School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

日本の英語能力、非英語圏ランキング80カ国中37位と低迷続く

  • ニュース
    • 公開 : 2017/11/13 編集 : 2017/11/13
    • School With 留学ブログ編集部

英語能力ランキング

photo by: EF Japan

イー・エフ・エデュケーション・ファースト(EF)ジャパンは10日、語学能力を測るCommon European Framework of Reference (CEFR) によって定義された英語能力指標に基づき、非英語圏の英語能力の世界ランキングを発表した。

同ランキング1位はオランダで、2位3位にスウェーデン、デンマークとヨーロッパ圏が続く。しかしその一方でトップ10にはシンガポール、南アフリカがランクインしており、教育や政策によって英語力が向上することが認められた。

シンガポールは建国当初から英語教育を推し進めており、2000年にはゴー・チョクトン首相の元「正しい英語を話す運動」が起こり、現地語と英語が混ざったシングリッシュではなく、正しい英語を話すことを国として推奨している。

今回ランキング初参加の南アフリカも、2016年に英語を大学内の公用語の1つとする言語政策を採用し、今後更なる英語力の向上を目指している。

一方、2011年に14位にランクインした日本は年々順位を落とし、今年は37位という結果になった。政府はスーパーグローバル大学創成支援事業を始め、積極的に若年層の英語力強化を進めているがあまり効果は見られない。

また男女別に見ると日本の男性平均は50.70ポイントと世界平均の52.97ポイントに約2ポイント下位に位置し、女性は54.44ポイントと世界平均の53.81ポイントに約0.6ポイント上位に位置し、女性のグローバル志向が伺える。

都市別に見ると東京、横浜がそれぞれ53.44、52.86ポイントとスコアを牽引する一方で、札幌、福岡などの地方都市が日本の平均以下となってしまっている。近年積極的にインバウンドの呼び込みを行っているだけに、地方都市は英語人材の確保にも力を入れ、更なる発展をしてほしい。

ランキング上位のヨーロッパ圏は多様な奨学金が設けられており、学生を中心に多くの留学生が国外に学びに出ている。日本も大学奨学金やトビタテなど奨学金が拡充しつつあるため、留学検討者はぜひ身の回りにある奨学金を調べて見てもいいかもしれない。

英語能力ランキング

photo by: EF Japan

参考:EF Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部です。一人ひとりのベストな留学の実現を目指すべく、留学生活や英語学習などに役立つ情報を発信しています!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。