School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

外国人の出身地、聞き取れる?日本語と英語で発音が異なる国名を徹底検証!

モスク

こんにちは、ロンドンに留学中のhiroeです。
留学先で初めて会う外国人と話をするとき、自分がどこから来たのか・相手の出身国がどこなのか尋ねたりしますよね。例えば、

  • A: Where are you from?
  • B: I’m from Turkey!

という会話があったとします。あなたはBさんがどこの国から来たのかわかりますか?

答えはトルコです。トルコはたいていの日本人が知っている国ですが、日本語の名称と異なるので、どこの国なのかわからない人も多いのではないでしょうか。今回はトルコ(Turkey)のように日本語の名称と英語の名称が異なる国、名称が同じようで発音が異なる国を紹介していきたいと思います!

【PR】

日本語の名称と英語の名称が異なる国

台湾

トルコ以外にも日本語の名称と英語の名称が違う国はいくつかあります。

ヨーロッパ

  • ・イタリア(Italy)
  • ・ドイツ(Germany)
  • ・オランダ(Netherlands)
  • ・スイス(Switzerland)
  • ・ベルギー(Belgium)
  • ・アルゼンチン(Argentina)
  • ・チェコ(Czech)
  • ・ギリシャ(Greece)
  • ・イギリス(the United Kingdom)

アジア・中東・オセアニア

  • ・中国(China)
  • ・韓国(South Korea)
  • ・北朝鮮(North Korea)
  • ・タイ(Thailand)
  • ・モンゴル(Mongolia)
  • ・オーストラリア(Australia)
  • ・ヨルダン(Jordn)

などなど!

これらの国は、日本語名がカタカナで表示されるので、英語の名称だと思い込んでいる方も多いのではないでしょうか。うっかり日本語名で言ってしまうと、外国人には話が通じないので気をつけましょう。

名称が日本と同じようで発音が違う国

ビーチ

日本人が英語を学ぶ上で、必ずと言っていいほどぶつかる発音の壁。
それは国名においても例外なく立ち塞がります。実際に私が友人から国籍を聞いた時に、聞き取れず3回聴き直した国がありました。ウクライナ(Ukraine)です。日本での名称と英語での名称がほぼ同じだと思いきや、発音が違って聞き取れないという落とし穴。

しかし、単に英語と日本語の発音の違いというだけでなく、その国の言語の発音(訛り)も影響しているように思います。

例えばロシア人が発音するロシア(Russia)も、ロシア語の発音の影響を受けるので聞き取りが難しくなります。また中国(China)の事を日本人は英語でチャイナと言いますが、中にはシンと呼ぶ国の方もいるのです。英語の発音、さらにはネイティブスピーカーでない人が話す訛った英語の聞き取りには、慣れが必要ですね。

国名を確認するついでに世界地図をおさらいしよう

私が通っている語学学校には、本当にいろいろな地域からの留学生がいます。
ベラルーシ、トルコ、サウジアラビア、カザフスタン、ベネズエラ、エクアドルなどなど。お互いの国籍を尋ねるとき、日本人の場合であれば「I’m from Japan」といえば、ほぼ100%の人が、「ああ、日本ね!!」と言ってくれます。それだけ日本の知名度が高いことは誇らしいことです。

ですが、他国の英語名を知らないと、私たちは相手の出身地がわからないままです。私たちが逆の立場だったとして、自分の国籍を伝えたときに、「え?どこ?知らないな。」という顔をされると、ちょっと寂しい気持ちになるのではないでしょうか。


この記事を読んだのを機に、ぜひ国の名称を覚えてみてください。もし余裕があれば、世界地図を見直して国の場所もなんとなく覚えておきましょう。相手の国のことを少しでも知っていることで、さらに会話が弾むかもしれません。

大切なのは、相手のことを知ろうとする気持ちです。せっかく日本を飛び出し海外生活を送るのですから、語学の勉強だけでなく、他国に関する知識も身につけることで、さらに有意義な留学生活になるのではないでしょうか。

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

hiroe

hiroe

1989年福岡出身。これまで訪れた国と地域は、フランス、タイ、中国、韓国、グアム、台湾、香港、シンガポール。 ボーイズグループOneDirectionの名曲「One Thing」のPVに映るロンドンの街並みを見て、イギリスに強い憧れを持つ。2016年、3年勤めた環境コンサルタント会社を退職し、単身イギリス留学を決意。 趣味はバンド活動。担当はピアノ、テナーサックス、たまにボーカル。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。