School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界32カ国の語学学校を約4,000校掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

ニュージーランドでお得に滞在しよう!ホームステイやシェアハウスを比較してみた

はじまして、ワーキングホリデーでニュージーランドに滞在中のcanと申します。

私はニュージーランドで最も大きな都市オークランドで、ホームステイやシェアハウスをして暮らしていました。毎日生活するのに結構コストがかかるため、生活はひいひいです。
しかしある日!私は見つけてしまったんです。そう、ニュージーランドでお得に滞在する方法について!

ホームステイとシェアハウス、それぞれの費用とメリット、デメリットを簡単にご紹介します。

(10月4日時点で1NZD=74.5JPY)

【PR】

ニュージーランドでホームステイ、家族とワイワイ!

ワーホリ

ニュージーランド滞在中にホームステイをした時は、語学学校が手配してくれました。オークランドで1日2食付き、個人部屋が用意されていて一週間NZ$250でした。(日本円で19,000円ほど)

メリット

ホームステイのステイ先と言えば、海外の文化に興味や理解がある方が多く、過去に留学生を受け入れていたという経験を持つ方がニュージーランドでは多かったです。そのため、ホストファミリーが英語を話せない人に慣れている!簡単な単語を使ってゆっくりと会話してくれるので、英語に慣れるには最適だと思います。

情報を収集できるという点では、ホストファミリーが現地のことをよく知っているため、観光スポットや交通機関、生活に必要な情報を尋ねれば提供してくれます。良好な関係を築いておけば、旅行やドライブに連れて行ってくれることもあります。

海外ならではの体験ということで、ホストマザーがニュージーランドの伝統的な料理やお菓子を作ってくれたことがありました。忘れられない体験ができると言っても過言ではないです。

デメリット

私が滞在していたニュージーランドでのホームステイ先は、特に問題はありませんでした。
しかし、ホスト先の中には食事やインターネットの使用など規則でもめたりして、トラブルになるケースもあります。ファミリーの相性が合うかどうかは非常に重要になってきます。

また、食事が含まれているので、シェアハウスと比べると少しコストが高め。比較的コストがかかります。自分で好きなように料理ができるわけでもないので、配慮も必要ですね!

語学学校に通うために毎日バスで通っていたのですが、ホームステイ先から学校がバスで30分と遠かったので、かなり交通費がかかりました。場所を選べないというのもデメリットのひとつです。

節約できるのがいい!ニュージーランドでシェアハウス

ワーホリ

ニュージーランド、特にオークランドでシェアハウスするには、大体一週間NZ$150~200くらいかかります。(日本円で10,000円〜15,000円ほど)ホームステイと比べて、自分で節約できるのも利点です。物件によって異なるので、電気代・水道代・インターネット料金などが含まれているか確認する必要があります。私の場合なのですが、約2週間分の家賃をボントとして、請求されることがありました。

メリット

ニュージーランドの物価で価格のみで比較すると、ホームステイより節約することができます。場所や条件(家具や駐車場付きなど)など、自分に合った部屋を選ぶことができるのも好条件ですね。

ホームステイと比べるとですが、シェアハウスは比較的自由がある!例えばホームステイでは、外出する際ホストファミリーに前もって伝えたり、食事の有無を知らせる必要があります。しかしホームステイであれば、自分の時間やプランを優先することができます。

デメリット

何人でシェアするかにもよりますが、バスルームやキッチンなど混雑する時間をずらしたり、待ったりしなければいけません。自分の都合がきかないこともあります。

また、ルームメイトの人柄にもよりますが、モノを盗られてしまうということがなきにしもあらず。十分な注意が必要です。

入居時に家賃とボンドを合わせて払わなければならないことが多く、まとまったお金が現金で必要な場合があります。十分な備えが必要ですね!

コストのみを優先させるなら、エクスチェンジ!

ワーホリ

ニュージーランドでホームステイ・シェアハウスのメリットデメリットを紹介した上で、最後に紹介するのはエクスチェンジ

エクスチェンジとは、バックパッカーズやモーテルなどで2~3時間のクリーニングやベッドメイキング、レセプションをして働き、フリーで滞在できるというシステムです。
時間や仕事は、受け入れ先によって異なります。バックパッカーズやモーテルとは小規模のホテルでのことです。

大きなバックパッカーズの場合、早朝・日中・夜間と時間帯が分かれていることもあるので、仕事や学校と両立することも可能。

地方のバックパッカーズの場合、長期で滞在している人が多いです。長く滞在することで、多国籍の友達をつくることもできますよ!

バックパッカーズに泊まる人は旅人がほとんど。さまざまな旅の情報も一緒にゲットできます。ニュージーランドで募集があればですが、ファームやオーチャードなどでエクスチェンジとして働くこともできます。インターネットサイトWWOOF,HelpXなどがオススメですよ!


ニュージーランドでホームステイとシェアハウスのメリット・デメリットを上げてみました。ご自分なりのお得に滞在する方法を見つけれたでしょうか。

海外ならではのシステム、エクスチェンジで忘れられない素敵な体験をしてみてください。今後もニュージーランドから素敵で得する情報配信していきますね!

【ニュージーランドに留学する方は、こちらもチェック!】
初めてのニュージーランド留学 最初の1ヶ月で必要な生活費っていくら?初月の家計簿大公開!

ニュージーランドでワーキングホリデーする人に伝えたい、仕事探しで役立つ7つのアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学の準備で役立つ「留学のしおり」を無料でプレゼント!

留学のしおり(準備編)欧米Ver.

欧米留学をお考えのみなさんが、 事前に知っておくべきことを「留学のしおり」としてまとめました。

  • VISAや保険、お金周りなど事前の注意事項とは?
  • ワーホリするなら必見!各国の就労・就業条件
  • 日本で準備しておくべき持ち物リスト
  • 知っておくと安心!出発当日確認すべきこと

など、役立つ情報が満載!
是非チェックしてみてください。

無料ダウンロードする

※ ダウンロードには会員登録(無料・30秒でかんたん)が必要です。

この留学ブログを書いた人

can

can

大学時代はヒツジとヤギと共に過ごし、仕事のパートナーは海の生き物たち。気づけば、私の周りにはいつも動物たちと自然がありました。ニュージーランドの素敵な自然、魅力を発信し、私の経験がこれから海外留学を目指す人に少しでも参考になればいいなと思います!

この記事に関連するタグ

こちらの留学ブログもいかがですか?

カテゴリーから記事を探す

みんなの留学相談サービス「留学アンサーズ」
School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。