留学中に成人式を迎える人へ。帰国するか迷っているときに知ってほしいこと

留学 成人式

留学中に成人式があり、「成人式は帰国すべきだろうか」と悩んでいる人はいませんか?

留学を長期間ですると、日本でのイベント行事に参加できないことがよくあります。特に成人式は一生に一度の大きな行事であるため、「帰りたい」と思う人も多いです。

しかし「一時帰国をするとお金もかかるし…」と金銭面の負担が大きいことから、そんな簡単な話ではありません。お金がかかるので、参加するかどうか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、留学中に成人式を迎える人が後悔しないように知ってほしいポイントとして、

・留学中に成人式に参加する割合
・成人式に行った人と行かなかった人それぞれの理由
・留学中に成人式を迎える人に知ってほしい4つのこと
・留学中に成人式に参加するメリット

を紹介します。

成人式に参加するかどうか迷っている人は、後悔しないためにも参考にしてみてくださいね。

【PR】

留学中に成人式は出る人・出ない人どっちが多いの?

留学 成人式

留学中に成人式に出る人と出ない人は、どちらが多いのでしょうか。やはり他の人がどうしているのか気になり、参考にもしたいですよね。

留学中の成人式は「出ない人」の方が多いかなと私は感じました。帰国して出席した人は、あまり見かけたことがありません。

一時帰国すると航空券を購入するお金もかかるうえに、距離も遠いので大変なのかもしれませんね。

留学中に成人式に参加した人、参加しなかった人の理由

留学 成人式

留学中に一時帰国してでも成人式に参加するかどうか、すぐに決断するのはなかなか難しいですよね。

そこでここでは成人式に行った人、行かなかった人の理由をそれぞれ紹介します。どんな意見があるのか、参考にしてみてくださいね。

留学中成人式に参加した人

留学中に一時帰国をして成人式に参加した人の理由は、主に以下です。

・留学は今後もできるけれど、成人式は一生に一度だから
・地元の友だちに久しぶりに会えるから
・親に成人した姿を見せたい
・振り袖を着たい

確かに成人式は一生に一度で、地元の友達と会えるチャンスです。高校や大学、社会人になると、なかなか会う機会はありません。

また家族に成人した姿を見せるのは、今まで育てててくれた感謝を伝えられる日でもあります。このような理由から一時帰国してでも、成人式に出る価値は高いと感じるようです。

成人式に参加しなかった人

成人式に参加しなかった人の理由は、

・振り袖、飛行機代が高く、一時帰国するお金もない
・せっかくの留学中に授業を休みたくない
・地元の友達には同窓会で会える
・別に出席しなかったからといって死ぬわけではない
・一時帰国することがめんどくさい

などさまざまです。

しかしほとんどの人が「出席はしたかったけどお金などの問題でできなかった」「一時帰国することが面倒」と感じるなど、お金や時間をハードルだと考えているようです。

留学中に成人式を迎える人に知ってほしいこと4つ

留学 成人式

ここまで成人式に参加した人、参加しない人の理由を紹介しましたが、まだまだ成人式に出るかどうか悩みますよね。

悩む人に向けて、留学中に成人式を迎えるときに知っておきたい4つのことを紹介します。

1:成人式への出席は義務ではない

成人式の参加は当たり前のように感じますが、あくまでも自治体が主催するイベントです。義務ではないので、成人式の参加は強制ではありません。

実際に平成30年度に開催された成人式の出席率は50%と、半数にしか満たなかった地域もあります。こうしてみると参加しない人も多いうえに、参加者は年々減っているようです。

ただし義務ではないものの、一生に一度の大きなイベントであることは変わりません。あくまで「絶対に出席する義務はない」ということです。

2:授業を休まないといけない可能性がある

成人式に出席するためには、授業を休んで一時帰国をしないといけません。状況によっては授業を休めず、どうしても成人式に出られない場合もあります。

また「せっかく高いお金を支払って留学しているんだから、授業は休みたくない」という意見も多いです。

この場合は、早いうちから以下のことを確認しておきましょう。

・成人式のための一時帰国は欠席になるのか
・単位などはどうするのか

「成人式はイベントなので欠席扱いにはならない」というケースもあるので、注意してください。

3:航空券が高くなることがある

航空券は購入する時期によって、値段が変わります。前もって帰国することを決めており、早めに航空券を取っていたのなら安く購入できます。反対に帰国1ヶ月前に航空券を買うと、高くなることが少なくありません。

また留学先が遠いほど、時間もお金もかかってしまいます。航空券がいくらなのか確認し、そのお金を払ってまで帰国したいのか、しっかり考えてみましょう。

4:一時帰国の手続きは特にない

留学中の一時帰国に、特別な手続きは必要ありません。往復の航空券を買うのみです。

帰国してまた留学先に戻ることを考えると結構な体力は必要ですが、特に一時帰国の手続きはありません。自分に体力と時間さえあれば、成人式のための一時帰国は実現可能です。

ただし住民票を抜いている人は、健康保険などを持っていないかと思います。その状態で一時帰国しているときに病院を受診する場合は、健康保険への再加入が必要となりますので注意してください。

