フィリピン留学は一人部屋か相部屋かどちらにすべき?メリット・デメリットも紹介

フィリピン 留学 部屋

「フィリピン留学すると決めたけど、寮の部屋をどうするか迷う。」
「フィリピンの学生寮にはどんな部屋があるんだろう。」

と、フィリピン留学での部屋を決めるのに悩んでいませんか?

フィリピン留学はほとんどの学校で寮生活となります。初めて会った人たちとの共同生活なのでうまくいくだろうかと、最初は不安に感じる人が多いです。

寮生活は「相部屋(ドミトリー)」を選ぶか、「一人部屋」を選ぶかによって大きく変わります。留学生活を楽しくするにはそれぞれのメリットとデメリットを知って、自分に合った部屋を選ぶことが欠かせません。

そこで今回は、フィリピン留学における部屋の種類、1人部屋と相部屋それぞれのメリット・デメリットについて紹介します。

最後に一人部屋と相部屋それぞれに向いている人の特徴も紹介しますので、参考にしてみてください。

フィリピン留学での寮生活における部屋の種類

フィリピン 留学 部屋

フィリピン留学では学校の敷地内や学校の近くにある寮で生活することが多いです。

寮の部屋は、主に一人部屋か相部屋の2つ。部屋の種類は新築のマンションのようなきれいな寮なのか、一般的な学生向けの古い寮なのか、学校によって雰囲気が変わってきます。

一人部屋と相部屋、それぞれの特徴を見ていきましょう。

一人部屋

一人部屋の特徴はトイレ、シャワーや学習机など個室にそなえつけられていることが多く、キッチンや冷蔵庫は共用のものを利用します。一部の寮では、部屋についている所もあります。

一人部屋のポイントは「プライバシーが保てること」。

一人部屋は相部屋よりも数が少ない学校も多いため、早めに決断して時間に余裕を持って申し込みましょう。

相部屋

相部屋は他の留学生と同じ部屋で生活するタイプで、トイレとシャワーが部屋についていることが多いです。

相部屋の人数は2人〜6人と、滞在する寮によって変わります。通常は二段ベッドなどを使用しますが、3人部屋だとベッドが横に並んでいる状態で、学習机がある場合も多いですよ。

相部屋は人数が多ければ多いほど、そのぶん費用が安くなります。

フィリピン留学の詳細はこちら

LINE留学相談

フィリピン留学で一人部屋を選ぶメリット

フィリピン 留学 部屋

学生よりも社会人の方が「一人部屋の方がいいんじゃないかな」と考える人が多いです。

ここでは、一人部屋のメリットを紹介しますね。

メリット(1)プライベートな空間がある

一人部屋は自分しか使わないので、プライベートな空間があります。完全に自分のペースで生活ができるため、相手に気を使う必要もなく気楽に過ごるのが魅力です。

相部屋では夜中の部屋の出入りを気にしたり、シャワーやトイレを使うときも時間がかぶったりして、なかなか自由にできません。対して一人部屋は自分しか利用しないので、気を使わずに自由に過ごせます。

メリット(2)自習に集中できる

フィリピン留学で猛勉強したい人は、一人部屋だと自習に集中することができます。特に社会人は仕事をしている間に留学する人もいて、そういった場合一人部屋の方が仕事と勉強の両立しやすいです。

どうしても相部屋になると、一人で集中することはなかなかできません。会話したり、相手に気を使ったりするので、自習に集中したい人は一人部屋がおすすめです。

メリット(3)他人のマナーの悪さなどが気にならない

相部屋はどうしてもルームメイトのマナーが気になってしまうことがあります。人によっては夜に騒いだり夜中に帰ってきて物音を立てたりと、うるさく感じ、人間関係のトラブルになることも。

一人部屋だとそのぶん他の人のマナーも気にならず、伸び伸びと過ごせます。

フィリピン留学で一人部屋を選ぶデメリット

フィリピン 留学 部屋

伸び伸びと自分のペースで過ごせる一人部屋ですが、ここで紹介するようなデメリットもあります。1つずつ見ていきましょう。

デメリット(1)費用が高くなる

一人部屋のデメリットは、費用が高くなることです。

一人部屋だと水道や光熱費がすべて自己負担となり、利用量によって金額が決まるので現地支払いになる費用です。相部屋だとみんなで費用を割って抑えることができますが、一人部屋は部屋代も光熱費なども自分だけで支払うしかありません。

