イギリスの鉄道はどう乗ればいいの?予約から料金まで、気になる鉄道情報まとめ

イギリス 鉄道

イギリスは全土に観光地があり、旅行者は交通機関を利用する場面が多くあります。その中でも鉄道は、国土全土に露善が張り巡らされているため、観光客におすすめの移動手段となっています。

とはいえ海外の鉄道は日本とは利用方法も異なるため、利用をためらってしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、イギリスの鉄道の利用方法について詳しく解説したいと思います。これからイギリスに行く予定のある方はぜひ参考にしてみてください。

【PR】

イギリスの鉄道の概要

路線

イギリスでは、さまざまな民間の鉄道会社が管理している総称ナショナルレイル(National Rail)が走っています。

国内の交通手段には鉄道の他にもバスや飛行機などがありますが、飛行機よりは費用を抑えたい、バスより早く目的地に着きたいという方には、バスはおすすめの移動手段です。他にも車窓からの景色を楽しみたいという方も鉄道を利用することが多いです。

乗車券を購入するにはどのような方法があるか

イギリスで鉄道の乗車券を購入するには、事前にネットで席指定もしくは自由席で予約購入をする場合と、当日駅の窓口で購入することができます。

または旅行中の主要交通手段が列車移動となる場合には、一定期間乗り放題のブリットレイルパスを購入することをおすすめします。

ブリットレイルパス

ブリットレイルパスには種類があり、利用できるエリアが分かれています。

BritRailPass:イギリス全土
BritRail England Pass:イングランドのみ
London Plus Pass:ロンドンのみ
Britrail South West Pass:ボーンマスからデーヴォンなど南西部

また、利用する期間も3日、4日、8日、15日間とさまざまなので、利用目的に合った乗車券を購入してください。購入は以下のページから行えます。
ブリットレイルパスHP(http://www.britrail.com/

前売り券の購入の仕方

PC

なるべく安い料金で鉄道を利用したい方は、乗車券購入をなるべく早めにすることをおすすめします。場合によっては通常料金の半額程度の料金で購入も可能です。

購入方法は以下の3通りの方法があります。

方法(1)ネットで予約する

ナショナルレイルの公式サイトではイギリス全土の列車の料金と、限定価格の料金を比べて予約することができます。

乗車券購入後確認メールが届くので、そこに記載されている番号を利用日当日に駅の発券機で入力し、乗車券を手にいれることが可能です。

方法(2)電話で予約する

ネットで数多くある鉄道会社のホームページで料金を確認しても、どれを購入したらいいのかわからないと困っている方には、現地で旅行代理店に格安の乗車券購入を手伝ってもらう方法もあります。

電話で各社の価格比較をし、最もお得な値段のものを教えてもらえ、電話越しに購入することもできるサービスがあります。英会話に問題がなければこの手段もありかと思います。

方法(3)窓口で購入する

手っ取り早く乗車券を購入したい方は駅の窓口で事前購入も可能です。ただしネット予約のような割引はないため、なるべくお得な料金で移動をしたいという方にはおまりおすすめではありません。

一方で事前に乗車券を持てる安心感があるため、イギリスに慣れない方にはおすすめの方法です。

当日の利用の流れ

利用日当日は以下の流れで鉄道を利用しましょう。

流れ(1)乗車券の発券

事前に乗車券を購入した場合は、当日発券機でチケットを入手する必要があります。あらかじめ届いているメールを確認し、記載されている番号を発券機に入力すれば問題ないです。

もし発券機をどのように使えば良いかわからない場合は、近くの駅員などに聞いてみましょう。

乗車券の購入(当日券の場合)

当日券を購入したい場合は、直接窓口、あるいは発券機が設置してあるところに行きチケットを購入しましょう。いずれも目的地と出発時間、片道か往復かといった点を伝えれば発見はできます。

