マルタの大学ランキング!日本の大学との違いや合格する方法も解説

マルタ 大学

「マルタにはどんな大学があるんだろう?」「入学に必要な学力レベルはどれくらい?」など、マルタ留学が気になってませんか?

地中海に浮かぶマルタの代表的な大学は「マルタ大学」と「マルタ芸術科学技術大学」の2つ。数こそ少ないですが、どちらも実践力重視で、レベルの高い教育を受けられます。

特にアート系の分野が発展しており、製品や空間の「デザイン」や、自己表現を目的とする「ファインアート」、音楽・演劇・ダンスなどの「パフォーミングアート」を専攻したい人におすすめです。

今回は、マルタの大学の特徴や日本の大学との違い、受験方法、必要な英語レベルなどについて紹介します。マルタへの大学留学を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※費用はすべて1ユーロ(EUR)=130円で計算しています。

マルタにある代表的な大学

図書館

マルタで正規留学できる大学は、以下の2つが代表的です。

・マルタ大学
・マルタ芸術科学技術大学

マルタ大学(The University of Malta)

マルタ大学は、1769年に設立された国立大学です。メインキャンパスは、マルタ中央地域の港町であるイムシーダに位置し、首都バレッタやゴゾ島にもキャンパスがあります。

マルタ大学はマルタ唯一の総合大学です。学部は文系から理系まで多岐にわたります。特に薬学・医学部が有名です。

2021年9月時点のマルタ大学公式サイトの情報によると、マルタ大学に通う学生数は約11,500人。そのうち約1,000人が世界92カ国から集まる留学生と、国際色豊かな大学です。

QS Quacquarelli Symonds社が発表した2022年の世界大学ランキングでは、801〜1000位にランクイン。日本の大学と比較すると、国際基督教大学(ICU)・東京理科大学・横浜国立大学などと同じカテゴリに入っており、世界的に見ても優秀な大学です。

大学形態 国立大学
設立 1769年
キャンパス イムシーダ・ヴァレッタ・ゴゾ島・マルサシュロック
主な学部 ・芸術学部
・構築環境学部
・歯学部
・経営・会計学部
・教育学部
・工学部
・情報・コミュニケーションテクノロジー学部
・法学部
・医学・薬学部
・科学学部
・社会学部
・神学部
・地球環境学部
・ヨーロッパ研究
・言語学部
・スポーツ・体育学部
・観光・文化学部
・労働学部
・パフォーミングアーツ学部
学費(年間授業料) ・€8,500〜10,800(約110万円〜140万円):医学系以外
・€26,000(約338万円):医学部

【出典】Facts and figures|L-Università ta' Malta

【出典】QS World University Rankings 2022

マルタ芸術科学技術大学(Malta College of Arts, Science and Technology)

マルタ芸術科学技術大学は、2001年設立の公立大学です。キャンパスは、マルタ島とゴゾ島に分かれています。

国の主要な職業教育訓練機関と位置付けられており、185以上の学士課程を提供。知識だけでなく、スキルや能力を身につけられます。

特にアート関連に強く、ゲームアート・グラフィックデザイン・写真・パフォーミングアーツなどを学びたい学生におすすめです。

大学形態 公立大学
設立 2001年
キャンパス マルタ島・ゴゾ島
主な学部 ・応用化学部
・芸術学部
・経営・商学部
学費(年間授業料) ・€5,500(約71万円):経営学系
・€6,500(約84万円):経営学系以外

【出典】Malta College of Arts, Science and Technology

マルタにある大学の特徴

ダンスする女性

マルタの大学には、次のような特徴があります。

・アジアからの留学生は少ない
・アート系の分野が発展している
・専攻以外の授業も受けられる

特徴1.アジアからの留学生は少ない

マルタの大学には、主にヨーロッパ圏内から学生が集まります。また、中南米からの留学生も多いのが特徴です。

一方、日本・韓国・中国などのアジアからの留学生は少ない傾向があります。

マルタの語学学校に通う日本人は多いものの、大学留学で人気の高い欧米諸国と比べると、大学ではアジア人は少数派。逆を言えば、他国の留学では出会えないような国の学生と、一緒に学べるチャンスはマルタならではの環境といえるでしょう。

特徴2.アート系の分野が発展している

マルタの大学は、ご紹介した2校ともアート関連の授業が充実しています。

アートといっても学べる範囲は幅広く、自己表現を目的とする「ファインアート」から製品や空間の「デザイン」、プログラミングなどを学ぶ「デジタルアート」などさまざま。

その中でも「パフォーミングアート」は、マルタで特に進んでいるアート分野です。音楽・演劇・ダンス・朗読など、自分自身が作品となる芸術を学びたい人にとって、充実した環境が整っています。

日本と比較しても、これほど広く深くアートを学べる大学は珍しいでしょう。舞台で活躍したい人や、知識よりも自分を表現する力を身につけたい人におすすめです。

特徴3.専攻以外の授業も受けられる

マルタの大学は、Degree Plusという授業があり、専攻以外の授業も受けられます。クラスによっては追加料金が必要ですが、単位には含まれない授業に参加できるシステムです。

例えば、芸術学部を専攻していても、スポーツ学部や情報学部など、他の分野の授業に出ることが可能です。

留学生の多くがDegree Plusを履修するため、新しい友達を作るきっかけにもなります。特にマルタ大学では、幅広い分野の授業があるため、留学中に知見を広げたい人にとってはうれしい特徴ですね。

マルタの大学の受験方法

勉強する学生

マルタは日本と教育制度が異なり、大学入学前の就学年数が13年ないと大学に進学できません。

【マルタの教育制度】
小学校(初等教育):5~11歳(6年)
中学校(中等教育):11~16歳(5年)
後期中等教育(高等教育):16~18歳(2年)
大学:1~3年

