Ave, Brentwood Bay, BC V8M 1J8 カナダ
公式サイト https://www.butchartgardens.com/

観光スポット(6)エミリーカーの生家

ビクトリア 観光 エミリーカーの生家

photo by: Emily Carr House

カナダを代表する画家であり作家でもあるエミリー・カーの生家。イギリスから移住してきたエミリーの両親いよって1863年に建てられた家です。

ビクトリア 観光 エミリーカーの生家

photo by: Emily Carr House

エミリー・カーの作品にはカナダの自然や先住民族文化を貴重としたスピリチュアルなイメージの作品が多く、原生林やトーテムポールを好んで描きました。

邸内の階段を昇って上の階に行くと彼女が生まれたベッドを見ることができ、ダイニング、アトリエも当時のままになっています。またギャラリーやギフトショップ、読書室もあり、エミリー・カーの作品が至るところに飾られています。

名称 Emily Carr House(エミリーカーの生家)
料金 施設の修繕状況によって異なります。
営業時間 季節によって異なります。詳しい営業時間を確認する際は施設に直接お問い合わせください。
電話番号 (+1)250-383-5843
住所 207 Government St, Victoria, BC V8V 2K8 カナダ
公式サイト https://www.emilycarr.com/

観光スポット(7)バスチョン・スクエア

ビクトリア 観光 バスチョン・スクエア

photo by: Bastion Square

バスチョン・スクエアは1840年代にジェームス・ダグラスによりビクトリア砦が築かれた場所で、ビクトリア発祥の地と言えます。1858年からはいろいろな店や酒場ができ、ここを中心にビクトリアの町が広がっていったといわれ、昔ながらの石畳が敷き詰められた通りにはギャラリーやレストランが並ぶおしゃれな一角となっています。

ビクトリア 観光 バスチョン・スクエア

photo by: Bastion Square

100年以上の歴史を誇る店もあり、4月15日〜10月1日までは週末のパブリックマーケットがオープンし、ストリートミュージシャンも集まって観光客でにぎわいます。マーケットの入り口はガバメントストリートのバスチョン・スクエアのアーケードが目印です。

名称 Bastion Square(バスチョン・スクエア)
料金 入場料:無料
営業時間 店舗により異なります。
電話番号 -
住所 Bastion Square, Victoria, BC, カナダ
公式サイト -

観光スポット(8)マーケットスクエア

ビクトリア 観光 マーケットスクエア

photo by: マーケットスクエア

19世紀末期、ビクトリアがゴールドラッシュに沸く頃、ホテルや酒場が軒を連ねてにぎわった一角が1970年に再開発されて新たにショッピングモールとして生まれ変わりました。約30軒の店舗が入っており、休日のイベントも行われています。

ビクトリア 観光 マーケットスクエア

photo by: マーケットスクエア

中心部は吹き抜けの公園になっており、モールとして使われている建物はすべてレンガ造りとなっています。

名称 Market Square(マーケットスクエア)
料金 -
営業時間 店舗により異なります。
電話番号 (+1)250-386-2441
住所 560 Johnson St, Victoria, BC V8W 3C6 カナダ
公式サイト https://www.marketsquare.ca/

アクティビティを楽しむなら

ビクトリアで体を使って観光を楽しみたいなら、観劇やカヤック体験などがおすすめです。

他にもビクトリアでは数々のアクティビティを楽しむことができるので、気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。
ビクトリアでできるアクティビティはコレ!人気の観光地からおすすめの穴場まで10選をご紹介

ビクトリア留学の詳細はこちら

ビクトリア留学ガイド

ビクトリアへ渡航する前に知っておきたい両替情報

ビクトリアの交通事情

ビクトリアの地区・周辺エリア情報

ビクトリア留学の特徴とメリット・デメリット

ビクトリアの空港情報と市内へのアクセス方法

ビクトリアの現地生活情報

ビクトリアのおすすめ観光スポット情報

ビクトリアの天気・気候と服装

ビクトリア留学の失敗事例と後悔しないためのポイント

ビクトリア留学の休日の過ごし方

ビクトリアでできるアクティビティ情報

ビクトリアの治安情報

お申込みの徹底留学サポート!

お申込みから実際に留学に行くまでの手続きを専門の留学コーディネーターが徹底サポートいたします!

手数料無料で留学!

School Withならお申込み、お見積りの際の留学サポート手数料や代理店手数料が全て無料です!

留学についてお困りですか?
留学コーディネーターへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

会員登録をして相談しよう メールで留学相談する
留学の基本知識が知りたい方は
会員登録をして相談しよう 留学説明会(@東京)に参加する
1

英語力アップ応援プレゼント

オンライン英会話業界最大手レアジョブの初月1円クーポンをプレゼント

2

クレジットカードで決済可能

School Withなら留学費用をクレジットカードでお支払い頂けます。

3

安心の学校倒産保証(フィリピンのみ)

学校が万が一倒産した場合も、残りの留学期間を代替校で継続して授業が受けられるよう保証いたします。

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。