School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

鉄道が使えない?! アイルランド・ダブリン空港から市街地へ行くための交通手段まとめ

ダブリン空港

こんにちは!アイルランドの首都ダブリンに1年語学留学しておりましたモモです!
ダブリンの場合、空港は市街地から離れているところにあるので「どうやって市街地まで移動するか」を考えなければならないです。

バスやタクシーなど手段はいろいろある上、それぞれ値段も違うし、所要時間も違う、一体どれが一番楽なんだ…と、私はどこに行く際もこれを考えるのが面倒くさいランキングの上位にランクインしていました。

そこで、今回はダブリン市内と空港をつなぐ交通手段には何があるのかご紹介していこうと思います(^O^)/少しでも参考になれば嬉しいです!

それでは、いってみましょう!

尚、本文で出てくる交通機関の料金は2017年10月17日現在での料金、円・ユーロ換算は2018年3月8日時点でのレート(1€=131円)で計算しています。

【PR】

交通手段はバスとタクシーがメイン

ダブリン空港

最初に言ってしまうと、手段として大きくは2つ。バスかタクシーです。電車は通っていません。面倒くさがりの私でもこれならわかりやすい!しかし、バスの中にもいくつか種類があるのでちょっと詳しくお話していきます。

(1)「Dublin Bus(ダブリン・バス)」

ダブリン・バス

ダブリン・バスは街でよく見かける黄色い2階建てバスで、空港と市内を行き来することができます。

ダブリンのバスはルートをナンバーで表していて、16番と41番に乗るとダブリン市内に行くことができます。所要時間は40分~1時間ほどで、運賃は空港からダブリン市の中心地オコンネルストリートまでで大人1人あたり3.3€(432円)。リープカードという、日本でいうとsuicaのようなもので支払う場合は割引されて2.6€(340円)です。

価格はかなり安くありがたいのですが、Dublin Busはおつりが出ないシステムのため、コインをぴったり持っていなければ損をしてしまいます。

また、残念ながら荷物を置く場所はないので、大きい荷物を持っている場合乗車できない可能性もあります。利用の際はご注意を。

16番バスの時刻表
41番の時刻表
運賃計算

ちなみに乗り場はターミナル1を出て左側にあります。最終バスは市内→空港、空港→市内ともに23時半です。また最終バスはシティセンターまでしか行かないようなのでお気を付けください!

(2)「Airlink」

Airlink

2つ目に紹介するのは先ほど紹介したDublin Busが運営する「Airlink」です。Airlinkには複数の路線があり、その中で空港と市内を結ぶのは「Airlink747」と「Airlink757」の2種類があります。

緑の車体が特徴で、気になる運賃は、大人1人片道7€、リターンチケット=往復券12€(1572円)です。

所要時間は空港からオコンネルストリートまで約40分です。10~15分間隔で運行しており、空港から乗る場合はターミナル1を出て右、エスカレーターの下に乗り場があります。

チケットはそこにある券売機で買うこともできますし、乗ってドライバーから買うことも、リープカードにチャージさえしておけばそれで乗ることも可能です。

大きい荷物も載せることができるので長旅の前後も安心です☆こちらは市内から空港までの最終バスが23時半、空港から市内までの最終が0時半となっています。私が留学中によく利用していたのはこのバスです。

Airlinkホームページ
DublinBusホームページ

(3)「aircoarch」

3つ目に紹介するのは、空港バスである「aircoach」です。車体は青く、2階建てではありません。日本でいうところの大型バスのような感じです。ちなみにこちらはなんと24時間運行!深夜・早朝最高ですネ!

