中学生はアメリカに留学できる?日本との教育制度の違いを知って、最適な留学方法を考えよう!

アメリカ中学生

長年世界のトップとして地球上の国々をリードしてきたアメリカ。経済や文化などにおいて、多くの国々へ多大な影響を及ぼす超大国です。英語圏の代表とも言えるアメリカは、留学先として世界中から人気を誇っています。

そんなアメリカへ中学生の子どもを留学させてみたいと考えている人は、日本でも少なくありません。とはいえ、費用やレベルが高い印象があり、自分の子どもにも留学ができるのかや、教育制度がどうなっているのかなど不安に感じる要素も多いはず。

本記事では、アメリカへの中学生留学を検討している人に向けて、アメリカの教育制度や留学方法などを徹底解説します。ぜひ参考にしてみてください。

アメリカはどんな国?

自由の女神

人種のサラダボウルとも言われる多民族国家のアメリカ。世界中からの移民が集まっている特徴柄、多様な文化や人種、考え方を尊重する国民性があります。日本のように空気を読むことを美徳とはせず、自分の意見や考え、権利などをしっかりと主張する人がほとんどです。

アメリカには正式に公用語として定められている言語はないものの、9割以上の人が英語を話すと言われています。移民国家であるため、街を歩けばさまざまな言語での会話が聞こえてくることもありますが、基本的にどこでも英語が通じる国です。

広大な土地を持つアメリカは、気候も地域によって大きく異なります。大きくわけて東部は温暖、北東部から中西部は冷帯、南部は亜熱帯、中西部は冷涼です。地域によってマイナス20度近くまで寒くなるような場所もあれば、一年中暑さが続く地域もあります。

アメリカの教育制度や日本との違い

アメリカの学校

アメリカの教育制度は、日本とはさまざまな点で異なります。以下で解説するので、チェックしてみてください。

学年はグレード(K)で分けられる

アメリカでは、学年をグレードで分けており、そのグレードのことをKと呼びます。一般的には、グレード1〜5は小学校、6〜8が中学校、9〜12が高校です。1〜8までがプライマリーエデュケーションで、9〜12までをセカンダリーエデュケーションと呼びます。

また、グレード12までの期間が義務教育にあたるため、義務教育をK-12と略称するのも特徴です。

学期の区分、時期

4月が学期の始まりである日本とは違い、アメリカの学期は9月から始まります。

9月〜12月半ばまでをFall semester(秋学期)、12月半ば〜1月半ばまでがWinter Vacation(冬休み)、1月半ば〜6月初旬までがSpring Semester(春学期)、そして6月初旬〜8月いっぱいまでがSummer Vacation(夏休み)と分けられています。

日本の春休みのようなものはありませんが、その分夏休みが長めに取られているのが特徴です。

留学生用の英語学習クラスESL

留学生の受け入れが多いアメリカでは、留学生が英語を集中して学ぶためのESLコースというものを用意している学校がたくさんあります。ESLとは、English as a Second Languageの略で、英語を第二言語として学ぶ人のために用意されたコースのことです。

英語力や学力に自信がない場合には、ESLコースへの入学から留学をスタートさせる人が多くいます。とくに大学や高校への正規留学の場合は、要件が高く日本からの志願だと条件に満たないことが多いため、ESLを経由することで入学条件を緩和させることが可能なケースも少なくありません。

アメリカに中学生が留学できる方法

アメリカ留学

ここからは、アメリカに中学生が留学する方法について解説します。

正規留学

ひとつ目の方法は、正規留学です。現地の学生と全く同じ条件で同じように学校へ通い、そのまま学校を卒業します。必要とされる学力や英語力のレベルは高い傾向にあり、費用もかなり必要になるのが特徴です。

学校によっては英語力が多少不足していても、ESLコースで補えるようなプログラムを用意してくれているところもあります。また、私費留学扱いとなるため、基本的には私立の中学校へ通うことになります。

ボーディングスクール

ボーディングスクールとは、全寮制の学校のことを指します。寮でほかの生徒や先生たちと毎日生活をともにするため、英語力に加えて自律心も磨くことが可能です。

アメリカのボーディングスクールの多くが、アメリカ国内屈指の名門高校へ進学するために高い教育水準を提供しているため、アメリカで高校に通いたいと考えている人は挑戦してみる価値があります。

