School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

収納上手になろう!旅行や留学前に役立つパッキングのコツ8選

スーツケース

こんにちは、只今バンクーバーのカナダに留学中のyurinaです。
旅行や留学をする際に、荷物が入りきらなくて困った!という経験はないでしょうか?
パッキングに苦戦した経験がある方もいると思います。

私は21年間の人生で、今まで数えきれないほどのパッキングをしてきました。
何度もパッキングをするにつれてある程度のコツをつかみ、最終的には自分なりのテクニックを身につけたんです!

今回は旅行や留学時に便利なパッキングのコツ8つシェアしたいと思います。

【PR】

1. パッキングはスーツケース選びから!

スーツケース

まずパッキングのコツをお教えする前に、スーツケースの選び方が重要になってきます。スーツケースは安くて数千円、高い物で何十万円と非常に幅広く、その種類は様々です。

コストは人それぞれ違うと思いますが、あまりにも安いものは壊れやすいため避けた方がいいでしょう。よく旅行をするという方は、スーツケースに投資してもいいのではないかと思います。

スーツケースを選ぶ際に重視していただきたいのが、重量オーバーによる超過料金を防ぐために、なるべく軽くて丈夫なモノを選ぶことです。

スーツケース自体が重い場合、パッキングをする際に中に詰められる量も少なくなってしまいます。まだ中に詰めれるのに、重量がオーバーしてしまって入れることができないなんて悲しいですよね。

そのためにも、なるべく軽いスーツケースを選ぶようにしましょう。

2. パッキングリストを作ろう!

パッキングリスト

スーツケースが準備でき、パッキングを始めようとする前のコツとして旅行や留学に必要な物をリストとしてまとめてみましょう。パッキングリストを作ることで忘れ物を防ぐことができたり、以外にいらないかも?という物を発見することができます。

次回の旅行や留学でそのリストを使えば、スムーズにパッキングができ時間短縮にもなります!一度作っておくと何度でも使うことができ、とても便利なのでオススメです。

3. パッキングキューブを使って整理整頓!

パッキングキューブ
Photo by : flickr

パッキングキューブは、衣類を入れるための袋のことを言います。
衣類を整理整頓できるだけではなく、そのままスーツケースに入れるよりもコンパクトにおさめることができます。とても便利で優れもの!

パッキングキューブに洋服を入れる際のコツは、洋服を丸め、たたむことです。ただごちゃごちゃと入れてしまっては、パッキングキューブの役目を果たさなくなってしまいます。

様々なサイズがあるのでトップスやボトムス、下着などとカテゴリーごとに分ければ、更にパッキングしやすくスーツケースの中をキレイに整理整頓することができますよ。

4. 重い物はスーツケースの下へ、壊れやすい物は上へ!

スーツケース中身

衣類や靴、アウターやタオルなどの重い物、壊れる心配がないものはスーツケースの下(足)の方に入れるようにしましょう。

一方で、液体類や化粧品、お土産で買ったマグカップやガラス類は、スーツケースの上または真ん中の方に入れておくのが良いです。預け入れ荷物は荒く扱われることが多いため、壊れやすいガラス製品はセーターやタオルなどにくるんで入れることで、外からの衝撃を軽減することができます。

パソコンやカメラなどの高価なものは、預け入れ荷物に入れることをオススメしません。重くても手荷物で持つようにしましょう。

5. 重いもの、かさばる物は着ていく!

衣類

パッキング時に、重くてかさばる衣類をどこに収納しようなんて困った経験はありませんか?

ブーツや帽子、分厚いアウターや大きなバッグなどはスーツケースの中に入れず、そのまま身につけて旅先に向かいましょう!旅先で着たいアイテムを持っていくことができるだけでなく、スーツケースの中が格段にスッキリします。

しかし、機内の中では心地がいい格好をしたいですよね。その場合は、ボトムスをストレッチがよく効く衣服に変えてみてはいかがでしょうか。特に長時間のフライトでは足がむくんだり、疲れたりしてくるためボトムス選びがとっても大事!

アウターや靴は機内でも脱ぐことができますから、ボトムスに重点を置いて機内でも快適に過ごしましょう。

6. かさばる物を持って行く場合は、圧縮袋を使ってスペースをつくろう!

wi280

セーターやアウターって、スーツケースの中で結構スペースをとりますよね。

衣類などのかさばるものは、圧縮袋を使ってパッキングしましょう。かさばる衣類は圧縮袋を使うと驚くほど小さくなります。

7. 液体漏れにはサランラップを!

飛行機を降りスーツケースを開けた瞬間、液体類が漏れていた!なんて大変な思いをした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私の経験で言うと、液体の入った容器をそのままナイロン袋に入れるという方法を実践していたのですが、他の持ち物に液体が付着することを防ぐことはできても、結局袋の中で液体がこぼれているということが何度もあったんです。

そんな問題を解決する方法がこちら!
サランラップを容器の口にかぶせて、そのままふたを閉めるという方法です。

サランラップ

とっても簡単な方法ですが、実はすごく効果的!

サランラップをかぶせることにより、液体漏れしやすかった容器も漏れることがなくなります。私が以前実践していたナイロン袋に入れる方法と組み合わせれば、液体漏れの心配も怖いものなしです!

8. コンパクトになる旅行バッグは便利!

バッグ

旅先でのショッピングは旅行中の楽しみの1つ!

自分用に何か買ったり友人や家族にお土産を購入するとなると、行きに余裕があったスーツケースもすぐにいっぱいに。楽しい時間も終わり、いざ日本に帰国という際にスーツケースがパンパンで閉まらない!なんてこともよくあるハプニングの1つです。

そこでオススメしたいパッキングのコツのが、コンパクトに折り畳める旅行バッグをスーツケースの中に備えておくことです。旅行バッグではなく、エコバッグなどのさらにコンパクトなものでも十分使えます。

収納型の旅行バッグを持っていれば、スーツケースに収まりきらなかった荷物もバッグの中に入れ替えることができます。機内用手荷物として飛行機の中に持ち運べば、問題解決!


私が実践している8つのパッキングのコツ、いかがでしたか?

以前の私は、パッキングをする際に張り切って必要ないものもたくさん持っていっていました。しかし旅行や留学を重ねるにつれ身軽に旅することの楽しさ、どこに行っても現地で必要なモノが揃ってしまうことを学び、今では必要最低限の荷物でどこにでも行くようになりました。

現地でスーパーマーケットやドラッグストアなどに行って、その土地ならではの製品を試すのもとてもおもしろいですし1つの思い出になりますよ。
ぜひ実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

yurina

yurina

高校卒業後、1年間カナダのバンクーバーで語学留学をしたのち、現在はネイリスト 学生としてバンクーバーに留学中。過去に2ヶ月間、マルタにて留学経験も。To travel is to live my lifeというほど、世界を旅することがだいすき!私の第二の 故郷になったバンクーバー、まだまだ馴染みの少ないマルタ、そしてこれまで旅して きた国情報などをシェアしていきます。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。