長期留学なら複数校に通うべき?マルタ留学で2校通った理由と学校ごとの違い #マルタ語学留学記

マルタ留学先の語学学校

皆さんこんにちは、マルタに長期語学留学中のkikiです。2019年4月から始まったマルタ生活も、早いもので8ヶ月が過ぎようとしています。

語学留学の場合、通常だと1校のみ留学するケースが多いですが、私はこのマルタ留学中に2つの語学学校に半年ずつ通う選択をしました。

マルタ留学の前半は、LijaにあるMalta University Language School(マルタ大学付属語学学校 ※以下 MULS)に通い、そこでの授業を9月末で終え、現在はSwieqiにあるClubclass English Language School Malta(クラブクラスマルタ)に通っています。

今回の記事では、私が2つの語学学校に通うことに決めた理由や、実際に通ってみて2校の間にどのような違いがあったのかについてご紹介します

複数の語学学校に通うことは稀なケースだとは思いますが、特にこれから長期留学を考えている方はこういうことも可能であると、1つの選択肢になれば嬉しいです。

当記事は2019年11月時点での情報を元に作成しております。
公開から年月が経ち、情報が古くなっている恐れがございますので、記事内で紹介している学校の詳細情報は最新のものをご確認ください。

【留学行くか迷っているなら、まずはLINEで相談!】

いつかは留学へ行ってみたい。そう思ったのは何度目のことでしょうか?
スクールウィズのLINE相談なら下記のメリットがあり、留学の検討が一気に前に進みます。

1. 自分が留学するべきか、どうすれば留学できるかがわかる
2. 留学の不安や疑問など、気軽に相談・質問できる
3. 自分にピッタリな留学先やプランが分かり、準備をスムーズに進められる

いつか行きたいと思っていた留学。このタイミングでいつ行くか考えてみませんか?

【無料】LINEで留学相談する!

LINEで留学のプロに無料相談

複数の語学学校に留学した理由

クラブクラス
クラブクラス マルタの教室

1校の語学学校に通う人が多い中、どうして2校の語学学校に通うことにしたのか。その理由は主に2つあります。

(1) 2校とも行ってみたい語学学校だった

私が語学学校を決める際、特に重要視していたのが費用の面でした。ですのでマルタに数多くある語学学校の中から、比較的安い費用で通える語学学校を探し2校まで絞ることに。

ですがせっかくのマルタ留学、どちらか1つに絞るのはどうしても難しく、最終的に2校の語学学校に通うという選択をしました。

(2) 環境に慣れ、飽きるかもしれないと思った

約1年という長期留学で同じ語学学校に通っていると、その環境にある程度慣れてくると思います。

もちろん慣れるということは良いことでもあるのですが、私は何か大きな変化がある方が楽しめ、緊張感も維持できると思い、半年ずつ違う語学学校に通ってみることにしました。

LINE留学相談

実際に2校通ってみて感じた語学学校の違い

続いて実際にMULSとクラブクラスに半年ずつ通ってみて感じた、学校ごとの違いについてご紹介します。学校によっても特徴や特色が異なるので、マルタでの学校選びにおける1つの例として参考にしてみてください。

国籍比率の違い

国籍比率

国籍比率は留学する時期によっても異なるかと思いますが、MULSに通っていた時、特に多かったのはコロンビア人でした。クラスに2〜3人はコロンビア人、続いて日本人や中国人などアジア人の割合も高かったです。

一方でクラブクラスに来てから特に多いなと感じる国籍は、圧倒的にブラジルです。私の住んでいるフラットでは、8割がブラジル人ということもありました。クラスにだいたい3〜4人はブラジル人、続いてコロンビア人やトルコ人も多いです。

またクラブクラスも日本人の割合は高く、歩いていると日本語が聞こえてくることもしばしば。ちなみに現在、私のクラスには日本人が3人います。

マルタ留学は日本人が少ないという話をよく聞きますが、近年はどこの語学学校も日本人の割合は高い傾向にあると思っていた方がいいかもしれません。

実際にマルタで出会った日本人は、「マルタは日本人が少ないと聞いていたけれど違った」という意見が多いです。

授業内容とレベル分けテストの違い

私は2校とも一般英語コースを受講しました。ほとんどの語学学校は初日にレベル分けのテストを受けると思いますが、2つの語学学校ではこの部分でも大きな違いがありました。

前半に通っていたMULSでは初日のレベル分けテストがなく、事前にオンラインでテストを受講するシステム。ですので、私は日本を離れる1ヶ月前にこのテストを受講してマルタに来ました。

ただ、このオンラインテストはすぐに結果を知ることはできないので、現地に着いてから自分のレベルを知るという形になります。オンラインテストで既にレベル分けがされているため、授業初日は少し説明があった後にすぐ授業に参加できたので良かったです。