割り勘などできないぶん、金額は高くなります。

デメリット(2)他の留学生との交流が減り、友達を作りにくい

一人部屋だと相部屋と違い、他の留学生と交流する機会が少ないです。そのため友達を作るのに時間がかかる場合があります。

フィリピン留学での授業はマンツーマンが中心なので、学校のランチのときや休み時間などで積極的に話しかけられる人は友人を作れるかもしれません。しかし人見知りで自分からなかなか声が変えられない人は、相部屋の方が友達を作ったり交流がしやすいでしょう。

デメリット(3)寂しくなる

一人部屋だと友達を作りにくいので、相部屋の友達と比べて寂しくなってしまう可能性があります。特に一人で、自分の殻に閉じこもってしまいやすい人は注意しましょう。

一人でいることが好きなら一人部屋でも楽しめると思いますが、他の留学生ともっと交流したい人に一人部屋は向いていません。

LINE留学相談

フィリピン留学で相部屋を選ぶメリット

フィリピン 留学 部屋

相部屋はどの人と同じ部屋になるかは運でもありますが、留学の楽しい思い出をつくるきっかけにもなります。

ここからは相部屋のメリットを紹介します。

メリット(1)費用を抑えられる

まず相部屋と一人部屋の大きな違いは費用です。

相部屋は一人部屋よりも安く、光熱費や水道代も人数でシェアできるので、そのぶん料金が大きく変わります。留学期間によっては、数万円から数十万円ほどの差になることも。

費用を抑えて留学したい人は、相部屋で人数の多い部屋を選びましょう。

メリット(2)友達ができやすい

相部屋の魅力は、シェアメイトと一緒に生活するのですぐに友達になりやすいこと。仲良くなって、初日からどこかに一緒に出かけようとなることも多いです。

友達が1人でもできるとその輪がどんどん広がり、交友関係も自然と広がっていきます。

メリット(3)英語力が伸びやすくなる

相部屋のルームメイトが日本人のみの場合は別ですが、フィリピン留学には韓国人、台湾人、中国人も多く、外国人の友達を作るきっかけとなります。

外国人が相部屋だと授業以外でも英語を話すことが増え、会話を通して英語力を身につけることができます。

また英語力だけではなく、異文化交流もできるのは大きなポイント。相部屋になったら、積極的に他の留学生に話しかけていきましょう。

メリット(4)留学がもっと楽しくなる

相部屋は他の留学生と交流することが増えるので、留学生活がさらに楽しくなります。

私の友人はフィリピン留学で3人部屋だったのですが、相部屋の子と気があったため楽しかったと話していました。留学は期間が決められているからこそ、相部屋で過ごすほうが気軽に相談したり、友達と過ごすことで寂しくならなかったり、留学をもっと楽しむことができます。

フィリピン留学で相部屋を選ぶデメリット

フィリピン 留学 部屋

相部屋はたくさんの交流ができ、留学を楽しいと感じる理由にもなりますが、相部屋ならではのデメリットもあります。ここでは4つ紹介しますね。

デメリット(1)ルームメイトと気が合わないと居心地が悪い

相部屋には友人ができやすいなどメリットがありますが、デメリットは気が合わなかったときにお互い居心地が悪いまま一緒に生活しなければいけないことです。

相部屋が楽しくなるかどうかは、ルームメイト次第なので運です。2人部屋だとずっと2人の空間になるので、さらに気まずいことも。

私の経験上3〜4人がベストだと思います。

デメリット(2)騒音やマナーが悪く眠れない場合がある

相部屋は人数が多くなればなるほど、マナーが悪い人と出会ったり騒音が気になったりする可能性は高いです。人が眠っていても音をたてて部屋に入る、散らかして片付けない人もいます。

