【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

オーストラリアでインターネットを使うには?海外パケットからポケットwifiまで料金を徹底解説

オーストラリア wifi

オーストラリアに渡航してまず最初にしたいのが、インターネットを接続して友人や家族に連絡を取ることですよね。しかし人によってはどのようにスマホをインターネットに繋げられるかわからないという方もいるのではないでしょうか。

幸いオーストラリアはインターネット環境が十分に整備されており、適切な方法さえ取れれば快適にインターネットを利用することができます。

とはいえ具体的な利用方法にはどのようなものがあるかは分かりづらいかと思います。

そこで今回は、オーストラリアのWi-Fi事情に関して、インターネットの利用方法、各プロバイダ、キャリアの料金プランなどをご紹介します。これからオーストラリアへ渡航予定の方は、ぜひ本記事を参考にし、現地で快適にインターネットを利用できるようになりましょう。

なお、この記事は2018年10月現在の情報を元に作成しています。レートは1AUD=82円で計算しています。

【PR】

オーストラリアに行くとインターネットは繋がらない

オーストラリア wifi

日本の携帯をそのままオーストラリアに持っていっても、携帯でインターネットを使用することはできません。これは日本で使われているキャリアとオーストラリアのキャリアが異なるためです。

そのため現地でインターネットを使用するにはいくつか方法を選ぶ必要があります。

例えば、モバイルデータ通信を利用すれば、使い慣れた自分の携帯やタブレットでそのままインターネットが使用できます。

またオーストラリア用のポケットWi-Fiを日本から持参しておけば、簡単な設定のみでオーストラリアに着いてすぐにインターネットを使用することが可能です。

オーストラリアでインターネットを使う方法

オーストラリアでインターネットを使うには、

  • ・無料Wi-Fiスポットを利用する
  • ・現地のプロバイダと契約をする
  • ・モバイルデータ通信を利用する
  • ・ポケットWi-Fiをレンタルする

などさまざまな方法があります。

ここではオーストラリアでインターネットを使う方法をそれぞれの方法別にメリット、デメリットも含め詳しくご説明していきたいと思います。

無料Wi-Fiスポットを利用する

オーストラリア wifi

オーストラリアでは多くのカフェやファーストフード店、大手スーパーマーケット、タクシーなどでフリーWi-Fiが導入されており、利用者は無料でインターネットを使うことができます。

無料Wi-Fiスポット(1)空港

オーストラリアのほとんどの空港では、無料でWi-Fiを使用することができます。現地についたらまずは空港のWi-Fiに繋いで連絡や情報収集をしてみましょう。

しかし、空港の無料Wi-Fiには時間制限があり、一定の時間を超えると有料になって繋がらなくなるので注意が必要です。もしWi-Fiを使うのであれば「誰と連絡をとるか」「何を調べるか」を明確にしてからインターネットを繋ぐようにしてください。

無料Wi-Fiスポット(2)図書館

オーストラリアの多くの図書館では、無料のWi-Fiを使用することができます。基本的に時間制限もなく調べ物や読書、勉強などをするときにも最適です。

無料Wi-Fiスポット(3)カフェ

オーストラリアの主要都市のカフェなどでは無料のWi-Fiを使えるところが多いです。
有名なところで言えば、

  • ・スターバックスコーヒー
  • ・グロリアジーンズコーヒー
  • ・トムトムズコーヒー

こういった有名カフェなどで利用できるので非常に便利です。しかし混雑時などは繋がりにくいこともあるので注意してください。

無料Wi-Fiスポット(4)ホテル

オーストラリアではホテルで無料Wi-Fiが使えるところが多くなってきました。ホテルによっては部屋内が有料でロビーが無料、部屋内のみ利用可でロビーは利用不可などさまざまなものがあります。

もしWi-Fiを使いたい場合は事前に確認をとっておくことをおすすめします。

無料Wi-Fiスポット(5)ショッピングセンター

オーストラリアのショッピングセンターでは無料Wi-Fiを使えるところがあります。有名なところで言えばオーストラリア全土でスーパーマーケットを展開している「ウールワース」は無料のWi-Fiが使用できます。