一方クラブクラスでは留学初日にレベル分けテストがあり、テストを受ける時間と学校に関する説明の時間がしっかり決められていました。オリエンテーションに力を入れている印象で、初めての留学でも安心できる環境です。

学校を選ぶ際は、早く授業に参加したいか、それともオリエンテーションをしっかり受けたいか、も検討してみると良いでしょう。

一般英語コースの授業内容自体はあまり大差はありません、主にペアワークやグループワークを取り入れながら様々な文法を学んでいく形でした。

異なっていた点は、授業で使うテキストですね。もちろん先生によって教え方や性格も違うので、自分に合った先生を見つけるためにクラス替えの申請をする人もいます。

学校寮や施設面での違い

語学学校の学校寮
学校寮の様子

私は2校とも学校寮に滞在しました。ただここで大きく異なるのが、部屋の人数です

MULSでは2人部屋が3つあるフラットに住んでいました。バスルームは部屋ごとにあるので2人で共用、キッチンは6人で共用ということになります。

一方で現在通っているクラブクラスは3人部屋でルームメイトが2人、もう1部屋が2人部屋という5人のフラットです。ですが、バスルームもキッチンも5人で共用になるので少し不便に感じることも……。

MULSではキッチンのコンロが4つあったのですが、今は2つしかないため時間をずらして使用する時もあります。また、MULSには電子レンジはなくオーブンのみ、クラブクラスには電子レンジがある点はとても便利です。

寮に滞在する予定の方は、部屋の人数やできれば備品についても事前に把握しておくと良いです。

学校の施設はどちらもプールや売店が併設しています。加えてクラブクラスには語学学校には珍しくジムの設備があります。またクラブクラスには寮生のためのエレベーターがあるので、重いスーツケースを運ぶ時にはとても助かります。

スクールアクティビティの違い

スクールアクティビティの掲示板

どこの語学学校にもスクールアクティビティがあると思いますが、その内容は語学学校によって異なります。

MULSでのアクティビティは毎週ほとんど変わりませんでしたが、クラブクラスは毎週少しずつ内容が異なります

クラブクラスは、パーチャビルというクラブ街まで歩いて行ける距離ということもあってか、新しい学生のためのウェルカムパーティが毎週そこで行われていたり、卓球やビーチバレーボールなどのスポーツが行われることも多いです。

費用は無料のものから、有料の場合だいたい1,500円程。

どちらの語学学校でも共通して行われているアクティビティとしては、ヴァレッタのナイトツアーやゴゾ島のツアーなどがあります。

2校の語学学校に通ってみた感想

静かな住宅街にあるマルタで唯一の大学付属語学学校MULSと、観光地として賑わうセントジュリアンまで徒歩圏内にあるクラブクラス。2校の語学学校に通った私ですが、実際に通ってみてどうだったのか。

結論からいうと、答えは「2校留学してみて間違いなかった!」です。

学校を変えてすぐの頃は違いに慣れるまで少し時間がかかりましたが、上記したようにそれぞれ異なった学校の良さを体感できました。また、2つの語学学校に通ったことで、より多くの人々と知り合うこともできました。やはり、出会いがあってこその留学生活だなと思います。

環境を変えたことで気持ち的にも引き締まり、授業への意欲も高まりました

新たな生活の始まりは自分自身の新しい成長にも繋がるので、今では2つの語学学校に通って良かったと感じています。

LINE留学相談

まとめ

今回の記事では、私がマルタで2つの語学学校に通うことに決めた理由や学校の違いについて紹介してきました。

長い留学生活の中で、「新しい環境への変化がある方が新鮮でいいかもしれない!」という方や、「様々なスタイルの授業を受けてみたい!」という方は、ぜひ複数の語学学校に通うということも視野に入れて留学準備をしてみてはいかがでしょうか?

私が留学した語学学校の詳細はこちらから ↓↓
Malta University Language School(マルタ大学付属語学学校)
Clubclass English Language School Malta(クラブクラスマルタ)

マルタ留学について、過去の連載記事はこちら ↓↓
# マルタ語学留学記

LINE留学相談

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

kiki

kiki

幼い頃からヨーロッパに興味をもち、17歳で初海外ウィーンへ。21歳でイギリスを訪れた際、ヨーロッパに住んでみたいという思いがさらに強まる。大学卒業後、ヨーロッパ周遊の拠点としてマルタ留学を決意。夢は世界一周旅行

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談する!

\直接話を聞いて相談したいなら/

留学カウンセラーと
個別面談する(オンライン)

\まずは気軽に相談したいなら/

LINE登録&無料相談する LINE留学相談 QRコード

スクールウィズのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。