School Withとは

School With は留学・語学学校の今がわかる留学情報メディアであり
一人ひとりの留学に向き合う留学エージェントです。

無料会員登録して使ってみる

  • 留学経験者の口コミが見れる!

    世界32カ国の語学学校を約4,000校掲載。
    最新の学校のカリキュラムや料金表や
    留学経験者の最新の口コミ評判も充実。

  • 見積り、申込の手数料無料!

    School Withでは、留学のお手続きは
    全て無料でサポートしています。
    ご安心してご利用ください。

× 次回から表示しない

半年間アイルランドに留学中の私が感じた、日本人留学生が少ないことの3つの注意点

アイルランド ダブリンの夜景

こんにちは!現在アイルランドのダブリンに、半年間語学留学中の、モモと申します。

「語学留学」と聞くと、おそらく多くの方がイメージするのはアメリカ・オーストラリア・イギリスなどの英語圏ではないでしょうか?

そういった国々と比較して、アイルランドに来る日本人留学生は少なく、この「日本人の少なさ」を理由にアイルランドを留学先に選んでいる方もいます。

高いお金を費やして、わざわざ遠い外国まで英語を勉強しにいくのですから、

「日本語なんて話してる場合じゃない!!」

おそらく多くの方はこのように考えるのではないのでしょうか。

前回の記事では、私が日本人の留学生が周りに少なくて良かったと感じたことについてシェアさせていただきました。

しかし、実際にアイルランドに来て半年経過し、「日本人が少ない」ということは必ずしもいいことばかりはないと実感する場面も多々ありました。

今回は、日本人留学生が少ないことの注意点を3つほど挙げさせていただきます。

それではいってみましょう!

【PR】

(1) 英語力がないと、現地で大切な情報を得るのも一苦労

アイルランド、ダブリンの街並み

周りに頼る日本人がいない場合、英語がある程度できなければ重要な情報を見逃してしまう。これはアイルランドに留学しにきて最初に思ったことです。

留学初日でもそれなりに英語が話せて、ある程度の意思疎通ができる方なら大きな問題ではないかもしれません。

しかし私の場合は違いました。そう、英語で言いたいことがほとんど言えないレベルだったのです!なにせ私の英語は中1レべル。。笑

海外に長期で留学するとなると、現地に来てから様々なことをしなければなりません。 

現地での銀行口座開設、ビザの手続き、携帯の契約、などなど

もちろん事前に日本で調べてからアイルランドにきましたが、少しの期間で内容が変わっていたり、実際ネットの情報とは違うことだってあります!!

運によって左右されることだってたまにあります。本当です。というかここにおいて「運」は超重要です。ちょうど私が来たころは、ビザが切り替わるか切り替わらないかで、情報が錯綜し、なにが正しい情報なのか全くわかりませんでした。

初めてアイルランドに来たばかりで、右も左もわからない、学校のシステムも、バスの乗り方もわからない、何かを聞こうにも、まずそもそも何を言ったらいいのかわからない。一生懸命伝えて相手がようやくわかってくれて答えてくれても、今度は何を言っているのかわからない。
         

母国語で正しい情報を得られる周りの留学友達が、どんなに羨ましかったか!

今となってはいい思い出ですし、結局どうにかできたからよかったものの、やはり周りに最低一人か二人は相談できる日本人がいたほうがいいです。手続きなど、間違えるとまずいこともありますしね。
      

(2) 同じ国の留学生同士が、母国語で会話し始めると辛い

私の通っていたアイルランドの語学学校内には日本人はほとんどおらず、仲のいい友達のほとんどは韓国・台湾人です。ほかにもブラジル人、イタリア人、スペイン人など、日本人の私とは違って共通の母語話者がたくさん学校内にいる人がほとんど。