高校卒業後すぐにマルタ大学に正規留学したい場合は、学部課程の前に1年間のファウンデーションコースを修了する必要があります。

ここからは、マルタに正規留学するための入試方法と必要な学力について、マルタ大学の情報を中心に紹介します。

入試

海外の入試制度は、日本のような入学試験はなく、書類審査のみで合格が決まる大学が多いです。マルタの大学も例に漏れず、英語力とGPA(最終学歴の評定平均値)をもとに審査されます。

出願の際、審査に必要な以下の書類を提出します。

【出願に必要な書類】
・願書(Web出願)
・高校の卒業証明書
・高校の成績証明書
・英語力の証明書(IELTS・TOEFLなど)
・身分証明書(パスポート)

大学や学部によっては別の書類が必要な場合もあるので、ご確認ください。

学力

マルタの大学に合格するためには、学力レベルというより、高校の通知表の評価が重要です。

先ほど、入試は英語力とGPAによって審査されると述べましたが、GPA(0〜4)は高校の成績から換算されます。今高校生の人は、なるべくいい評価がもらえるよう、日々の課題やテストに取り組みましょう。

また、マルタ大学への入学に必要なIELTSとTOEFLのスコアは以下の通りです。

【IELTS】
・ファウンデーションコース(基礎課程)
 合計 5.5(ライティング 5.0、リーディング 5.0)

・学部課程
 合計 6.0(ライティング 6.0、リーディング 5.5、リスニング 5.5、スピーキング 5.5)

【TOEFL iBT】
・ファウンデーションコース(基礎課程)
 合計 61(ライティング 17)

・学部課程
 合計 80(ライティング 20)

入学に必要な学力レベルはそこまで高くありませんが、留学を遂行するための英語力は、かなりのレベルが求められます。

【出典】English language requirements|L-Università ta' Malta

マルタの大学に進学するには?

勉強する学生

上記で紹介したように、マルタの大学に進学するためには、英語力を証明するためのスコアが必要です。また入学後は、現地の学生と一緒にすべて英語で学習を進めなくてはなりません。

もし現在の英語力が足りない場合は、語学学校で英語を習得しておくことをおすすめします。

マルタの大学は3年制です。大学進学前の1年間をギャップイヤーとし、英語力を鍛えるために使うのもよいでしょう。

英語を学ぶ方法はいろいろとありますが、マルタには質の高い英語教育が受けられる語学学校があります。マルタの大学に進学する前に、英語を伸ばしながら、現地での生活に慣れておくのがおすすめです。

マルタでおすすめの語学学校

マルタにはいくつかの語学学校がありますが、中でも人気が高い「ECマルタ」と「シュプラッハランゲージマルタ」を紹介します。

なお、紹介する学校の特徴は2020年12月時点での情報を元に紹介しております。提供内容が変更されている恐れもありますので、最新情報を知りたい場合には学校、あるいはスクールウィズまでご連絡ください。

おすすめ1.ECマルタ

勉強する学生

ECマルタは、イギリス・アメリカ・カナダにも展開する大型グループの本校。品質管理の国際規格であるISO9001を取得し、世界水準の英語教育が受けられる語学学校です。

【ECマルタの特徴】
・参加型の授業がメインで、4技能(聞く力・読む力・書く力・話す力)をまんべんなく強化できる
・放課後のアクティビティが充実している
・400~500名程度の大規模校で活気ある雰囲気
・申込後すぐに利用できるオンライン学習ツールがある
・マルタ大学主催のギャップイヤープログラムへ参加できる
・マルタ大学への進学サポートを行なっている

「自分の目的に合う細かいコース設定をしたい」「スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングをバランスよく伸ばしたい」という人におすすめです。

ECマルタの詳細情報はこちら

おすすめ2.シュプラッハランゲージマルタ

勉強する学生

シュプラッハランゲージマルタは、35年以上の歴史と実績があり、世界11カ国30都市で語学学校を展開する大規模グループです。

【シュプラッハランゲージマルタの特徴】
・生徒の平均人数は200人前後の中規模校
・敷地内に屋外プール・レストラン・カフェ・バーなどが充実
・滞在先のアパートは学校の敷地内にあり、通学が楽
・1クラスの最大人数が10名(平均6〜8名)の少人数制クラスを採用
・大学進学準備コースがある

「少人数クラスで効率的に会話力を鍛えたい」「費用をなるべく安く抑えたい」という人におすすめです。

シュプラッハランゲージマルタの詳細情報はこちら

まとめ

今回は、マルタの大学について解説しました。

マルタの代表的な大学は、以下の2校です。
・マルタ大学
・マルタ芸術科学技術大学

また、マルタの大学の特徴として、次の3つを紹介しました。

・アジアからの留学生は少ない
・アート系の分野が発展している
・専攻以外の授業も受けられる

マルタの大学に正規留学するには、高校から直接ファウンデーションコースに進む方法と、英語力を鍛えて3年制の学部課程に入学する方法があります。

どちらの方法でも、高い英語力は必須です。事前に語学留学などを通して、英語学習に力を入れておくと合格しやすくなりますよ。

大学でアート分野を専攻したい人や、マルタの大学に進学したい人は、行きたい大学や学部、今後のプランを考えてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

yuki

yuki

広告代理店での企画営業を退職後、カナダ留学・ワーホリ、フランスワーホリを経験。15カ国・40都市の渡航経験があります。現在は、田舎で野菜を育てながら、半農半フリーランスのWebライターとして活動中です。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE友達追加で
相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。