入学するためには、学校によって定められた英語力や学力の提出が必要です。全寮制であることから、費用は高くなる点には注意してください。

語学留学

中学生年齢の受け入れを許可している語学学校へ留学する方法もあります。まだ現地の中学校で現地の学生と同じように授業を受ける自信がない、という場合には、英語を磨くことに専念する留学として語学学校への入学を選択するのもおすすめです。

アメリカには留学生向けの語学学校が多数あり、学校によってさまざまなプログラムを提供しています。英語に全く自信のない超初心者向けのコースもあるので、まずは英語力をつけるのが目的だという場合には語学学校がおすすめです。

ホームステイ

現地の家族と一緒に暮らすホームステイも選択肢のひとつです。ホストファミリーと生活をともにし、一緒に食事を作ったりホームパーティをしたり、近所の人たちと交流したりと、現地のリアルな生活が体感できます。

仮に語学学校と併せてホームステイもする場合、家に帰ってもずっと英語漬けの生活ができるため、英語力の向上にもおすすめです。

現地の文化にどっぷりつかりつつ、英語力も磨きたいという場合にはぴったりな方法と言えます。

ジュニアキャンプ

ジュニアキャンプとは、アクティビティの体験を通して語学を学ぶ滞在方法です。サマーキャンプやウィンターキャンプ、ジュニアプログラムなどと呼ばれることもあります。

内容はプログラムによってさまざまですが、楽しむことがメインの留学方法なので、初めての海外生活は不安、ちゃんとした授業形式にはついていけるか不安、という人にぴったりな留学方法です。

夏休みや冬休みなど、まとまった休みが取れるタイミングで参加できるため、参加ハードルが低いのもうれしいポイントと言えます。

正規留学をするメリットとデメリット

アメリカの留学生

次に、アメリカでの正規留学のメリットとデメリットについて解説します。

メリット:アメリカ人としての学生生活を送れる

正規留学では、現地のアメリカ人学生と同じように学校生活を送ることができます。

例えば語学学校への留学だと、語学を学びに来ているほかの留学生たちと一緒に語学学校へ通うだけになってしまいますが、正規留学だと現地のアメリカ人と全く同じように学校生活を送ることになるため、よりアメリカの生活をリアルに体感することが可能です。

短期の限定的な留学では体験できないような現地の生活スタイルや文化、そして人間関係の作り方なども肌で実感できます。「留学生」というよりは、「同級生」として周りからも認識されるため、アメリカ人と同じように生活できるのが魅力です。

デメリット:留学にかかる負担は増える

正規留学は、何よりも負担が大きいのがデメリットです。入学の申し込みやビザの申請など準備に要する期間も長い上、現地での授業についていけるようしっかりと勉強をしておく必要もあります。

また、何より費用がかなりかかる点にも注意が必要です。学校によって必要な費用は異なりますが、学費、滞在費、生活費やビザ費など、卒業するまで長い期間にわたって高額な費用が必要です。

アメリカの中学校へ留学する場合の費用目安

留学費用

以下では、参考としてアメリカのボーディングスクールへ中学留学をした場合の1年間の費用を紹介します。

なお、記事内ではアメリカドルをUSDと表記し、為替レートには2022年4月20日時点での情報を参照、1USD=130円で計算しています。

以下表の費用を合計すると、最大で862.1万円ほどかかります。もちろん学校によってプログラム費が大きく異なることはありますが、それでも高額な費用が必要です。

プログラム費(授業料・寮費・食費含む) 約458〜777万円
航空券購入費 約10〜20万円
海外旅行保険加入費 約25〜30万円
ビザ申請費 約6.6万円(SEVIS費を含む)
通信費 約1.5万〜4.5万円
交通費 約6〜12万円
娯楽費 約6万円
雑費 約6万円
総額 約519.1〜862.1万円

中学生のアメリカ留学は短期がおすすめ

アメリカでのアクティビティ

ここまで解説したとおり、中学生が初めて留学する場合には、正規留学をはじめとした長期の留学は負担が大きくなる懸念があります。まずは、短期留学から挑戦してみるのがおすすめです。

