School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

『クラーク』ってどんなところ?フィリピン留学学校訪問〜クラーク編〜

今回、School Withスタッフがルソン島を中心にいくつか語学学校を訪問させて頂きました。本コラムでは注目の留学エリアであるクラークについてレポートさせて頂きます。

クラークってセブなど他の地域と比較して、今ひとつピンと来ない方も多いのではないでしょうか?そこでクラークの基本情報、観光情報、学校情報をまとめてお伝えしたいと思います。

クラークはとっても特色ある地域なので、今後フィリピン留学を考えている方は必見ですよ!

【PR】

クラークってどんなところ?

クラーク地図

クラークはパンパンガ州アンヘレス市の郊外にあります。
マニラから北西90キロ、車で約2時間ほどかかります。そこまで遠くはないですね。

クラークはショッピングセンターやゴルフ場など商業施設やレジャー施設も充実しています。それだけでなく、少し中心部を離れれば自然が残るエリアも広がっています。またクラークの気候は非常に安定していて、雨期を除き雨はほとんど降りません。環境面では快適に生活できますね!

クラークのバス

マニラから移動中のバス車内では、ゆで卵、チッチャロン(豚の皮を揚げたもの)、ホットドッグ、ココナッツケーキ等を売りにきます。ローカルな雰囲気に浸れますよ。

クラークの歴史 ~空軍基地から経済特別区になるまで〜

クラークの米軍基地

Photo by : Wikipedia

クラークには米軍基地があります。そのためフィリピン在住のアメリカ人も多く、経済特区が設けられるなど結構発展しています。

もともとクラーク空軍基地は1903年の開設後、アメリカ軍の重要な拠点とされていました。第二次世界大戦時には1942年に日本軍が占領し、運用した時期もあるんです。

その後1945年、アメリカ軍が再度占領し、フィリピンとの間に1991年9月までクラーク空軍基地の使用を規定した軍事基地協定を締結しました。

しかし交渉している最中に、なんと20キロほどしか離れていないピナトゥボ山が活動し始めました。アメリカは大きな被害を受けることを予想したため、1991年フィリピン政府に返還しました。

返還後、基地の跡地が経済特別区に指定され、現在に至ります。クラークの語学学校でネイティヴ英語講師が多い傾向にあるのは、こうした歴史的背景があるんですね。

クラークでのアクティビティは?

セブはリゾート地として有名、マニラはフィリピンの首都であり大都市ですのでショッピング天国・・ではクラークではどんなことができるの??

ということで、私たちSchool Withスタッフが出張中に滞在させて頂いた語学学校「AELC」さんに、クラークで出来るアクティビティについていくつか紹介してもらいました。

クラークAELC

(AELCさんはこんな学校です↓↓↓)

AELCセンター1(アンヘレス市)

AELCセンター2(クラーク経済特別区内)

・スービック(経済特区)

クラーク スービック経済特区

クラークから車で1時間程のビーチで有名な土地です。しかしビーチだけでなく、買い物や至近距離からトラやライオンが見れる動物園などもあります。フィリピン人には高級リゾート地として知られている場所です。

・ピナツボ火山

クラークのピナツボ山

ピナツボ火山ではトレッキングツアーができます。学生からは大人気のようです。頂上の火口には湖がありとても美しいですよ。

・多数の有名ゴルフ場

クラークのゴルフ場

クラークのゴルフ場には海外セレブも訪れるそうです。
特にミモザゴルフ場は、あのタイガーウッズが訪れたということでも有名です。日本では考えられない値段(3000円程度)でゴルフを楽しむことができます。

・週末に周辺諸国への気軽に旅行へ行ける!

クラーク空港

クラーク空港は国際空港なので、周辺諸国(台湾、香港、シンガーポール、マカオ)などに気軽にいくことができます。LCCを使えばチケット代を往復で一万円台に抑えることができるため、週末は気軽に海外旅行を楽しめますよ!

その他ウォーターパークも多数あったりと、実はクラークはアクティビティも充実しているそうです!!

クラークの語学学校の特徴

クラークの学校

クラークの学校には3つほど大きな特徴があります。

  • 1. ネイティブの講師によるマンツーマンが受けられる学校が多い。
     (17名くらいネイティブの講師が在籍している学校もあります!)
  • 2. 多国籍であったり、日本人比率が少ない学校が多い。
  • 3. 学校の施設が比較的広々としている。

やはりネイティヴ講師のマンツーマン授業を受けられることはかなり大きなメリットですね。これが可能なのはクラークならでは。フィリピン人講師の英語レベルも非常に高いですが、アメリカ式の英語や発音をネイティブ講師から学びたい場合はおすすめですよ!

☆クラーク地域への留学はこんな方にお勧め☆

クラークへの留学は以下のいずれかの項目に当てはまる方にオススメです。是非学校の地域選びの参考にしてみて下さい。

  • 1. 既にある程度の語学力がある方
  • 2. ネイティブの発音にこだわりがある方
  • 3. 長期(約6ヶ月)でフィリピン留学をされる方で、留学後半で別の学校を検討されている方。
  • 4. 治安について心配な方(クラーク経済特区内の語学学校に限ります)
  • 5. 平日は勉強に集中すると決めている方

英語初心者の方はフィリピンの他地域で数ヶ月留学し、英語力をある程度つけたあとに、よりレベルアップをするためにクラークでネイティブ講師の授業を受けるなど、ステップを踏むとより有意義な留学にできるのではないかと思います。

またクラーク経済特区内の治安は、フィリピンの他都市と比較して良い傾向にあります。治安を気にされる方はクラーク経済特区内の語学学校に行く選択肢を考えても良いかもしれません。

*クラーク経済特区内をあちこち移動する時はジプニーか割高コールタクシーを利用することになります。それ以外の地域は、基本的にジプニーかトライシクルです。トライシクルは、値段交渉が必要でセブやマニラのタクシーより割高です。ですので、授業後に毎日出かけるとなると交通費が結構かさみます。

トライシクル
トライシクル

まとめ

フィリピン国内では有名な地域ですが、日本の方にはあまり知られてない「クラーク地域」。(娘がいるので)親子留学視点でも「クラーク地域内の学校」はお勧めできる学校が多いかなと思いました。またクラーク地域のスタッフの方々が、何とかしてクラークの良さを伝えようという熱意も感じました。

勿論セブ留学もお勧めですが、フィリピンにいながらネイティブの授業をマンツーマンで受けられるのは、ここクラークならではなので、是非興味がある方は参考にしてみて下さい。

☆クラークの学校情報☆

質問に答えるだけで、フィリピンであなたにオススメの語学学校を診断できます↓↓
学校診断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

高橋 恭子

高橋 恭子

大学時代にタガログ語を専攻、そしてフィリピンのドゥマゲッティへ1年間留学。フィリピン出張では日本人にもフィリピン人と見間違えられる。娘とフィリピン親子留学を夢見る一児の母。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。