School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界32カ国の語学学校を約4,000校掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

ディズニーリゾートとユニバーサル・スタジオ・ハリウッドを満喫!カリフォルニア旅行記前編

こんにちは。アメリカユタ州にある都市、ソルトレイクシティに留学しているRinです。

5月初旬に語学学校の1セッション目が終わり、次のセッションまで10日間ほどお休みがあったので、友人と2人でカリフォルニアへ旅行に行ってきました。

カリフォルニアはアメリカの西海岸に位置し、私の住んでいるユタ州からは直行便で2時間程度です。次のセッションまでの休暇をほとんど旅行に費やしました。

今回は、休暇中に私が訪れたカリフォルニアの観光地などをご紹介します。皆さんの休暇中の旅行計画に役立つと嬉しいです。

【PR】

ディズニー好き必見!まずはカリフォルニアのディズニーリゾートへ

チケット

さて私たちはカリフォルニアに着いてすぐに、ディズニーリゾートに行きました!

テーマパークやディズニーキャラクターが好き!という方は、東京ディズニーリゾートだけでなく、カリフォルニアのディズニーリゾートも気になるのではないでしょうか?

ディズニーリゾートはカリフォルニアのアナハイムという都市にあり、有名なロサンゼルスからは少し離れています。

東京のディズニーリゾートと同様に、カリフォルニアにも2つのパークがあり、ディズニーランド・パークとディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークに分かれています。

ディズニーランド・パーク

ディズニーランド・パーク

ディズニーランド・パークは、アドベンチャー・パークに比べて子供向けのアトラクションが多く、実際に来園している人も子連れが多いように感じました。

メインの建物として眠れる森の美女のお城があり、ファンシーな世界観が特徴的です。お城の中はアトラクションの1つになっており、実際に中に入って観て回ることができます。

また、プリンセスが好きな方は実際に会いに行くこともできますよ!「Royal Hall」という施設を訪れると、日替わりの3人のプリンセスがいて、限られた時間で話をしたり写真を撮ったりできます。プリンセスと一緒に写真を撮りたい方は行ってみると良いでしょう。

他のアトラクションはスペースマウンテンやビッグサンダーマウンテン、カリブの海賊などがあり、東京のディズニーランドとあまり変わらないように感じました。

また、ディズニーランドでは天気が良いと閉園前に花火のショーを観ることができます。私が訪れた日は空が曇っていたので、残念ながら観ることはできませんでした。

このショーは東京ディズニーランドにもありますが、カリフォルニアで観るとまた違った雰囲気が楽しめると思うので、天気が良かったらぜひ観てから帰ることをお勧めします。

アドベンチャー・パーク

カーズ

アドベンチャー・パークは東京ディズニーシーに近い大人っぽい雰囲気でした。私のおすすめのアトラクションは「Radiator Springs Racers」です。

日本で「カーズ」と呼ばれているアニメは、アメリカで「レーサーズ」と呼ばれていて、このアトラクションはカーズの車に乗ってレースを体験できるものです。

開園直後には、ファストパスの長い列ができ、すぐに無くなってしまうので、朝一で取りに行く必要があります。

World of Color

またショーが好きな方は「World of Color」を観に行くことをお勧めします。このショーでは、パーク内の湖から水が噴き出し、その水にプロジェクションマッピングを用いてディズニーアニメーションが映し出され、カラフルな色と映像、音楽を楽しめるショーです。

私たちは最前列で観たかったので、レストランと優待券がセットになっているプランを利用し、レストランでご飯を食べてからショーを観に行きました。

通常は早い時間から場所取りをして観るのですが、このプランを利用したことによって場所取りをする必要がなく、他の人たちよりも前で観ることができました。ただ値段は高かったので、無料で観たい方はファストパスを取ると良いと思います。

楽しみ方でチケットを選択しよう

全体的な感想としてはどちらのパークもとても広く、1日で両方は回りきれないと感じました。ショーなどを見たりキャラクターと写真を撮ったりしたい場合は、長時間並ばなければいけないので、アトラクションに乗る時間が少なくなってしまいます。

そのため、今回私たちはアドベンチャー・パークを2日間かけてまわり、計3日をディズニーリゾートに費やしました。

しかしその分値段も高くなってしまったので、注意が必要です。パークチケットには、1日でどちらか片方しか入れないスタンダードなチケットと、1日で両方を行き来できるパークホッパーチケットがあります。