以下で短期留学のメリットを解説するので、参考にしてみてください。

ポイント1. 手間をかけずアメリカでの留学生活を経験できる

長期間留学する正規留学などに比べて、短期留学であれば事前の準備が楽になります。90日未満の滞在であれば学生ビザの取得も不要で、簡単にオンライン上で取得できるESTAのみで問題ありません。

また、費用も長期的に行くことに比べてかなりおさえることができます。短期留学のプログラムにはアクティビティが豊富に体験できるものも多く、気軽に旅行気分で挑戦できるのも魅力です。

初めての留学は不安だと子どもが後ろ向きになっている場合も、短期留学であれば保護者が一緒に参加しやすいため参加のハードルが下がります。まずは子どもに海外へ興味を持ってもらい、海外で生活してみたい、もっと長く留学したいと思ってもらうきっかけとしてぴったりなプランです。

ポイント2. 日本での生活を維持しながら留学を経験できる

短期留学であれば、現地の学校が長期休暇に入ったタイミングで参加することも可能なので、日本での生活を維持しつつ留学に挑戦してみたい場合でも支障が出ません。

また、保護者が付き添いたい場合にも、短期留学であれば一緒に行きやすくなるのもポイントです。1〜2週間であれば、仮に仕事をしている保護者でも、有給休暇や連休とあわせて一緒に渡航できる範囲と言えます。

ポイント3. 生活が合わなかった時のリスクが少ない

いきなり正規留学をしてしまうと、現地での生活が合わずストレスを抱えても、なかなか簡単に退学して帰国するという選択は取りづらいもの。短期留学であれば、万が一現地の生活が合わなくても短い期間で帰国することができます。

とくに留学が初めてという場合には、中学生という年齢から考えても、いきなりひとりで長期滞在するのはかなりのストレスになることがほとんど。

まずは海外を好きになることや、現地で学ぶことに興味を持ち、現地での生活がどんなものなのか体感して慣れる準備期間として、短期留学を選んでみるのがおすすめです。

中学生が1ヶ月のアメリカ短期留学をしたときの費用相場

留学 お金

最後に、参考としてアメリカで中学生が1ヶ月間ジュニアプログラムに参加した場合の費用について紹介します。

あくまでも目安ですが、下記表の項目をすべて合計すると、だいたい81万円〜95万円程度になるため、100万円あれば安心できる額と言えるでしょう。

航空券は、行く地域や時期によって大きく異なります。場合によって10万円近くも変わることがあるため、費用をおさえたい場合はLCCを利用したり、ピークシーズンを避けるなどの工夫が必要です。

参加費 約60万円
航空券購入費 約10〜20万円
海外旅行保険加入費 約1〜2万円
ビザ申請費 約6.6万円(SEVIS費を含む)
食費 約2〜3万円
通信費 約3,000〜5,000円
交通費 約5,000〜1万円
娯楽費 約5,000円
雑費 約5,000円
総額 約81.4〜94.1万円

まとめ

本記事では、中学生がアメリカへ留学する際の方法や費用、メリットなどを紹介しました。世界のトップに君臨するアメリカへの留学は、とても貴重な経験になるはずです。いきなりの長期留学は子どもの負担になることが多いため、できれば短期留学からまずは始めてみてください。

短期留学であれば、子どもの負担も減る上に、海外を好きになるきっかけや、海外で勉強したいと思うきっかけづくりとして最適です。アメリカへの中学留学を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

なお、アメリカでの語学留学について相談したいという場合には、留学エージェント「スクールウィズ」の留学カウンセラーがお話を伺います。都市や時期、学校など、あなたに合う留学を一緒に考えたいと思いますので、ぜひお気軽にご相談ください。
LINE登録して留学相談する

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

YF

YF

コンテンツディレクターとして多岐にわたるメディアのSEO記事制作に従事。カナダへの留学やマレーシア、オーストラリアでのホームステイ経験をもとに留学系コンテンツの制作も幅広く実施しています。前職では医療機器を各国へ販売する海外営業職にも従事していました。海外旅行が大好きで、これまで15ヶ国以上を旅してきました。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE友達追加で
相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。