School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

フィリピンが全国の公共の場で喫煙を禁止、7月23日より大統領令を施行

喫煙する男性

フィリピン保健省は7月15日、フィリピン全土における公共の場での喫煙を禁止する大統領令No. 26を、7月23日から施行すると発表しました。

大統領令No. 26は、5月16日にドゥテルテ大統領によってサインされ、フィリピン全土における公共の場での喫煙を禁止するものです。

ドゥテルテ大統領はダバオ市長時代に、屋内外を問わず市内全域、公共の場での喫煙を全面的に禁止する条例を制定させた実績があり、今回はそれをフィリピン全土で実施する試みです。

大統領令No. 26で指定されている公共の場には、以下が含まれています。

・学校
・子供向けの娯楽施設
・エレベーター
・階段
・火災の危険性がある地域
・病院や診療所
・調理場
・その他の食事を用意する場所

違反者には罰金が科される可能性があるので、今後フィリピンへ行かれる喫煙者の方々は注意が必要です。なお、電子タバコはこの大統領令No. 26には該当しません。

(参照:DOH readies nationwide smoking ban

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部です。一人ひとりのベストな留学の実現を目指すべく、留学生活や英語学習などに役立つ情報を発信しています!

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。