流れ(2)改札通過

乗車券を手に入れたら自動改札機に通します。稀に不具合のためかドアが開かない場合もあるので、その場合は近くにいる駅員さんに助けをもとめましょう。

また、ベビーカーや車いす、大きなスーツケースを持っている場合は、広い改札機もあるため無理せず周りをよくみましょう。

流れ(3)プラットフォームの確認

改札通過前または、通過後のプラットフォームに電子掲示板があり、どのホームからどの列車が発車するのか確認できます。日本と大きく異なるのは、ほとんど駅構内でのアナウンスがないことです。

列車の遅延はよくありますが、アナウンスはされず掲示板に随時更新されます。列車も静かにホームにはいってきて、静かに出発していくので、うっかり乗り遅れてしまうなんてことがないよう入念に確認しましょう。

流れ(4)乗車

席指定をしている場合は車両(Coach)番号と席番号を確認し、乗車後に探しましょう。時には自分の席にすでに人が座っている場合もあるので、話しかけ、席を代わってもらうようにしてください。

流れ(5)下車

下車するタイミングは車内の電光掲示板とアナウンスで確認しましょう。アナウンスが始まったタイミングで荷物をまとめれば問題なく下車することができます。

車内の様子

列車内は新幹線のように広々としており、快適に過ごすことができます。

新幹線の席を想像してもらえると近いかと思います。ほんの少しですが、リクライニングも可能です。テーブルもついているため、読書や食事にも便利です。

サービス

30分〜1時間ごとに軽食の車内販売のワゴンを押した売り子さんが通り、温かいコーヒーや紅茶などが販売されます。

1等席の場合、無料で軽食や飲み物がついてくるためお得です。

その他設備

スーツケースやベビーカーなどの大きな荷物は、車両内にまとめておけるスペースがあるため活用しましょう。ただし荷物の盗難や紛失も起こる可能性は十分にあるため、貴重品は必ず自身で管理をしましょう。

イギリスの鉄道の料金目安

では実際の鉄道を検索し、どれほどの走行距離と時間、料金がかかるかシミュレーションしていきます。

例(1)ロンドンーエディンバラ

エディンバラ

ロンドンキングスクロス駅からエディンバラ駅まではイーストコースト線を利用します。

乗車時間

例)2018年10月30日 09:00キングスクロス発
13:37 エディンバラ着   乗り換えなし 4時間17分
2018年11月5日  08:00 エディンバラ発
12:48 キングスクロス着  乗り換えなし 4時間18分

料金

60.50ポンド(8,773円)

例(2)ロンドンーマンチェスター

マンチェスター

ロンドンユーストン駅からマンチェスターまではウエストコースト線を利用します。

乗車時間

例)2018年10月30日 10:00 ユーストン発
12:05 マンチェスター着 乗り換えなし 2時間5分
2018年11月06日 10:15 マンチェスター発
12:20 ユーストン着   乗り換えなし 2時間5分

料金(普通料金)

48ポンド(6,960円)

イギリスで鉄道を利用する際に注意すべきこと

ポイント

注意点(1)旅行計画は早めにする

イギリスの鉄道は利用日より早い段階で申し込むほど、安い料金で乗車券を購入することができます。

少しでも移動費を抑えたい方は、なるべく旅行計画を早い段階で決め、乗車券も確保を行った方が良いです。

注意点(2)鉄道の発着ホームはこまめに確認する

イギリスでは、列車を待っている間に発着ホームが変更になることが起こります。そのため、一度確認したホーム番号も、変更がないかこまめに確認するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょか。イギリスで鉄道を利用する場合は、なるべく早い段階で乗車券を予約することで料金を安く済ませることができます。

また鉄道の利用の仕方はおおむね日本と変わりませんが、発着ホームの変更には十分注意してください。

これからいぎりすへ行く予定のある方は、ぜひ今回紹介した内容を踏まえ、鉄道を利用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With イギリス編集部

School With イギリス編集部

イギリスで実際に滞在経験のあるライター、今も生活をしているライターによる編集チームです。イギリスでの留学を考えている皆さんに役立つ情報をお届けします。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。