School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

【大公開】カナダのワーホリで掛かる1か月の費用は?経験者が項目別にまとめてみた

カナダ

こんにちは!仕事を辞め、半年の間カナダのトロントでワーキングホリデーをしていたひょうごです。

みなさん、カナダでワーホリをするのに必要な費用って、どのくらいだと思いますか?
ワーホリに行ってみたくても、あらかじめ現地で必要な予算がわかっていないと、ワーホリに行こうにも行けないですよね。

トロント滞在中は費用を切り詰めたりはせず、平凡と過ごしていた私なのですが、今回はカナダで1か月間ワーキングホリデーをする際に必要な費用を、大公開したいと思います。

大まかに家賃・食費・交通費・通信費。そしてオプショナルとして語学学校に通っていた際の学費と旅費もご紹介しますね!

ぜひカナダにワーホリに行こうと考えている方、参考にしてみてください!

(1カナダドル=78円 8月16日時点)

【PR】

家賃〜ホームステイとシェアハウスどっちがいいの!?〜

ホームステイ

まずは生活の基盤となる住居から、家賃をご紹介!

カナダでワーホリをする場合、ホームステイ、シェアハウス、アパートなどの3つの選択肢があります。日本人の方は、初めの1か月から3か月はホームステイをして、そのあとシェアハウスやアパートへ引っ越すというパターンが比較的多いです。

紹介してくれるエージェントや学校によって金額がマチマチですが、ホームステイは、1か月あたり3食込みで$800〜1000(6万3000円〜8万円)が最も一般的です。

シェアハウスやアパートの価格は、$600〜800(5万円〜6万3000円)が妥当ですね。

私はワーホリを始めて最初の1か月目に、約$800(6万3000円)ほどでホームステイ生活をした後、家賃600ドル(5万円)ほどのシェアハウスに引越ししました!

家賃だけで見ると、シェアハウスやアパートのほうがホームステイより家賃を安く切り詰めることができるかな〜というのが私の考えです。

◎家賃(シェアハウス):$600(4万7000円)

食費〜自炊を選ぶか外食を選ぶか、節約の分かれ道〜

自炊

結論から言いますと、自炊をすれば1か月の食費は100ドルから300ドル(8000円〜2万4000円)で済みます。しかし外食はかなり高くつきます。高くつく理由は物価が日本よりもやや高いから、そしてカナダには日本であまり馴染みがないチップ文化があるからなんです!

チップを払う必要がないファーストフードでも9ドルから12ドル(700円〜1000円)と少し割高になりますし、レストランやパブでは通常の食事代に加えてチップもかかるので、気づいたらとんでもない額になっていることもしばしば。

ビール1杯とハンバーガーをレストランやパブで食べると20ドル(1600円)することもざらにあります。なので、食費だけはどうしても抑えたい!という方には自炊を提案しますし、自炊ができるところで暮らすことをオススメしますよ!

私も自炊メインで生活していました。

◎食費(自炊):$300(2万4000円)

交通費〜利用する交通機関に合わせてチョイス〜

電車

交通費は住む場所や使用する交通手段によって値段も異なるので、自分のニーズにあったチケットを買うのがいいでしょう!

1週間パスや1回ごとに払うためのトークンというコインがある他、私はトロント市内に住んでいて、メトロを使うことが多かったので、1か月乗り放題一枚141ドル(1万1000円)のメトロパスを利用していました。

トロント市内で暮らす方なら、1か月乗り放題のメトロパスを購入することをお勧めします。メトロパスは学生なら$104(8000円)で購入することができますよ!

◎交通費:$141(1万1000円)

通信費〜中古品を購入?レンタル?選択肢は色々〜

携帯

SIMフリー携帯をお持ちの方であれば、カナダ現地の携帯会社に契約することができますが、私のようにSIMフリー非対応の携帯しか持っていない場合は、中古品を購入する、レンタルする、もしくはプリペイド式携帯を購入しなければなりません。

私はトロントにオフィスがあるPhoneBoxでスマートフォンをレンタルしました。プランは様々ですが、私の場合は月$30(2400円)で通話・メールし放題のプランで契約していました。

カナダ、特にトロントにはどこにでもと言っても良いほどWiFiがあるため、ネット契約しなくても困ることはないですが、やはり緊急時など想定して契約しておいたほうがいいと私は思います!

◎通信費:$30(2400円)

学費〜語学学校に通って英語をいち早く習得!〜

語学学校

ワーホリに行く人全員が全員通うわけじゃないですが、私は働きながら1か月間だけ語学学校で英語を勉強していたので、それについて紹介しますね!

私が通っていた語学学校の1か月の費用は、$1,200(9万5000円)ほどでした。

他の語学学校に通う友達の間でも1か月あたり$1000から$1400(8万円〜11万円)で通っている人が多かったです。語学学校によっては期間が長くなるほど割安になったり、シーズン価格もあるそうなので、ぜひ自分の予算に合った学校を探してみてくださいね!

◎学費:$1200(9万5000円)

カナダの語学学校に関しましてはこちらを参考に!
【カナダ語学学校一覧】

旅費〜せっかくの海外、観光したい!〜

旅行

上記に並べた費用以外に、大きな出費となるのは間違いなく旅費になるでしょう!
私はニューヨークに3泊で5万円ほどで旅行をしていました。

トロントからニューヨークまでは、バスで簡単に行くことができるんです!私が行った時のバスの往復費用は150ドル(1.2万円)。そしてホテル3泊で$245(2万円)、お土産代で$245(2万円)と手軽にプチプラで旅行をしていました。

日本から海外に旅行に行くよりも費用が断然安いんですよ!

私も友人たちと数ヶ月に一度、ニューヨークやモントリオール、南米まで友達と旅行に出かけていたりしました。せっかく海外に来ているのですから、お金のことも考慮しながらぜひいろいろなところに訪れてくださいね!

◎旅費(交通費$150+ホテル$245+お土産$245): $640(5万円)

カナダで1か月ワーホリするのに必要な予算

大まかなのですが、カナダで1か月ワーホリするのに必要な費用をまとめると、ざっとこんな感じでした!

家賃(シェアハウス):$600(4万7000円)
食費(自炊):$300(2万4000円)
交通費:$141(1万1000円)
通信費:$30(2400円)

学費:$1200(9.5万円)
旅費(交通費$150+ホテル$245+お土産$245): $640(5万円)

語学学校や旅行などのオプショナルも含め、
合計 $2,900(22万6000円)ほどでした。

終わりに

かかる費用は上記に挙げたものがすべてではありません。

他にも保険料や飛行機代、ビザなどの費用が必要になってきます。生活をしていく上で、想像以上にお金がかかったり、必要になったりするので、日本でしっかりと準備していくことをお勧めしますよ!

カナダでワーホリを楽しんでくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

ひょうご

ひょうご

アラサー女子。社会人7年目にして、仕事を辞めカナダのトロントに半年間ワーキングホリデーをしていました。カナダ最高!ワーホリ、カナダ情報をお届けしますよ!

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。