School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

就活 or 留学?私が大学4年後期から1年休学し、アイルランドへ留学した理由

アイルランド・Merrion square

こんにちは。
アイルランドの首都、ダブリンに滞在中のモモです!

私は大学4年生の後期を休学をし、1年間語学留学する予定でアイルランドへ旅立ちました。今回は、そんな時期に私が留学しようと思ったきっかけ、そしてなぜアイルランドを留学先に選んだのか、その理由をお話ししたいと思います。

私が留学しようと思った理由は、あまり立派なものではないかもしれません。
ですが、これから留学を考えているどなたかの参考になればうれしいです!

【PR】

迫る就活。特にやりたい仕事もないし、このまま就職していいのだろうか

アイルランド・トリニティ中庭

私が留学そのものを本格的に考え始めたのは、大学3年生の春です。ちょうど就活を考え始めたときでした。正直に話せば、大学に入学した時点で私は自分の選択に後悔をしていて、大学生活そのものをあまり楽しめていませんでした。というのも、現在通っている大学は希望していた進路ではなかったからです。

かといって当時は浪人する勇気もなく、「入ってしまえばなんとかなるだろう」と思い入学したのですが、そうはいかず。3年生になったときも「特にやりたい仕事もないし、果たしてこのまま就職していいのだろうか」とかなり引っかかっていました。

大学3年間を振り返ってみても、これといって記憶に残るようなものがなく、とにかく浮かぶものは、「後悔」の二文字。社会人になってからも、このように後悔するのは本当に嫌だなと思い、今後どうしようかと悩んでいたとき、ふと思いついた選択肢が「留学」でした。

高校生の頃からなんとなく留学してみたいな、とぼんやり考えていたことはありましたが、特に将来英語を使って仕事をしたいというわけでも、何か外国に強い憧れがあるというわけでもありませんでした。しかし、

  • 「何か1つのことを必死に頑張りたい!」
  • 「英語は全然話せないけど、新しい環境で大きな挑戦することは面白そう!」

と、気が付いたら留学に関していろいろと調べ始めていました。

周りの人より進路が遅れても、後悔するよりはマシ!

留学をリアルな選択肢として考え始めたものの、私はそのときすでに大学3年でした。次に頭に浮かんできたのが大学生にとって重たい「就活」でした。

留学に必要なお金やその他もろもろの準備を考えると、どうしても3年生のうちに出発することはできそうにはありません。休学をして留学に行けたとしても、4年生以降。

当時通っていた大学も、留学を積極的に押している学校ではなかったので、休学をして留学に行く人は周りには全くいませんでした。むしろみんな公務員試験や迫る就活に向けて準備を進めている真っ最中。そのような状況でしたので、

  • 「留学を思いつくのが遅すぎたのか」
  • 「休学して留学しても就職するのが遅れるだけ」
  • 「やっぱり諦めようか」

と何度も悩みました。ですが「やっぱり後悔だけは絶対したくない!」と悩んだ末に、最終的に自分の答えが出ました

その後も自分なりに選択肢をいろいろと模索しました。アイルランドだけではなく、国・方法に問わず留学経験があったり、現在留学している人のブログを読んだり、自分よりも年上の人の話を聞いたり。

そのような中で「人より進路が遅れることは決して悪いことではないんだ!」ということに気が付き、また自分を納得させて、4年生の後期から休学を決意しました。そしてアイルランドに留学をすることにしたのです。

今、本来であれば私は社会人1年目で、友達の働いている話を聞いたりすると少し焦ることもあります。しかしアイルランドに来たことは一切後悔していません!今後もすることは絶対ないと言い切れます。

なぜ留学先にアイルランドを選んだの?

アイルランド・セイントパトリックデイ

留学先を調べ始めた当初は、フィリピンとほかの国への留学を組み合わせた、2か国留学をしようと考えていました。特にフィリピンは英語が公用語で留学費用が1ヶ月15万円からと安く、先生とマンツーマンで1日7時間の勉強できるという特徴に引かれずっと調べていました。

しかしある日、留学エージェントの方から「アイルランドは日本人が少なく、ヨーロッパの中では治安も良く、イギリスに比べれば費用もかなり安い」という情報を聞きました。

調べてみると、フィリピンと比べれば留学費用は確かにアイルランドの方が高いですが、個人的にはそこまで大きくは変わらない印象を受けました。アイルランドであればネイティブから英語を習うこともできます。2か国留学しに行くくらいであれば、最初から1か国に絞って長期で滞在したほうが、その国の文化をより深く知れて面白いのかもしれないと考えました。

また「アイルランドには日本人が少ない」ということもかなり気になっていました。せっかく高いお金を費やしわざわざ遠い外国まで勉強しにいくのですから、日本語に逃げず、英語をしっかり学びたいと思っていました。

結局その「日本人が少ない」というのが一番の決め手になり、2ヶ国留学の予定を変更し、アイルランドに絞って留学することにしたんです。

留学するのに年齢なんて関係ない

アイルランド・ダンレアレ

アイルランドの語学学校に来る前は、留学生の中では私がかなり年上のほうだろうと思っていました。ところが留学開始当時は、21歳の私が学校内でほぼ最年少でした(笑)。

私は21歳だと言うと、20代後半の人に”Baby”って言われましたからね!ジョークだったのか、本気だったのかは分かりませんが。

私が知らなかっただけかもしれませんが、海外では25歳以上でも学生の人や、大学を卒業した後に英語を勉強しに海外に行く人もたくさんいて、いろいろな理由でいろんな人が英語を勉強しに来ています

「留学するのに年齢って関係ないんだなあ」というのは、アイルランドに来てからしみじみと感じることの1つです。何をしても遅すぎることもなければ、人と違っても全然いいんだ!と留学に来ている友人たちから学びました。

思い切ってアイルランドに来たことは正解だった

アイルランドの留学生たちとラウンジにて。

「大学4年の後期からアイルランドに留学してどうするの?」

よく出発前に言われたことですが、想像していた以上に得たものはたくさんありました!私は留学って言葉だけを学ぶためにあるわけではない気がします。

確かに、就活をせずに4年後期から休学することは怖かったです。ですが、 アイルランドに来たこの8か月で、以前は考えてもみなかった将来の新たな道が見えてきました。それにポジティブな意味で自分自身少し変わったような気がします!

それもアイルランドでいろいろな国の人に出会えたから。アイルランドに留学して本当によかったと、心から彼らに感謝しています。

こちらにきて8か月、休学してアイルランドに来たことを「後悔」したことは本当に、本当に一度もありません!

あのとき、思い切って休学しアイルランドに来ることを選んで正解だった思います。私のアイルランド生活も残り数か月ですが、残りの数か月が一体どうなるか楽しみです♪

最後までありがとうございました!
また次回もよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Momo

Momo

周りの友達が就活をしている中、大学4年の後期から休学を決意して「日本人が少ない」「ヨーロッパ留学かっこいい!」というだけの理由で2015年10月よりアイルランドに1年の予定で語学留学。現在6ヶ月を終えちょうど折り返し地点に到達。留学情報が少ない国ですがリアルなアイルランド情報を発信していきます!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。