出られないけれど後悔しない?4つの後悔するケース

留学 成人式

ここまで成人式について解説しましたが、一番悩むのが成人式に出られなかった場合に「後悔しないだろうか」というところではないでしょうか。

そこでここでは、成人式に参加しなかった場合にどんなことで後悔するのか、具体例を4つ紹介します。

ケース1:友達のSNSなどを見て「出たかった」と後悔する

成人式に出られなかった場合、後で友達がSNSにアップしている写真などを見て「あ〜いいな、出たかったな」と後悔する可能性があります。

SNSの写真や動画はなおさら楽しそうに見えてしまいますよね。みんなの振り袖や晴れ姿、楽しそうな姿をみると、やはり出たかったと後悔する人が多いです。

ケース2:何年後かに振り返ったとき、成人式に出れなかったことを思い出す

何年後かに成人式のことを振り返ったとき、「あのときは留学で出られなかったんだよな」と思い出すこともあります。成人式に不参加だと、年齢を重ねてから「やっぱり出ればよかった」と感じることが少なくありません。

振り返ったときに「留学だったから成人式に出られなかったな」と後悔しているのか、「でも留学できたから良かった」と思うのかは、あなた次第です。「自分が成人式に出なかったことをどう思うだろう……」と、今から自問自答してみましょう。

ケース3:地元の友達に会う機会を失う

わたしは成人式に参加しましたが、一番参加して良かったと感じたのは「久しぶりに地元の友達に会えたこと」です。

違うグループの子でもたくさんの同級生に、同じ日、同じ場所で会えるのは成人式だけ。今後また同窓会なども開催されるかもしれませんが、やはり全員集まることはなかなか難しいものです。

また久しぶりに同級生たちに会うと、「あの子変わったな」と変化に驚くことも。成人式ならではの醍醐味である過去の思い出話に花が咲く、また連絡を取り出すようになるといったことが体験できるのは、成人式に参加した人だけです。

ケース4:親に晴れ姿を見せられない

成人式に振り袖や袴をレンタル、もしくは購入して参加する場合、何かとお金が必要です。しかし振袖を着るのは、親に晴れ姿を見せるいい機会でもあります。今まで育ててくれた親への親孝行でもありますね。

成人式を欠席すると、晴れ姿を親に見せることはできません。

しかしどうしても成人式に出られない場合は、帰国後に家族や友人とパーティを開いた人もいるようです。成人式の日にこだわらないのであれば、別日に写真撮影をする、パーテーィーをするなど、他の工夫をするのもいいかもしれません。

留学中に成人式への出席を迷うなら参加する!その3つのメリットとは?

留学 成人式

留学中に成人式に出席するか迷っているのなら、参加することをおすすめします。成人式は一生に一度の大イベントだからです。

とはいえ、実際にどのようなメリットがあるのかは、なかなか分かりにくいですよね。

そこでここからは、成人式に参加するメリットを3つ紹介します。

メリット1:友達や家族に会える

長期で留学する場合、久しぶりに家族や友達に会えるのでとても嬉しいと感じます。また成人式という大きなイベントでは、普段会えない友達や連絡先を知らない同級生にも会うことも。みんなでお酒を飲み、盛り上がって過ごせるのも魅力的です。

家族にも自分の晴れ姿を見せられるので、喜んでくれるはず。参加するだけでも、記念すべき1日となるでしょう。

メリット2:リフレッシュできる

海外に住むというのは、知らぬ間に気を使っているもの。日本に帰るだけでも安心して、留学の疲れもリフレッシュできることが少なくありません。

日本食や親の料理を思う存分食べて、お風呂にゆったりと浸かることができるのも日本だけです。成人式のための一時帰国を思いっきり楽しみましょう。

メリット3:必要なものを買って持参できる

留学でよくあるのが「これ日本だったらもっと安く買えるのに」「日本にしか売っていないんだ……」といった物があること。また現地で生活し始めてから「なんで買ってこなかったんだ」と後悔することも少なくありません。

一時帰国をすれば、日本食や買っておきたかったものも購入して、留学先に持ち込むことができます。

一度留学したからこそ分かる、必要なものをそろえられるいいきっかけにもなるはずです。

まとめ

留学 成人式

今回は、留学中に成人式に参加するかどうか悩む人に向けて、参加する人の割合やメリットなどを解説しました。

成人式のために一時帰国するお金がない場合や、成人式に興味がないのなら不参加でも問題ありません。しかし参加するかどうか少しでも悩むのなら、参加することをおすすめします。

成人式は一時帰国の航空券や振り袖などお金が必要ですが、一生に一度の大きなイベントであり、記念すべき日です。留学中に成人式で一時帰国した人は、「参加できてよかった!」と満足した人が多いです。

これから先に同窓会があったとしても、多くの同級生が一度に集まる日はなかなかありません。

どうしても授業などで出られない場合は、

・留学生同士でパーティをする
・親に電話をして感謝の気持ちを伝える
・帰国後に家族と過ごして成人式の写真を撮る

など、別の方法で楽しむのがおすすめです。

この記事を参考に同窓会に出るかどうか、自分が後悔しないように決めてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Machako

Machako

フィジー留学、オーストラリアにワーキングホリデーをしていました。海外を旅することが大好きで現在、海外ノマドでフリーライターをしつつ旅をしています。旅の中で好きなことは、人と会うこと、その国の美味しいご飯食べること、文化を知ることです。Twitterで海外ノマド情報や好きなこと、お仕事のことなど呟いてますので良かったらフォローお願いします^ ^

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。