【お知らせ】2月~3月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

憧れのNY短期留学へ行こう!人気語学学校や費用を抑える節約のコツを解説します

NY短期留学

こんにちは。海外に短期で留学した経験があるライターのmayuです。

「英語を話せるようになりたい」「海外の文化に触れたい」と思ったときに、仕事や学校などといった現在のライフスタイルをがらりと変えなくても留学できる方法が「短期での海外留学」です。

短期留学先の候補のひとつとして人気なのが、流暢な英語を学べるほかに、アートやエンターテインメントなどの最先端を行く都市としても知られる「NY(ニューヨーク)」です。

そこでこの記事では、ニューヨーク短期留学で得られる効果やおすすめの学校、さらには留学費用を節約するコツや自分に合う学校を探すためのポイントなどについて、たっぷりと解説していきます。ニューヨークへの短期留学を考えている場合には、ぜひ参考にしてみてください。
※費用はすべて1アメリカドル(USD)=110円で計算しています(2019年11月現在)。

【PR】

NY短期留学でできること

NY短期留学でできること

まずはNYへの短期留学を検討するにあたって、「どんなことが学べるのか」「短期でも効果はあるのか」などが気になるテーマではないかと思います。

そこで、ここではNY短期留学におすすめの期間や得られる効果など、NY短期留学に関するあれこれを解説していきます。

NY短期留学の種類

ニューヨークに短期留学する際には、主に「語学学校に通って英語を学習する」などの方法で留学中の時間を過ごすことになります。

ですから、まずは「ニューヨークでどのように過ごしたいか」や「どうやって英語を上達させたいか」をもとに、現地での過ごし方を決めるところから始めましょう。そうすることで、そのあとの計画もスムーズに立てられます。

語学学校によっては最低1週間から受講可能なプログラムを用意しているところもあるため、ライフスタイルや自身の希望に合った留学プランが立てられるはずです。

NY短期留学の期間はどのくらいがいい?

「ニューヨークへの短期留学」とひとことで言っても、滞在期間については1週間〜90日ほどとさまざまです。

しかし、ひとつの目安としては「1ヶ月」がおすすめかつポピュラーな滞在期間だといえます。短期留学の場合には事前に勉強を積んでおくことがある程度必要になるものの、1ヶ月ほど滞在してみると多少の語学力向上は期待できるほか、観光などでニューヨークの雰囲気も充分に楽しむことができるはずです。

とはいえ、時間や予算が許すならば長いに越したことはありませんので、あくまで目安として捉えておきましょう。

NY短期留学の効果はある?

ニューヨークに短期留学をすると、語学学校などでの学習や観光、そして現地の人々との触れ合いや他国の留学生との出会いなど、限られた期間で多くの経験ができます。

ニューヨークの語学学校はカリキュラムを自由に組めるところが比較的多いため、「授業ばかりで自由時間が少ない」ということもあまりなく、学習と併行して観光や友人との時間がつくりやすい傾向にあるのも特徴です。

学習を通しての語学力向上はもちろんのこと、ニューヨーカーや海外の留学生との出会いを通してスピーキング力やリスニング力を向上させることができるのは、留学するにあたって最も期待できる効果だといえます。

NY短期留学の魅力とメリットをチェック!

NY短期留学の魅力とメリット

ニューヨークへの留学には語学を学ぶ以外に、都市としての魅力がたくさんあることも、留学先として人気の理由だといえます。

ここでは、ニューヨークに短期で留学することの魅力や得られるメリットなどをチェックしていきましょう。

実践的な英語に触れることができる

ニューヨークに住む人々の英語は比較的早口なことで知られていて、現地の人達と会話ができるようになるまでにはそれなりの難易度が伴います。

さらに、ニューヨークにはネイティブではない人々もたくさん住んでいるため、授業のリスニングなどで聞いていたようなキレイな発音や、正しい文法の英語ばかりが飛び交う環境ではないことも特徴です。

