School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

アメリカのオススメ観光地特集!初めてのアメリカ旅行で知っておくべきスポット10選まとめ

アメリカの観光地、ホワイトハウス

広大な土地を持つアメリカには、見ておきたい観光地が山程あります。本記事では、アメリカを訪れるなら必ず一度は行っておきたいオススメ観光地を10個選出しました。

アメリカ旅行を考えていて、どの観光地に行くか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【PR】

1. 自由の女神【ニューヨーク】

アメリカの観光地、自由の女神(ニューヨーク)

アメリカの観光地として最も有名な、アメリカの象徴「自由の女神」

女神の像はアメリカ独立100周年記念を祝し、フランスからアメリカに送られた寄贈品です。よく見ると足を一歩踏み出していますが、これは鎖と足かせを女神が踏みつけていて、弾圧や抑制からの解放を表しています。全ての人々は自由であるということを表しているんです。

また女神の被っている冠には7つの突起があります。これは世界の7つの大陸と7つの海にちなみんでいます。こういった背景を学んだうえでアメリカを観光すると、とっても面白いですよ。

自由の女神はリバティ島にあり、船で行くことができます。

毎日9:00~15:30まで、1時間に2本運行しています。料金は大人$7、子供$3です。

2. タイムズスクエア【ニューヨーク】

アメリカの観光地、タイムズスクエア(ニューヨーク)

アメリカを象徴する観光地の一つがタイムズスクエアです。世界中の有名企業の広告や巨大ディスプレイが所せましと並んでいるので、少しごみごみした雰囲気があります。

繁華街の代表的な風景という雰囲気がします。特に夜に行くと、ライトアップされているためとてもきれいです。

すぐ近くにはブロードウェイシアターも多数あるので、タイムズスクエアを観光した後、観劇するのも楽しいですよ。

年末のカウントダウンの際には、人が集まりすぎてトイレにも行けない程混雑します。

3. エンパイア・ステート・ビルディング【ニューヨーク】

アメリカの観光地、エンパイア・ステート・ビルディング(ニューヨーク)

超高層ビルであるエンパイア・ステート・ビルディング。野外展望台は、世界的にも有名な展望台の1つでもあります。

窓越しでなく、直接ニューヨークの夜景を見ることができます。きらびやかなニューヨークの街並みが一望できる様は圧巻です。

展望台の入場料は大人$29~、子供$23~です。訪れる展望台によって料金は異なります。夜間はかなり混雑するため入場制限もあります。

観光するなら時間に余裕をもって訪れることをおススメします。ただ並んでも見る価値のある夜景が、この展望台にはあります。

4. ゴールデンゲートブリッジ【サンフランシスコ】

アメリカの観光地、ゴールデンゲートブリッジ(サンフランシスコ)

ゴールデンゲートブリッジはサンフランシスコで最も有名な観光スポットです。霧の街として有名なサンフランシスコですが、霧でも目立つようオレンジ色の橋になったそうです。

サンフランシスコの天気は変わりやすいので、真っ青な青空にオレンジのゴールデンゲートブリッジが見えていたと思ったら、霧に隠れたゴールデンゲートブリッジが見えたりなど、天候次第でころころと見え方が変わり面白いです。ふもとのフォートポイントからしばらく眺めてみてはいかがでしょうか。

車で通る場合の通行料ですが、サンフランシスコ側からは無料ですが、サンフランシスコ側に帰ってくるときは、$6かかります

5. ヨセミテ公園【サンフランシスコ】

アメリカの観光地、ヨセミテ公園(サンフランシスコ)

広大な自然公園であるヨセミテ公園は、アップル社のパソコンの待ち受け画像としても利用されるほど、とても美しい景色が広がっています。

巨大な滝や、絶壁、草原、美しい湖、広大な森林はどれをとっても言葉を失う程の壮大さを感じることができます。あまりに広大な土地なので、観光で訪れた際にはすべてを見ることはできませんが、見逃せないスポットがいくつかあります。アメリカで観光するなら要チェックです。