私も朝4時ごろに乗ったことがあるのですが、車内も暗く、座席の座高が高く包み込まれるようで「寝るのに最高」との記憶があります。ただ座席のシートが布ではなく、滑りやすかったような…。運賃は大人一人当たり片道7€(917円)、リターンチケットは12€(1572円)。ですが!オンライン予約すると片道6€(786円)、リターン11€(1441円)になっちゃいます!1€といえど、お得に越したことはないですね。

23時55分~3時25分までの間は30分間隔で運行され、その他の時間帯は15分間隔です。所要時間は約30分なので最短で、市内に行きたい場合はこちらがおすすめです☆

乗り場は2ヶ所あり、ターミナル1では到着ゲートを出てすぐのところに、ターミナル2では出発ゲートの近くにあります。

また、こちらの「Aircoach」は、アイルランド国内の都市の間も多く結んでいるので、離れた街へ国内旅行にも行けちゃいます。私はツアーで行けるような観光スポット以外、全然国内旅行に行かなかったので行けばよかったなあと後悔してます(笑)。
aircoachホームページ

(4)タクシー

タクシー

最後はタクシーです。所要時間はこちらも約30分。運賃はだいたい25~30€(3,275円〜3,930円)かと思われます。私は空港からは使ったことがないのですが、以前友人が空港からシティセンターを超えてギネスストアハウス周辺まで来た際は35€(4,585円)と言っていたと思います。

日本と比べるとタクシーがだいぶ安いので驚きました。私の地元、車で15分の距離で1500円かかるんですけど…泣。バスとかいろいろ面倒!という方はタクシーもいいかもしれません。

ちなみにチップですが、必ずしも払う必要はありません。ですが、語学学校の先生はいつも10€(1310円)ほど置くと話をしていました。が、さすがに職なしビンボー語学留学生でその額は痛かったので、私は1~5(131〜655円)€ほどの小さい額を渡していました。

まとめると...

以上の4つがダブリン空港から市街地に出るための交通手段になります。表にまとめるとこんな感じになります。

運賃 所要時間 補足
Dublin Bus(黄色) 大人:3.3€
リープカード:2.6€
40分~1時間 子供割あり
コイン要
Airlink (緑) 片道チケット:7€
往復チケット:12€
約40分
Aircoach(青) 片道チケット:7€
往復チケット:12€
約30分 オンライン予約で1€割
タクシー 25~30€ 約30分

バスを利用する際の注意点

アイルランドの正式な第一公用語はゲール語で、英語ではありません。そのため街中の標識等も上にゲール語、下に英語が書いてあります。同じことがバスの行き先アナウンス・表示にも言え、最初に全く分からないゲール語が、そのあとに耳馴染みのある英語が聞こえてきます。

そのため、どこで降りるのか少々わかりづらいのです(笑)。なので留学生は、慣れるまで乗車時に降りたいところをドライバーに伝え、バス停が近づいたときに教えてもらうことをオススメします

私が留学に来て間もないころは、まったくそのことがわからなくて、バスに乗ったはいいものの終点まで行ってしまい、初日から学校に遅刻してしまいました。それがトラウマでその後1週間毎日歩いて通学し、結果毎日迷子になっていました(笑)。


ダブリンにいた頃のモモさん

今回紹介したように、ダブリンはロンドンなど他の大都市のように鉄道が整備されていないので、空港からの移動は大抵バスかタクシーを利用します。もし乗り場がわからなかったら空港職員に聞けば親切に案内してくれますし、そもそも空港がそこまで大きいわけでもないので、道に迷って困ることもほとんどないです(私は1、2回迷いました)!

この記事を書くために久しぶりにバス会社のホームページを開いていたら、いろいろと思い出してまたダブリンに行きたくなってきました。毎日迷子だっていい思い出です。これから訪れる方はたくさん楽しんできてください♡

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Momo

Momo

周りの友達が就活をしている中、大学4年の後期から休学を決意して「日本人が少ない」「ヨーロッパ留学かっこいい!」というだけの理由で2015年10月よりアイルランドに1年の予定で語学留学。現在6ヶ月を終えちょうど折り返し地点に到達。留学情報が少ない国ですがリアルなアイルランド情報を発信していきます!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。