カリフォルニアのディズニーリゾートは2つのパークが向かい合っており、移動に時間がかからないので、1日でどちらも楽しみたい方はパークホッパーチケットを購入すると良いでしょう。

どのようにパークを楽しみたいかを事前に考え、チケットを購入してくださいね。パークやチケットの種類についての詳細はホームページで確認して下さい。

(参照:カリフォルニアディズニーリゾート日本語サイト

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドでハリウッド映画を体験

USH

次にアナハイムからハリウッドに移動し、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド(USH)に行きました。こちらもディズニーリゾートと同様に日本にもありますが、私はUSJに行ったことがないので初めての体験です。

まず初めに驚いたことは、人がとても少ないということでした。USJに行ったことがある友人は、USJはもっと混んでいると言って驚いていたぐらいです。

私たちは混んでいることを想定してファストパス付きのチケットを購入していたので、苦手な絶叫系のアトラクションを除いて、1日でほとんどすべてのアトラクションに乗ることができました。

Studio Tourでハリウッドの世界へ

Studio Tour

その中でも1番のおすすめは「Studio Tour」です。このアトラクションでは、大きなバスに乗って実際にハリウッド映画で使われたセットや技術を観ることができます。

ただセットを眺めるだけではなく、3D眼鏡をかけて映画の1シーンを体験することもできます。バスに乗ったまま映像を観るのですが、バスが大きく揺れたり水が噴き出したりするのでとても臨場感があり、バスに乗っていることを忘れてしまうほどでした。

自分が観たことのある映画が出てくるとより楽しめるので、行く前に予習していくのも良いかもしれませんね。

USHはディズニーリゾートと比べるとアトラクションの数が少ないので、USHは全部のアトラクションに乗りたい人でも1日あれば十分でしょう。

ディズニーリゾートとアトラクションの思考が違う

またアトラクションの趣向も全く異なっていました。ディズニーリゾートには絶叫系のアトラクションが多いのに対し、USHには3Dの技術を用いたアトラクションが多かったです。

私たちは絶叫系はあまり得意ではないので、アトラクションに関してはUSHの方が楽しめましたが、乗り物酔いしやすい方には、USHのアトラクションは向いていないかもしれません。

しかし、ディズニーに比べてキャラクターと気軽に写真が撮れたり、様々なショーも開催されたりしているので、子供から大人まで楽しめると思います。

ファストパスを付けるかどうかは難しいところですが、確実にすべてまわりたい人は付けた方が良いでしょう。ファストパスをつけるとショーを良い席で観れたり、ショーで使われている道具を役者さんに解説してもらえたりします。

ただ初めに少し触れた通りディズニー比べて空いていたので、アトラクションによっては待ち時間が15分程度のものもありました。行く時期にもよると思いますが、これらを考慮した上でチケットを選んでくださいね。パークやチケットの詳細はホームページをご覧ください。

(参照:ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド日本語サイト

まとめ

今回はカリフォルニアにある2つの代表的なテーマパークについて、私の体験談をもとに紹介しました。

ディズニーリゾートとUSH、みなさんはどちらに興味が湧きましたか?

どちらも違った魅力がありとても楽しめたので、みなさんも機会があったらぜひ訪れてみてください。

実は私のカリフォルニア旅行はこれで終わりではなく、後編に続きます。後編ではL.A.の街について記事にしたいと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学の準備で役立つ「留学のしおり」を無料でプレゼント!

留学のしおり(準備編)欧米Ver.

欧米留学をお考えのみなさんが、 事前に知っておくべきことを「留学のしおり」としてまとめました。

  • VISAや保険、お金周りなど事前の注意事項とは?
  • ワーホリするなら必見!各国の就労・就業条件
  • 日本で準備しておくべき持ち物リスト
  • 知っておくと安心!出発当日確認すべきこと

など、役立つ情報が満載!
是非チェックしてみてください。

無料ダウンロードする

※ ダウンロードには会員登録(無料・30秒でかんたん)が必要です。

この留学ブログを書いた人

Rin

Rin

Rinです。海外経験が全くないままアメリカへの語学留学を決めました。ありのままの留学体験談を提供したいです。

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。