あなたはどこまで耐えられる?フィリピン語学学校のトイレ特集!

フィリピン トイレ

フィリピン留学を考えていて、トイレが綺麗ではない印象を持っている方も多いのではないでしょうか。現地のトイレ事情、気になりますよね。特に、学校のトイレは毎日使うものです。学校選びの基準の1つにトイレが入っているかと思います。

実際は、みなさんが想像しているよりも綺麗なところはたくさんあり、中には日本と同じかそれ以上の学校もあります。しかし、清潔とは言えず、覚悟が必要なところも多いです。

この記事では、フィリピンの学校のトイレをとても綺麗なところから覚悟が必要なところまでレベル別に紹介していきます。レベル1が1番綺麗で、レベルが上がるごとに覚悟を必要としていきます。

ぜひ、自分にはどのレベルのトイレまで耐えられるのか考えながら学校選びに役立ててください。

レベル1:トイレットペーパーが流せるタイプ

フィリピン トイレ

まずはレベル1です。このレベルは日本の一般的な家のトイレと同じくらいに綺麗で、ウォシュレットが付いているのでストレスを感じずに使えます。

レベル1の特徴は、とにかく綺麗で、トイレットペーパーが流せることです。「え?トイレットペーパーが流せる?」と思った方もいると思いますが、フィリピンではトイレットペーパーが流せないのが当たり前です。トイレットペーパーが流せるトイレは空港や高級ホテルのトイレの中にもほとんどありません。

また、一部の学校にはウォシュレットが付いています。ウォシュレットが付いているトイレは、一部の空港や高級ホテルのトイレなどしかありません。

LINE留学相談

レベル2:トイレとシャワーが区切られているタイプ

フィリピン トイレ

レベル2は、綺麗で、トイレとシャワーがカーテンやドアで区切れています。

このレベルのトイレは、ウォシュレットがなかったりトイレットペーパーが流せなかったりと、レベル1には及びませんが、清潔さではレベル1や日本のトイレにそこまで負けていません。

レベル3:トイレとシャワーが区切られていないタイプ

フィリピン トイレ

レベル3は、トイレットペーパーは流せないし、カーテンなどでトイレとシャワーが区切られていませんが、しっかり手入れされています。

レベル2との1番の違いは施設の古さですが、少々古くなりつつも手入れに力を入れているところが多いです。フィリピンの語学学校だとこのレベルが一般的です。

このレベルから少々覚悟が必要になってきます。使用感が日本の公衆トイレに似ていると思います。

LINE留学相談

レベル4:覚悟をしていってほしいタイプ

レベル4の特徴は、そこそこの覚悟を必要とするところです。

日本人は洋式トイレと聞けば日本で見慣れているトイレを想像すると思いますが、その想像のままいけば後悔します。ボットン便所とまではいかないまでも、ボットン便所をイメージしていくことをおすすめします。

番外編:街中のトイレ

最後は街中のトイレです。ここまで学校のトイレを紹介してきましたが、休みの日などは街へ出かけると思います。

ショッピングモールや空港、ホテルのトイレは綺麗なところもありますが、街中のトイレは、学校のトイレよりも覚悟が必要なところが多いです。

街中でトイレに行きたくなった時に自分が耐えられるトイレを確認できるように、街中のトイレをレベル分けする確認項目をつくりました。街中のトイレを使うときの心の準備にしてください。

ドア 便座 便器
レベル1
レベル2 ×
レベル3 × ×
レベル4 × × × ×
レベル5 × × × × ×

レベル4とレベル5については、鍵とドアと壁がある場合もあります。

また、トイレットペーパーがなく、便座がないときや便座があっても清潔ではないことが多いので、街へ出かけるときはトイレットペーパーと消毒ジェルをもっていきましょう。

トイレが綺麗なおすすめの学校

EV ACADEMY

2017年10月9日に新校舎へに移動し、1から作った綺麗な施設で生活ができます。フランス人の校長がデザインをしたので、ヨーロッパの雰囲気となっています。

お部屋の中には、冷蔵庫、ヘアドライヤー、セキュリティボックス、シャワーカーテンなどが揃っています。部屋は週に1、2回清掃されるため常に清潔です。レベル1に該当します。

