School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

必見の節約術!カナダでの留学・ワーホリ費用を節約できる5つの方法

はじめまして!

カナダ在住10年目の、カナダメープルです。

すべて留学生の共通の願い、それは“お金の出費を少しでも少なくすること”。どんなに期間が短い留学でも、3か月間もカナダにいれば費用は60万円くらいは簡単に超えてきます。

今回はカナダ在住10年目の留学経験者かつワーホリ節約のスペシャリストである私が、カナダ留学生活のクオリティを保ちつつも、いかに留学コストを抑えるのか、その節約方法をご紹介したいと思います。

【PR】

(1) 定期券を格安で購入できる!交通費を安くする方法とは?

カナダの地下鉄

実はカナダ現地の留学エージェントで定期券を購入すると、かなり費用を抑えることができます!!

カナダのほとんどの大都市は、バスや地下鉄などの交通機関が非常に発達していて、安い運賃で市内中を移動できるのが普通です。しかも都市にもよりますが、バスや地下鉄など異なる乗り物も、同じエリア間であれば同じ一枚のチケットで乗り継ぎできたりします。

利便性も高く費用も安いので、ほとんどの留学生が学校や職場に行くために、何かしらの公共交通機関を毎日使うことになるかと思います。

しかしいくら安いとはいえ、さすがに長期で運賃を払い続けるとかなりの出費です

例えば、カナダ東部最大の都市トロントでは、片道に約$3(日本円にして約280円)かかります。これを一日に一往復して365日繰り返すと、$6 × 365日=$2190かかりますね。

日本と同じでカナダ・トロントでも月賦の定期を利用すると、割引が適応されて安くなります。$141.25(月額)、年間で$1695と、通常と比較してお得です。

私がここで紹介したいのは、定期を$141.25からさらに安く購入できる方法です。

留学エージェントなら定期をお得に買える??

カナダには星の数ほどある留学エージェントがあり、そこではなんと定価からさらに10-20%値段が安い月賦の定期が買えるんです!!

留学経験者、または留学希望者であれば留学エージェントとは何か知っていると思います。単純に言えば留学の仲介業者です。語学学校やホームスティなどの紹介をしている会社ですね。カナダの大都市には必ずと言っていいほどあります。

あまり知られてませんがこの留学エージェント、月賦の定期を安く買える場所でもあるのです。あなたがカナダに留学した後かならず最寄りのエージェントに行ってみてくだい!かなりお得ですよ!

(2) カナダまでの航空券を節約するなら、1月中盤〜後半に買うとお得!

航空券

カナダまでの航空券は留学費用の最大の出費の1つです。
航空券代を節約したいなら、できれば1月中盤から後半にかけて購入しましょう!

日本からカナダへ留学するには飛行機を使うことになるかと思うのですが、航空券が一番安い値段的にお得な時期は、1月の中盤から後半なんです。

この時期に航空券を買うのと、お盆やクリスマスなどの1年を通おして一番航空券に需要がある時期に買うのでは、およそ10万ほどの違いが出ます。

(3) カナダ留学中に旅行するなら、旅行会社のツアーが圧倒的に安い!

また留学中の旅行費用を安くしたいなら、個人で旅行を企画しないことをオススメします。その代わりに旅行会社をうまく活用することで、通常より安く旅行できます。

たとえば夏休み真っ盛りの時期になると、トロントからニューヨークに飛行機で行くと費用は$350ほどです。それに宿泊代やニューヨークでの運賃や飲食代がかかると、3泊4日すればトータルで$1000は簡単に使ってしまいます。

一方で旅行会社を通して旅行を計画した場合、交通手段は主にバスになります。トロントーニューヨークーボストンーニュージャージーの3泊4日でホテル代(軽食付き)とバス代が込みで、なんと約$300!!

つまり飛行機の賃金以下でで3泊4日の旅行ができるわけですね。個人で計画するより断然安いことがわかると思います。トロントの旅行会社(バス観光)は値段として$300くらいのツアーが一般的です。冬の時期によってはさらに安いことも!

