【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

地獄の学期!?カルアーツでの留学生活で1番キツい2年目前期の授業内容とは【アメリカ#アート留学連載 Vol.6】

アメリカカルアーツの様子

こんにちは。髭猿(Instagram:art_yusuke)と申します。僕は2017年9月から、アメリカ・ロサンゼルスにあるCalifornia Institute of the Arts(カルアーツ)でキャラクターアニメーションを4年間学んでいます。

本連載は、アートのバックグラウンドが全くないサラリーマン出身の僕が、アーティストとしてどこまでいけるのかというドキュメンタリー的な物語です。

さて留学はいよいよ2年目に突入!実はカルアーツの2年前期は鬼門と言われていて、4年間の中で最も必修授業が多く、それ故1番辛い学期だと恐れられています。

廊下ですれ違う先生たちも『2年目だけど大丈夫?』と心配してくれる始末。ということで今回は、そんなカルアーツ2年目前期の授業内容や時間割、1週間の過ごし方、1年目と2年目の違いなどをご紹介します!

前回の記事は以下から ↓↓

アメリカ美大留学1年目の後悔と失敗 そして2年目への決意【アメリカ アート留学連載Vol.5】
こんにちは、髭猿と申します。僕は2017年9月から、アメリカ・ロサンゼルスにあるCalifornia Institute of the Arts(カルアーツ)でキャラクターアニメーションを4年間学びます。現在は2年目の前期が丁度スタートしたところ。留学1年目を終えて、既にたくさんの後悔と失敗があります……。今回は、留学1年目の後悔と失敗を後期の留学生活に活かすべく、振り返っていきたいと思います。これからアメリカ美術大学への留学を考えてる方の参考になれば幸いです。
2018/10/09
イベント・体験記

【PR】

カルアーツ2年目前期の授業内容と時間割

カルアーツの時間割

こちらが2年目前期の時間割です。僕は必修科目と英語のクラスを履修しています。キャラクターデザインも取りたかったけど定員オーバーで履修できず。ちなみに以前もご紹介した通り、授業は1コマ2時間50分が基本、座学中心のスタイルです。

授業内容については口外禁止なので、それぞれ簡単にご紹介します。

月曜日

1限:CG FoundationⅡ

3DCGソフトであるMayaを学ぶ授業。昨年から引き続き、モデリングやアニメーションをやります。

火曜日

1限:Digital MethodsⅡ- Sound

Pro Tools

Pro Toolsというソフトを使用して、フィルムにつけるサウンドの編集方法を学びます。また、ボイスアクターとのコミュニケーション方法や、自然物を使用し効果音を自分で作って録音する(フォーリーと言う)方法も勉強します。

2限:Animation Layout

アニメーションや映画作成にとって非常に大切な場面設定や構図構成に関する授業で、伝えたい情報をより分かりやすく伝えるには画面をどうすれば良いのか、ということを学びます。

3限:Supplemental English

留学生対象の英語の授業。必修ではないのですが、英語力不足を痛感している僕はもちろん履修。

4限:StoryⅡ- Story Boarding

ストーリーボードの描き方やストーリーテリングについて学びます。

水曜日

4限:Film Workshop

少人数のゼミのような授業。ディスカッション形式で、各々の個人フィルムプロジェクトの進捗を共有し、フィードバックし合います。

木曜日

4限:2D Character Animation Ⅱ

昨年から引き続き2Dアニメーションの手法を勉強します。

金曜日

1〜2限:Life Drawing Ⅰ

こちらも昨年から引き続き、モデルさんをひたすら描き続ける授業。お昼を挟んで午前と午後両方やります。デジタルでの作画に慣れた今でもやっぱりアナログで絵を描くのは楽しい。

今学期は単純に授業数が多いのもそうですが、2年目からはより実践的な内容を学ぶため課題が難しくなった、というのが鬼門たる所以のような気がします。

カルアーツでの1週間の過ごし方

次に2年目の1週間の過ごし方を、曜日ごとにご紹介します。

月曜日は午前中は授業、午後は課題、夜は英語の勉強。火曜日は丸1日授業なので課題は一切やらず、授業後は早めに就寝するようにしています。水曜日と木曜日は夜の授業だけなので、日中はラボにて課題し、授業の前に外でデジタルペインティングしたり。

金曜日は16時に授業が終わった後に少し休憩、19時からはゲストスピーカーによるレクチャーがだいたい隔週であるのでそれに参加しています。ない時はラボで課題し、寝る前に英語の勉強といった感じです。

週末の土日はラボで宿題か、自分のフィルム制作をしていますね。2時間くらい外でデジタルペインティング、夜は英語の勉強か息抜きでブログを書くことも。

基本的には授業に出ているか、課題をしているかという地味な生活ですが、昨年の反省を踏まえて英語の勉強時間を少し増やしました。

カルアーツでの制作物

1年目と2年目での授業内容の違い

1年目はとりあえずやってみようという感じの授業が多かったのに対し、2年目はより実践的でテクニカルな内容になりました

例えばストーリーボードの授業は、キャラの立ち位置はそれで良いのか、どこでカットを切るべきか、もっと分かりやすくて面白いカメラアングルはないかなど、非常に具体的なことを教えてくれます。

2年目になって新たに履修できる授業も多く、Digital MethodsⅡ- SoundとFilm WorkshopとAnimation Layoutは今回初。

Digital MethodsⅡ- Soundは音に関する授業だったので特に新鮮でした。音とはそもそも何か、映像作品における音の役割は何かという座学に始まり、録音機材の使用方法からPro Toolsというソフトを使用した音の編集方法といった技術的なことも学びました。

更にはボイスアクターのオーディションをする際に気をつけることなど、実際の現場でめちゃくちゃ役立つことも教わり、非常に内容の充実した授業でした。

カルアーツでの制作物

アニメーション作品を作ると言うと作画作業だけを想像する人が多いかもしれませんが、ストーリーを作らないといけないし、キャラクターや背景・世界観のデザインもしないといけないし、音や音楽も必要だし、音楽を誰かに作ってもらうならその人とのコミュニケーションも重要です

もちろん長編作品の場合は分業制ですが、個人作品であれば全て自分でやる必要があります。

カルアーツのカリキュラムはアニメーション作品を制作する上で必要な全ての要素を網羅しているので、映像作家として一通り自分で全てできる人材を輩出したいという大学の意図をなんとなく感じた学期でした。

2年目前期を無事終えた感想

散々色んな人に2年目前期はキツいと脅されたのですが、正直言って1年目の方が全然キツかったです(笑)。英語は分からないし、デジタルで絵描いたことないし、授業で扱うソフトはどれも使ったことないし。体調壊したり、何かあるたびに初めての経験でいちいちエネルギーが必要だし。

2年目は、『今学期はこれが学びたい!』ということが自分の中で最初から明確だったし、英語も少しだけ慣れてクラスメイトと授業外でも頻繁にコミュニケーションを取れるようにもなり、かなりリラックスした状態で過ごせました。

これからの2年目後期も貪欲に学び、ガンガンスキルを伸ばしていきます!

過去の連載記事はこちらから↓↓
カルアーツ アート留学連載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

髭猿

髭猿

法学部卒業の元サラリーマン。日本人なら知らない人はいない大企業に3年半勤務した後、退職。アート経験ゼロのくせに映画製作を志す。勉強開始から1年半で、アニメーション界の世界最高学府カルアーツに合格。アーティストのことをバカにするサラリーマンは嫌いだけど、サラリーマンのことをバカにするアーティストも嫌いっていう、わがままなスタンス。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。