したがって、教材を使った勉強だけでは習得できない実践的な英語が身に付きやすいという点は、ニューヨークならではの魅力だといえます。

多様性にあふれた土地でのびのびと学習できる

ニューヨークはアメリカ人のほかに、世界中から移民や旅行者、留学生やワーカーなどが集まる都市として知られています。

したがって、ニューヨーク自体がとても多様性にあふれた都市であり、たくさんの価値観に触れることができ、訪れるだけで刺激をもらえるところも魅力のひとつです。

滞在方法をホームステイやルームシェアにすれば、さまざまな国の文化で育ってきた者同士で刺激し合いながら楽しい留学生活を送れることでしょう。

最先端のアートやエンターテインメント、グルメなどに触れることができる

ニューヨークは最先端の多彩なカルチャーが生み出されていることも特徴として挙げられます。

長い歴史のなかに新しい文化を取り入れながら、常に発展を遂げてきたアートやエンターテインメント、そしてグルメやファッションなどに囲まれながら過ごす留学生活は、刺激的で新しい価値観をもたらしてくれるに違いありません。

単純に英語力を向上させる以外に、ニューヨークのカルチャーに触れることで新しい発見や人間的な成長をもたらしてくれる点も大きなメリットだといえます。

気になるNY短期留学の費用はどのくらい?

NY短期留学の費用

では、実際にニューヨークに滞在しようと思ったらどれくらいの費用が発生するのでしょうか。

ここからはニューヨーク短期留学に必要な渡航費や滞在費などについて、項目ごとにご紹介していきます。

渡航費

まずは、ニューヨークに行くための渡航費からみていきましょう。航空券は時期によって前後するものの、だいたい7万円〜15万円前後が相場とされています。

これに電子渡航認証の「ESTA(エスタ)」を取得する料金として2,000円ほど、さらに加入しておくのが望ましい海外旅行保険で約1万円〜2万円を加算した金額が渡航費となります。

また、英語のコースを週18時間以上受講する場合には、あわせて学生ビザも申請する必要があります。こちらも申請費用として約3万6千円が必要です。

学費

続いて、現地で通う学校の学費についてです。短期留学の場合は語学学校や専門学校などで学習するケースが多く、費用は1ヶ月あたり約15万円〜20万円ほどが一般的なようです。

料金は学校の立地や設備、講師のレベルなどによって上下するほか、授業のコマ数によっても変わってきます。

とはいえ、「求める学習環境が予算を超えてしまう」「なるべく費用をおさえたい」という場合も授業の組み方自体を工夫することで、学習環境の質を落とさずに費用をおさえることも可能です。

滞在費

そして最後に滞在費です。滞在方法としては主にホームステイ・ルームシェア・寮などが挙げられます。滞在費は比較的カスタマイズしやすいため、ここで費用の調整をすることもできるでしょう。

大体の相場はホームステイが1ヶ月あたり15万円〜20万円、ルームシェアが7万円〜15万円、寮が約10万円ほどになっていて、ルームシェアや学生寮が相場としては安くなっています。ニューヨークのホームステイ先は、ブルックリンやクイーンズなど中心部から離れることも多く、また、移民の家族が経済的な理由で受け入れているだけので、実際は交流する機会が限られているケースもあります。

目指す語学レベルや留学中の環境に最も適した滞在方法をよく比較し、検討することが大切です。

費用の合計は?

これらを踏まえて、1ヶ月間ニューヨークに短期留学をした際の費用を計算してみると、だいたい総額で「50万円〜60万円」が目安となります。

比較的高額ではありますが、授業の組み方や滞在方法、学校の選び方などを工夫することで費用の節約は可能です。

また、これは現地での生活費(外食・観光で発生する料金や交通費など)も考慮した上での金額となりますので、短期留学時の予算を決めるうえで参考にしてみてください。

NY短期留学前に知っておきたいポイント

NY短期留学前に知っておくべきこと

ニューヨークと日本を比較すると、治安や物価などさまざまなところに違いがありますので、日本と同じ感覚で過ごすことは難しいといえます。

ここでは、ニューヨークで留学生活をおくるにあたって気をつけたいポイントについて3つピックアップし、ご紹介していきます。

(1)治安には十分注意して過ごそう

ニューヨークはアメリカの中でも安全な街ではありますが、日本と比べるとやはり危険が伴う都市です。特に観光地になっていないエリアは注意が必要です。

どのエリアでもいえることですが、“人通りの少ないエリアを夜間に一人で出歩かない”、“むやみに貴重品などを見えるようにしない”などの心がけをすることで、滞在中に危険な目に遭う確率はぐんと下がります。