EV
セブ島 / フィリピン

4.07

36件

2004年の創立以来、常に人気の語学学校の一つであり続けています。学生達は、アジア(韓国、日本、台湾、中国、ベトナム、タイ)にとどまらず、時にロシア、サウジアラビア、スペインと多国籍。また、...詳しく見る
1週間
8.4万円〜
1ヶ月
19万円〜

Howdy

ウォシュレットがついている数少ない学校です。

また、キッチン内で使用される水はすべて軟水化装置&浄水器を通した安全な水を使用していて、飲料水のみならず食器、食材を洗う水にまで最大限の注意を払っています。

ダイニングから教室、宿泊施設までとても清潔で、フィリピンの語学学校では最高水準の施設です。レベル1に該当します。

Howdy
セブ島 / フィリピン

3.37

6件

Howdy English Academyの居室と一体となったキャンパス(2014年完成)はセブ市中心から車で20分、空港から15分の所に立地しています。Howdy English Academyの一番の特徴は、当初から日本人向け英語学...詳しく見る
1週間
5.3万円〜
1ヶ月
14.6万円〜

Philinter(外部寮)

Philinter(外部寮)は学校設備が充実しており、学生寮や食堂はもちろんのこと、施設内にプールやシアタールームも完備しています。

シアタールームでは、60人も入るキャパシティを利用してミーティングやプレゼンテーションなどを行うことができます。

フィリピンでは、設備が不十分な語学学校も多い中で、これほど充実した設備を有する学校は数えるほどしかありません。レベル2に該当します。

Philinter
セブ島 / フィリピン

4.39

16件

Philinter(フィリンター)では、日本人や韓国人の学生のみが勉強するのではなく、その他タイ、台湾、ベトナム、中国、モンゴルなどアジア各国から学生が集まり、ともに英語の勉強をしています。その...詳しく見る
1週間
7.3万円〜
1ヶ月
16.3万円〜

English Fella 2

シャワー水の浄化器、食器・コップの熱湯消毒器、食堂入口に生徒様用手の消毒器を設置するなど、随所にこだわりが見受けられます。

また、各部屋には机、小物入れ、ベッド、トイレ、シャワー、TV、冷蔵庫、エアコン、コローゼット、下駄箱、ハンガーラック、セーフティーボックスがあり、充実した生活環境が用意されています。レベル3に該当します。

English Fella 2
セブ島 / フィリピン

4.32

29件

EnglishFella2スパルタキャンパスは、敷地面積がセブ一を誇る、リゾート型語学学校です。広大で開放的な敷地の中には、野外プール、バレーボールコート、室内体育館、などがあり、喧騒を離れ、リラ...詳しく見る
1週間
6.4万円〜
1ヶ月
17万円〜

まとめ

この記事では、フィリピンの語学学校のトイレをレベル別に紹介しました。

自分にはどのレベルのトイレまで耐えられるのか想像できましたか。実際のトイレはこんなにはっきりとレベルが分かれているわけではないので、トイレを含めて自分に合った学校をお探しの方はこの記事を参考にカウンセラーに相談してください。

この記事はあくまでもトイレだけを比べているのでこの評価が学校の評価というわけではありません。レベルが上がるにつれて料金は安くなるというメリットもあるので、トイレのレベルが高いことは必ずしもデメリットになるというわけではないです。学校を決める基準の一つとして参考にしてください。

フィリピンのトイレは綺麗なところが増えていますが、覚悟も忘れずに持っていくことをおすすめします。

LINE留学相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With フィリピン編集部

School With フィリピン編集部

フィリピンで実際に滞在経験のあるライター、今も生活をしているライターによる編集チームです。フィリピンでの留学を考えている皆さんに役立つ情報をお届けします。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学カウンセラーへ相談する

03-6416-0980

お気軽にお問い合わせください。

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。