(4) ホームステイ?アパート?家賃を節約する方法

カナダのアパート

次にみなさんが絶対に必要な生活費用と言えば、家賃でしょうか?

留学やワーホリで考えられるのはコンドミニアムやホームスティ、アパートメント、シェアハウスなどでしょう。留学生活によっては、この家賃が一番高くなることがよくあります。ですので、いかに家賃の値段を下げるかが、節約できるかどうかのカギです。

まずは値段交渉を!

最初の節約術ですが、まずは値段交渉をしましょう!私たち日本人からすると、値下げ交渉は少しはしたないイメージがありますし、やりたくないと考えるかしれません。

しかしカナダの賃貸で値切り交渉はよくあることです。
まずは一度、トライしてみてください。

賃貸物件は、冬の方が安くなる!

賃貸の値段ですが、基本的には夏よりも冬の時期の方が安くなります。カナダの冬はとても寒いことで有名です。人口が100万人いるような大都市ですら、氷点下20℃くらいまでは当たり前のように下がります。大多数の観光者は、この寒い冬の時期にカナダに行こうとはあまり思いませんよね?

あなたが大家さんで入居者がいない!さてどうしますか?
値下げですよね?

そうです、やっぱり冬の方が安いのです。

さらにカナダの法律で、家賃の値上げは1年に一回しかできないことになっています。ですので前回の値上げはいつか聞いておくのもいい手になります。

ちなみに家賃の値上げは、少なくとも90日前には入居者に言う必要があります。つまり「来月から家賃値上げしますよ」とはカナダ法律で言えないことになっているんですね!

Webサイトを活用して賢く物件を探そう!

カナダクラシファイド 「E―MAPLE」
Photo by: E―MAPLE

賃貸編の最後のアドバイスです。物件を探すには、エージェントを介さず、Webサイトから自力で探しましょう!

ホームスティや賃貸の家、アパートメントを借りるときに留学エージェントに紹介してもらう人が多数いるのには正直びっくりしています。

留学エージェントを介すると紹介料などがかかりますので、値段的にはどうしても高くなってしまうのです。ですので、自力で探したほうが節約に繋がります。

下記のWebサイト「E-maple」や「Kijij」をうまく使うと安く探すことができます。!

カナダ全土の物件探しに使えるので、ぜひ活用してみてください!

(5) 留学費用を節約する!

カナダ留学に来る留学生は、語学学校に短くても4週間は通う方が多いです。
ですので学校への学費もかなりの出費になるのです。

そこで最後に、学費を抑えるポイントもご紹介いたします!

留学費用を抑えるなら、秋から冬にかけていくべし!

語学学校に行くうえで、値段が一番安くなるのはやはり秋から冬にかけてです。理由は簡単で、この時期は留学生の数が一番減る時期だからです。ですので留学費用も当然下がります。節約するなら、都合が合えば留学時期を調整するのも1つの手でしょう。

長期で留学すれば、その分割引される

語学学校に契約する場合は、数か月ではなく半年間くらい期間を契約すると割引レートはさらに良くなります。

例えばですが、5か月間分の授業料を払えば、1か月間分は料金が無料などのプロモーションはよくあります。上手にそうしたプロモーションも活用していくことで、学費も抑えていくことがでいきますよ


留学といえばその響きはとてもいいものですよね?

しかし留学に必要な費用がかなりの額になってしまうため、実際に留学をあきらめてしまう人も多いのも事実です。一方で留学費用が高いということは、それだけその出費を削減できるチャンスもあるということになります。

ですので、あなたがカナダに行く前にどのくらいの費用を実際に節約できるのか、インターネットでじっくり調べてください。意外と良い情報が見つかりますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

カナダメープル

カナダメープル

カナダ在住10年目。語学学生、ワーホリ、大学生と長期就労者の経験がある、カナダ留学のエキスパートです。

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。