パスワードや入力事項もなく、店舗も多いので困った時は利用してみてください。

プロバイダと契約をする

オーストラリア wifi

オーストラリアに長期滞在をする人は現地のプロバイダと契約をして、自宅でインターネットを使うこともできます。基本的にシェアハウスやホームステイであれば、もとからWi-Fiが使えるところもあります。

しかし、ネットが完備されていない家もあるのでプロバイダについて理解しておく必要があります。プロバイダのメリットとしては安定してネットを使えることで、デメリットは家でしか使えないので外出先で使いたい人には適していないところ。

後ほど、外出先でも使えるポケットWi-Fiも解説していきますので参考にしてみてください。

現地会社プランの比較

それではオーストラリアのインターネットプロバイダの比較をしていきたいと思います。各社の料金や使用可能データ容量、メリットやデメリットをまとめてみました。

AAPT

月額料金:69AUD(5,648円)
データ量:12GB

AAPTのメリットは長期契約がないのがメリットで、短期留学や一時的にインターネット回線が必要になった人におすすめです。

OPTUS

月額料金:49.95AUD(約4,246円)
データ量:25GB

オーストラリアで最大手の電話会社で、料金プランも割安なので大きなメリットです。しかし、長期契約が必要なので1年以上同じ場所に住む人にはおすすめできますが、短期滞在の人には厳しいかもしれません。

TPG

月額料金:49,95AUD(約4,246円)
データ量:20GB

TPGはお得な料金プランが豊富で速度も早いのがメリットです。デメリットとしてはカスタマーサービスが少し弱い点で、電話しても繋がらなかったり知識がないスタッフが対応したりすることもあるとのこと。

英語に自信がない方やネット回線に詳しくない方は避けた方がいいかもしれません。

モバイルデータ通信を利用する

オーストラリア wifi

ドコモやau、ソフトバンクなどでは海外でモバイルデータ通信を使えるプランがあります。海外のWi-Fiやネットを契約するのが不安、ネットの手続きをするのが面倒という方にはおすすめできます。

しかし、料金は割高になってしまうというデメリットもあるので短期滞在や一時的な利用がおすすめ。それではメリットとデメリットを踏まえつつ日本の各キャリアのプランを比較していきたいと思います。

日本キャリア(auなど)のプランの比較

docomo(ドコモ)

海外パケ・ホーダイ:速度制限なしの使い放題プラン
料金:2,980円/1日

パケットパック海外オプション:980円/24時間で日本で加入しているパケットプランが海外で利用できるようになります。ただし、日本のパケット制限を超えると速度制限がかかるので利用には注意が必要です。

au

海外ダブル定額:速度制限なしの使い放題プラン
料金:2,980円/1日

世界データ定額:日本で加入しているパケットプランのまま海外インターネットを利用できるようになるプラン
料金:980円/24時間

*世界データ定額を利用する場合、日本のパケット制限を超えると速度制限がかかります。

SoftBank(ソフトバンク)

海外パケットし放題:速度制限なしの使い放題プラン
料金:1日の使用データ量が25MB未満の場合 1,980円/1日
25MB以上の場合 2,980円/1日

基本的にどのキャリアの値段も同じなので、現在使っている会社もので問題はないです。しかし、地域などによっては使えない場所もあるので事前に確認しておきましょう。

ポケットWi-Fiをレンタルする

オーストラリア wifi

ポケットWi-Fiはオーストラリアをはじめさまざまな国で利用することができます。各携帯キャリアのモバイルデータ通信よりもお得に利用できるので旅行や短期滞在に便利です。

大容量のプランもあるためデータ量を気にせず使えるのも大きなポイント。デメリットとしては現地のプロバイダやSIMを使うよりは料金が高いので、旅行や短期滞在にしか向いていないところです。

こちらでは「4Gの高速Wi-Fi6日間」の同一条件で各社を比較してみました。

日本Wi-Fiレンタルサービスのプランの比較

イモトのWi-Fi

料金:7,080円/6日
1日の制限データ量:500MB

イモトのWi-Fiは使い勝手も良く海外旅行などで幅広く利用されています。

家にルーターを宅配してもらうこともできますし、日本の主要空港(成田、羽田、関空、福岡など)でも受け取ることができます。1日500MBなのでインターネットを利用する時間が多い人にぴったりです。

