School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

アイルランド(ダブリン)行き格安航空券を徹底解説!安い時期や検索のコツとは?

飛行機

「アイルランドに行きたいけれど、航空券はどうやって買おう……」

と悩んでいる方。

日本からアイルランド行きの直行便はありません。ヨーロッパや中東、アジアで乗り換える必要があり、15時間ほどかかります。航空券の相場は往復で8万5,000円。安い時期をねらうことで、もう少し節約もできます。

とはいえ、どのようなフライトで行けばいいのか、なかなかわかりませんよね。

そこで今回は、

・アイルランド行き航空券の相場や安い時期
・首都のダブリン行きフライトについて
・格安航空券を検索する方法

を紹介します。「自分で格安航空券を見つけるのって難しそう…」と感じるかもしれませんが、相場を知るだけなら簡単です。

まずはアイルランド行き航空券について、ざっくりと知りましょう!

※この記事では、1ユーロ=130円で計算しています。
※この記事の情報は、2018年8月時点のものです。

【PR】

アイルランド行き往復航空券の相場や安い時期

フライトの時期

日本からアイルランドまで、直行便はありません。そのため経由便について、

・相場や安い時期
・入国での注意点

をお伝えします。

アイルランド行き往復航空券の相場やフライト時間

アイルランド行き航空券の相場は、往復で8万5,000円です。フライト時間は15〜20時間ほど。どの空港からでも、経由便を使用します。

経由地からLCCを使うと、さらに節約も可能です。ヨーロッパ各地からのLCCは安く、片道で平均1〜2万円しか必要ありません。乗り換えで荷物のピックアップが必要ですが、より格安フライトを見つけることができます。

アイルランド行き航空券が安い時期は11月

航空券の値段を、年間を通してチェックしてみましょう。

【1月】8万円
【2月】7万9,000円
【3月】8万8,000円
【4月】9万7,000円
【5月】8万2,000円
【6月】7万7,000円
【7月】7万9,000円
【8月】11万1,000円
【9月】7万7,000円
【10月】7万6,000円
【11月】7万6,000円
【12月】9万3,000円

時期によるものの、年末年始やゴールデンウィークなど連休の時期は高い傾向です。一方で、11月など連休前は、相場よりも1万円ほど安く購入できます。

アイルランド入国時には帰りの航空券が必要

アイルランドの入国審査は、年々厳しくなっています。そのため入国には、帰りの航空券を必ず提示する必要があります。

短期の旅行者だけでなく、留学生でも航空券は必要です。日本への帰国の航空券か、第三国へ出国する航空券を購入してください。

ここまでアイルランド行き航空券について、ざっくりとお伝えしました。

続いては、ダブリン行き航空券について、詳しく解説します。

日本からダブリン行き格安航空券の種類について

入国審査

日本から首都のダブリン行きの直行便はありません。

そのため経由便について、

・経由地やフライト時間
・ロンドン経由での注意点
・空港からダブリン市内への移動手段

を紹介します。

経由便は、ヨーロッパや中東、アジアで乗り換え

経由便は、以下の通りです。

ヨーロッパ経由

以下のエリアを経由します。フライトは平均15時間です。

・ロンドン
・パリ
・アムステルダム など

航空会社は以下の通りです。

・ブリティッシュエアウェイズ
・KLMオランダ航空
・エールフランス
・JAL
・ANA など

中東経由

以下のエリアを経由します。フライトは平均20〜24時間です。

・アブダビ
・ドバイ

航空会社は、以下を利用できます。

・エティハド航空
・カタール航空
・エミレーツ航空 など

アジア経由

以下の国を経由します。フライトは平均26〜30時間です。

・中国
・香港
・台北

航空会社は以下の通りです。

・キャセイパシフィック航空
・中国南方航空 など

アジア経由は特に時間がかかるため、短期の旅行ではおすすめできません。

急いでいるときは、フィンランド経由が平均13〜14時間と短いです。

ロンドン経由では、入国審査を受ける必要がある

ロンドン経由の場合、一度イギリスの入国審査を受ける必要があります。

またロンドンの入国審査は厳しく、滞在日数や期間など何回も聞かれることも。そのため「トランジットであること」「ロンドンには数時間ほどしか滞在しないこと」をしっかりと伝えましょう。

また日本へ帰国する航空券も、すぐに提示できるようにしてください。

空港からダブリン市内への移動手段

移動手段は、以下の通りです。

シャトルバス「エアリンク」

オコンネルストリートまで約40分、料金は7ユーロ(約910円)、往復なら12ユーロ(約1,560円)。

シャトルバス「エアコーチ」

シティセンターまでは約30分、料金は6ユーロ(約780円)、往復で11ユーロ(約1,430円)。24時間運行のため、深夜の到着でも移動可能。青い車体が目印。

シャトルバス「エアポートホッパー」

中心部のタラト・スクエアまで約50分、料金は10ユーロ〜(約1,300円〜)。オンライン予約で20%オフになる。

市バス「ダブリンバス」

16番はBallinteer (Kingston) 行きで中心部まで約40分。41番は中心部まで約30分。料金はどちらも3.3ユーロ(約429円)。黄色い2階建ての車体が目印。

タクシー

市内の中心部まで約25〜45分。料金は約25〜35ユーロ(約3,250〜4,550円)。チップとして料金の10%を支払う。

アイルランド行き格安航空券を検索する方法

PC

アイルランドなど海外行き航空券を探すときは、スカイスキャナーなどの予約サイトを使いましょう。ここでは

・使い方
・格安航空券を見つけるコツ

をお伝えします。

スカイスキャナーの使い方

使い方は、以下の通りです。

1. トップページから、出発地と到着地の空港を入力する。
2. 希望の日時を設定する。
(日時が決まっていなければ、「8月」「12月」など1カ月単位で検索も可能。)
3. 安い順にフライトが表示されるため、希望するものを選択する。

最初から具体的な発着地(例:ダブリン空港など)を入力していると、グラフ上になった航空券の相場がチェックできます。

アプリをダウンロードしておくと便利です。
iOS版アプリページ
Android版アプリページ

「航空券+ホテル」のセットでさらに格安に

スカイスキャナーは、航空券とホテルをセットで予約できます

ホテルを一緒に予約することで、全体から20〜30%の値引きがあることも。まだ宿泊先が決まっていないときは、スカイスキャナーでホテルも探しましょう。

スカイスキャナーで格安航空券を検索するコツ

格安フライトの検索には、以下のコツがあります。

・購入は2〜3カ月前が安い
・「24日」など特定の日にちではなく、「8月」「12月」などの月単位で検索する

出発日の2〜3カ月前は、旅行会社のキャンセル分や空席が販売されます。そのため1人分や2人分など少人数のフライトを購入しやすく、値段は通常よりも安いことが多いです。

個人旅行であれば、2〜3カ月前をねらうのがおすすめです。直前よりも、早めに購入するほど安い傾向です。

予約サイトを使いこなして、格安航空券を見つけましょう!

まとめ:アイルランド行き航空券は、11月が格安!

今回はアイルランド行き航空券について、解説しました。

アイルランド行きのフライトは、相場が8万5,000円、フライト時間は平均15〜20時間ほど。安い時期は11月のため、時期を選択すれば1〜2万円ほど節約も可能です。

ダブリン行きフライトは、

・ヨーロッパ
・中東
・アジア

のどこかを経由します。

格安航空券を検索するには、スカイスキャナーなどの予約サイトがおすすめです。アプリをダウンロードして、さっそく検索してみましょう!

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。