さらにニューヨークの中心部は、街の至るところで警察官が警備をしているほか、夜遅くまで人通りが多く活気があるため、きちんと対策をとっていれば比較的楽しみやすい街だといえます。

(2)節約のコツは外食と滞在先

ニューヨークに留学する場合、家賃も高額、レストランなども比較的高額であるほかにチップ文化もあるため、どうしても滞在費用が高額になる傾向があります。したがって、滞在費用を少しでも節約したいときには少し工夫が必要です。

不要な外食を控える、滞在場所を街の中心部付近にして交通費を安く済ませる、食事付きの学生寮を活用するなどの心がけをすることで、滞在にかかる費用をおさえることが可能となります。

予算の範囲内でニューヨーク観光や学習を満喫できるよう、不要な出費を減らすことが節約のコツです。

(3)なるべく外の世界に触れてみよう

ニューヨークに短期留学をする場合、もちろん学校での勉強も大切ですが、だからといってテキストやパソコンとばかりにらめっこしながら過ごすのは非常にもったいない過ごし方だといえます。

美術館や博物館などを訪れ、アメリカのバックグラウンドなどに触れてみるのもおすすめの楽しみ方です。無料開放日を設けている美術館も多いですし、あちこちで無料コンサートが開催されていることも。学生割引があるイベントやアクティビティも多いです。

ミュージカルやダンスの舞台、あるいはショッピングなどに出向くなどして、学校以外で英語に触れる時間をつくるのも英語力向上において効果的だといえます。

また、あらゆる文化の最先端が集まるニューヨークの街は歩いているだけでも楽しく、日本にいる間は気づけなかった新しい刺激をもたらしてくれるはずです。

自分に合った学校を探す方法は?

NY短期留学で自分に合う学校の探し方

留学するにあたって「自分に合う学校がわからない」という場合、まずは学校を選ぶ際に優先したいポイントがどこかを明確にしたうえで学校探しを始めるのがおすすめです。

たとえば、優先したいことが「費用」や「立地」なのか、それとも「日本人が少ないこと」なのかが分かるだけでも学校はある程度絞れます。

とはいえ、希望をもとに学校をリサーチして気になる学校を選んだのち、それぞれの学校を比較して決めるまでをひとりで行なうのは、かなりの労力が伴います。

そういった場合には、留学エージェントを活用するのがおすすめです。School Withでは経験豊富な留学カウンセラーがいつでもあなたのご相談をお待ちしております。
School Withでの留学のご相談はこちらから

まとめ

この記事では、ニューヨークへ短期留学をする際に得られるメリットやおすすめの学校、さらには留学にかかる費用を節約するためのポイントなどについてご紹介しました。

ニューヨークは語学学校が充実しているほかに、あらゆる文化の最先端を行く都市でもあるので、英語学習以外にも魅力的な要素がたくさんあります。

ダンスや音楽、料理、アートなどの短期集中レッスンも併せた留学など、趣味や興味の幅を広げるチャンスもあるでしょう。

ニューヨーク留学を考えている場合には、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしながら、留学プランを具体的に検討してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

mayu watanabe

mayu watanabe

会社員時代にWEBセールスライターを経験したのち独立し、現在はフリーライターとして主にスポーツや旅行の分野で活動しています。カナダへの留学経験や趣味である海外旅行の経験を活かし、独学での英語勉強法や留学、海外旅行に関する情報などを発信していきます!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-4330-0935

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。