FAST-FI

料金:2,640円/6日
1日の制限データ量:350MB

FAST-FIは値段も手頃で1日の制限データ量も350MBなので、料金は抑えたいけどインターネットもたくさん使いたい人におすすめです。こちらも全国の主要空港で受け取ることができます。

フォートラベルglobalWi-Fi

料金:1,740円/6日
1日の制限データ量:300MB

フォートラベルはポケットWi-Fiの中でも、特にお得な料金で人気を集めています。日本の主要空港で受け取ることもでき、非常に便利です。

1日の制限データ量が300MBと少し少ないのがデメリットですが、あまりインターネットを利用しない人ならば問題なく使うことができます。

Wi-HO(ワイホー)

料金:1,608円/6日
1日の制限データ量:300MB

Wi-HO(ワイホー)はポケットWi-Fiの中で最もお得に借りることができます。日本の主要空港で受け取ることもでき、旅行の費用を抑えたい人におすすめです。

1日の制限データ量が300MBですが、たくさん使わないという人ならば問題ないでしょう。

オーストラリアでWi-Fiを使う際の注意点

オーストラリア wifi 注意点

オーストラリアでWi-Fiを使う際にはいくつか注意しなければいけない点があります。ここでは5つ紹介するので、オーストラリアへ渡航する前に確認してみてください。

注意点(1)モバイルデータ通信はOFFにしておく

オーストラリアなどの海外へ行く場合はモバイルデータ通信をOFFにしてから行くようにしてください。モバイルデータ通信が入ったままだと、国際ローミングが適用され現地のネットワークに接続されます。

帰国後に高額な請求が届いてしまうので、モバイルデータ通信をOFF、機内モードをONにしておきましょう。

注意点(2)無料のWi-Fiはセキュリティに注意

海外の無料Wi-Fiは基本的にセキュリティがかかっていないことが多いです。トラブルに巻き込まれないためにも、個人情報を入力するようなWi-Fiは避けるか、信頼ができるものだけ使ってください。

無料Wi-Fiは不正アクセスや個人情報を見られる可能性があるので、もしWi-Fiを使いたい場合は、常にWi-FiをOFFにしておいて使いたいWi-Fiがある時だけ手動で接続しましょう。

注意点(3)速度が遅い

海外では無料のWi-Fiスポットが数多くありますが、基本的に速度が遅いことが多いです。特に人が多くて混雑しているときは繋がりにくいので、使用するなら人が少ない時に利用してみてください。

基本的に、無料Wi-Fiは基本的に繋がらないと思った方が良いでしょう。オーストラリアの無料Wi-Fiで最も繋がりやすいのは図書館なので、ネットを無料で使いたい人は図書館を利用しましょう。

注意点(4)時間制限に注意

オーストラリアはWi-Fiが使える場所が多数ありますが、時間制限がかかっているものがあります。主要な空港では1時間まで無料でそれ以降は有料というものが多いです。

そのため事前に何を検索するかなど決めてからWi-Fiに接続しましょう。

注意点(5)ポケットWi-Fiのルーターは機内持ち込みする

ポケットWi-Fiのルーターにはリチウム電池が使用されているので、チェックインの時に受託手荷物に預けることができません。そのため必ず機内持ち込みをしてください。

仮に受託手荷物にいれてしまった場合、没収されたり破棄されたりする恐れがあります。そうなってしまうと高額な紛失料金を払う可能性も出てくるので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

オーストラリアでは、フリーのWi-Fiスポットも多く、無料でインターネットを利用することが可能です。しかし利用時間に制限があるなど、快適なインターネット利用ができない場合も多くあります。

その際は、日本から事前にポケットWi-Fiを持ってくる、モバイルデータ通信を利用する、現地プロバイダと契約するなどし、快適にインターネットを利用する環境を整えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

しっしー

しっしー

コンビニ商品開発職を退職後、ライター兼ブロガーとして独立。現在はオーストラリア在住ライターとして活躍。主に留学やオーストラリアについて発信していきます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。