またヨセミテ公園の中にも宿泊できます

入場料は、入場方法によっても違いますが、徒歩・自転車での入場の場合は、1人あたり$15です。ちなみに15歳以下は無料となっています。

6. ディズニーワールド【フロリダ】

アメリカの観光地、ディズニーワールド(フロリダ)

世界最大のアミューズメントパークです。広大な敷地は、東京の山手線の内側がまるっと2つ分入ってしまう程の大きさです。

4つのパーク(マジックキングダム・アニマルキングダム・エプコット・ハリウッド・スタジオ)と、2つのウォーターパーク(ディズニータイフーンラグーン・ディズニーブリザードビーチ)がありますので、どのパークに行くか悩んでしまいます。

入場料金は大人$97~、子供$91~となっています。

複数のパークへの入場券を購入する際は、1パークあたりの入場料が安くなりますので、数日確保してパークを訪れることをおススメします。

7. ユニバーサルスタジオハリウッド【ロサンゼルス】

アメリカの観光地、ユニバーサルスタジオハリウッド(ロサンゼルス)

ユニバーサルスタジオハリウッドは、映画のテーマパークです。名作から最新作までの映画のワンシーンが目の前に広がっています。

4エーカーの敷地にアッパーロットとロウワーロットとの2エリアを持ち、エスカレーターで行き来できるようになっているます。その時々の人気のテーマのアトラクションが取り揃えられています。アトラクションの入れ替わりがかなりあるので、何度訪れても目新しい気分にさせてくれる観光地です。

入場料金は大人$75、子供$63です。

8. グローマンズ・チャイニーズ・シアター【ロサンゼルス】

アメリカの観光地、グローマンズ・チャイニーズ・シアター(ロサンゼルス)

グローマンズ・チャイニーズ・シアターは、ハリウッド大通りに位置する中国風の劇場です。ここは、南カリフォルニアで一番観光客が訪れる場所でもあります。

約200人のハリウッドの俳優や女優のサインや足形、手形などが刻まれたブロックタイルはとても有名です。

元々は建築中の建物を見ていた監督が、見栄え良くするためにはどうしたらよいかと考えながら1歩下がったところ、まだ乾いていないコンクリートを踏んでしまったことからこのアイデアが始まったとのことです。

またここでは2つのアカデミー賞の授賞式が行われています。

9. ベラージオホテルの噴水ショー【ラスベガス】

アメリカの観光地、ベラージオホテルの噴水ショー(ラスベガス)

ラスベガスで指折りの有名ホテル、ベラージオホテルの前の湖で繰り広げられる無料のショーです。

夜にはライトアップもされ、毎回違った音楽とともに噴水ショーが繰り広げられますので、ロマンチックな気分になれます。15分から30分間隔で毎日ショーが催されます。ラスベガス観光では要チェックすべきポイントです!

ラスベガスには様々なホテルがあるので、それぞれのホテルが集客するために様々なイベントを開催しているイベントのうちの1つです。

最も有名なイベントがベラージオホテルの噴水ショーですが、その他のホテルのイベントを見てみても面白いかもしれません。

10. グランドキャニオン国立公園【アリゾナ】

アメリカの観光地、グランドキャニオン国立公園(アリゾナ)

世界でも指折りの広大な国立公園の1つです。奇跡の渓谷と言われています。アメリカ観光では外せないスポットでしょう。

自然の動きから出来上がった様々な形の隆起は、想像を絶する美しさがあります。敷地内には、無料のシャトルバスなどもあるので、個人旅行でも気軽に訪れることができます。

ラスベガスからのヘリコプターツアーもあるので、空の上から見る景色は、また違った美しさを見ることができます。

公園の入園料は入場方法によって様々ですが、徒歩や自転車の場合は1人あたり$12です。


上記で紹介した観光地以外にも、アメリカにはまだまだ魅力的なスポットがたくさんあります。

今回はアメリカを旅行するなら抑えておきたい、アメリカの代表的な観光地について10個まとめてみました。なんとなくでもアメリカの雰囲気を感じとることはできましたか?

是非実際に訪れてみて、アメリカを体感してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部です。一人ひとりのベストな留学の実現を目指すべく、留学生活や英語学習などに役立つ情報を発信しています!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。