もちろん外国人と話しているときは英語を使いますが、同じくらい母国語で会話しているところを目撃します

私たち留学生にとって英語で話すことは不便なことで、特に留学している日が浅ければ浅いほど非常に息苦しい。母国語で会話した方が話も弾みます。

「日本語ならここまで言えるのに!」

「感情表せない!英語じゃ足りない!」

私もこう思ったことは数え切れません。同じ国の者同士集まって母国語が先に出てくるのは当然のこと。それは私も例外ではなく、いくら自分で選んでアイルランドに来たとはいえ、時々は日本語を話したくなります。特に留学3か月目を過ぎるころまではその欲求がなかなか消えず、辛かったです。

英語を話したくも聞きたくもなくなって、学校のすぐそばまで行ったのにそのままUターンして街中のカフェに逃げ込んだのもいい思い出です。(笑)

そんな心境の中、学校の友達と遊びに行ったとき、目の前を私が理解できない彼らの母国語だけが飛んでいるのです。一度スイッチが入ってしまうと、母国語で話す状況が長く続くこともあります。

「英語で話して!」

とお願いしても難しいのがまた事実。かなり寂しい思いをしたことも数え切れないくらいあります。

この状況は日本人が少ないアイルランドに来る日本人なら、だれでも起こりうること。私はかなり悩みました。今では慣れたので、もうなんともありませんが!

(3) いやまさか、本気で日本語を忘れ始める

最近気がついたのですが、私の場合半年間あまりにも日本語を話さな過ぎたため、冗談抜きで日本語を忘れ始めています。

わかっています、おそらくどなたも信じられないかと思います。

でも嘘ではないのです(泣)

もちろん会話はできます。ネイティブジャパニーズスピーカーですから!

しかし日本にいたころ普通に使えていた単語、敬語、言い回し、例えなどを思い出せなくなってきているのは確か。

この半年間完全に日本語を絶っていたわけではありません。途中日本人の友達もできましたし、YOUTUBEなどで日本人の方の動画も頻繁にみますし、月に1回ほど日本にいる友達とLINEで電話したりもします。また毎日パソコンで日記も書いています。

ですが、いくら普段目にして覚えているつもりでも、アウトプットの能力はアウトプットをしなければついてきません。

この記事を書いているたった今も、「誤解」という単語が思い出せず、英語で「Missunderstand」しか出てきませんでした。。

それだけ英語が身についているということなのかもしれませんが。

以上、私が日本にいたころは予想もしていなかった、日本人留学生が少ないことのデメリットでした。

海外留学中に日本人の友達を作ることのススメ!

アイルランドのダブリン、グランド・カナル

いくら英語を勉強するために留学に来ているとはいえ、可能であれば現地で日本人の友達を最低一人か二人は作るべきなのではないかと思います。

アイルランドに来る前に、既に長期留学を終えた方のお話を聞く機会がありました。その方は韓国に1年語学留学していたのですが、彼女もまた同じようなことを言っていました。私も同感です。

いくら留学先で友達と国籍を超えて仲良くなったとはいえ、育った国が違いますからどうしても文化の違い・考え方の違いは発生します。それがストレスの原因になることもありますし、もしかしたら留学自体を楽しめなくなる可能性だってあると思います。

そんな時近くに同じ国の友達がいれば、留学生同士悩みを共有することかができますし、困ったときには助け合うことだってできます。

外国にいるからこそ、日本人のネットワークも大切にすべきなのではないかと思います!


とまあ長々と述べてきましたが、アイルランドに留学しに来たことを後悔したことは一度もありません。

日本人が少ない環境はメリットはもちろんありますし、たとえそれがデメリットだと感じても、案外それはいい思い出になり、自分が成長するいい機会だったりもします。

「なんとかならないことは起こらない」

本当にそう思います!

最後までご覧いただきありがとうざいました!

是非以下の記事も見てみてくださいね!↓

半年間アイルランドに留学中の私が感じた、日本人留学生が少なくて良かった2つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Momo

Momo

周りの友達が就活をしている中、大学4年の後期から休学を決意して「日本人が少ない」「ヨーロッパ留学かっこいい!」というだけの理由で2015年10月よりアイルランドに1年の予定で語学留学。現在6ヶ月を終えちょうど折り返し地点に到達。留学情報が少ない国ですがリアルなアイルランド情報を発信していきます!

人気の記事

カテゴリーから記事を探す

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。