特にきれい好きな人や細かいことが気になる人は、シェアメイトと相性が合わないと、イライラするかもしれません。その結果、ストレスが溜まってしまう可能性もあります。

デメリット(3)プライベートな時間がない

相部屋を選ぶと、学校でも部屋でもプライベートな時間はなかなかありません。そのため、人といて気を使ったり疲れやすい人は辛く感じやすいです。

デメリット(4)盗難対策が必要になる

複数の人と同じ部屋で共同生活をすると、私物が盗難に遭う可能性もでてきます。実際に盗難被害にあった留学生もいるほど。

相部屋の場合は貴重管理をしっかりとしていないと、現金や貴重品を盗まれるかもしれません。カバンには鍵をつけておくなど、盗難対策をしっかりとしておきましょう。

フィリピン留学で一人部屋が向いている人

一人部屋は、以下のような人に向いています。

  • ・プライベートの時間や空間が欲しい
  • ・仕事しながら留学している社会人
  • ・一人の時間が好きで自分のペースで勉強したい
  • ・気を使いたくない
  • ・些細なことや騒音があると眠れない

一人部屋に向いているのは、留学でプライベートな時間も欲しい人。

特に留学の合間に仕事もしないといけない社会人は一人部屋の方が集中でき、プライベートなスペースもあるのでおすすめです。

一人部屋を選んだとしても、校内や寮、どこでも友達を作るチャンスはあります。他の留学生と仲良くなりたい場合は、積極的に声を掛けましょう。

フィリピン留学で相部屋が向いている人

相部屋は以下のような人に向いています。

  • ・友だちと楽しく過ごしたい
  • ・友達ができるか不安を感じている
  • ・人と一緒に住むことが苦痛ではない
  • ・異文化交流がしたい

相部屋は友だちが欲しい、人と交流したい人におすすめです。

私はオーストラリアで6人でシェアハウスに住んでいた経験があります。実際に一緒に生活をすると、とても楽しくて一緒に出かけたり遊んだり、毎日が充実していました。

知らない人といきなり過ごすのは大変そうに見えるかもしれませんが、相部屋だからこそできる経験です。

まとめ

今回はフィリピン留学で選べる一人部屋と相部屋のメリット・デメリットを紹介しました。

まとめると、以下の通りです。

【一人部屋のメリット】

  • ・プライベートな空間がある
  • ・自習に集中できる
  • ・他人のマナーが悪くても気にならない

【一人部屋のデメリット】

  • ・友達を作るのに時間がかかる場合がある
  • ・費用が高くなる
  • ・寂しくなる

【相部屋のメリット】

  • ・費用を抑えられる
  • ・友達ができやすい
  • ・会話が増えるので英語力が身につきやすい
  • ・留学がより楽しくなる

【相部屋のデメリット】

  • ・ルームメイトと気が合わないと居心地が悪い
  • ・ルームメイトのマナーが悪く眠れない場合がある
  • ・プライベートな時間がない
  • ・盗難対策が必要になる

私は他の人と一緒の部屋に住んだことがなくて、自分に相部屋は向いていないかもしれないと思っていました。しかし留学で相部屋を選んだ結果、とても楽しく過ごせました。

潔癖症だと厳しいですが、留学の費用を抑えたくて友達も作りたいのなら3〜4人の相部屋がおすすめです。

自分のペースで過ごさないとストレスが溜まる人や、仕事と両立したい人は一人部屋の方がが快適です。

けっきょくどちらがいいかは自分次第。しかしせっかく留学するなら一度は相部屋を体験し、積極的に留学生や外国人との交流を楽しんでみると、よりいい留学経験ができますよ。

LINE留学相談

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Machako

Machako

フィジー留学、オーストラリアにワーキングホリデーをしていました。海外を旅することが大好きで現在、海外ノマドでフリーライターをしつつ旅をしています。旅の中で好きなことは、人と会うこと、その国の美味しいご飯食べること、文化を知ることです。Twitterで海外ノマド情報や好きなこと、お仕事のことなど呟いてますので良かったらフォローお願いします^ ^

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-4500-8346

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。