【お知らせ】7月〜8月は満室の学校が増えています。お申込みはお早めに!留学の相談はこちら

海外移住したら就職はどうする?仕事を探すには専門家に相談するのがおすすめな3つの理由

海外移住 就職

「海外移住したら、仕事はどうやって探したらいいのかな……」
と思っている方。

海外で生活する上で、生活の基盤となる就職先を見つけることはとても重要です。就職先の探し方にはさまざまな方法があるため、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

とはいえ、具体的にどのように探せばよいのかは、わかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • ・海外就職する前にチェックしたい5つのポイント
  • ・仕事を探すには専門家に相談するのがおすすめな3つの理由
  • ・おすすめ仕事5選
  • ・仕事を探すときに必ず試したい方法

などをご紹介します。

海外での仕事探しはハードルが高そうに感じますが、押さえるべきポイントはそれほど多くありません。まずはこの記事で、海外移住での就職について知りましょう!

【PR】

海外就職する前にチェックしたい5つのポイント

海外移住 就職

海外で就職する場合、日本とは異なりいくつか気を付けておくべきポイントがあります。あらかじめポイントを押さえておくことで、現地で不要なトラブルに巻き込まれることを防ぐことが可能です。

今回お伝えする、海外就職する前にチェックしたいポイントは、

  • 1. 海外で働く目的は明確になっているか
  • 2. 当面の生活費は確保できているか
  • 3. 働く上で必要な英語力は備えているか
  • 4. 渡航シーズンは現地の求人トレンドと合っているか
  • 5. 就労可能なビザの取得ができるかどうか

の5つ。いずれも最低限押さえておきたいポイントですので、しっかりとチェックして下さい。それでは1つずつ見ていきましょう。

ポイント1. 海外で働く目的は明確になっているか

1つ目のポイントが、海外で働く目的は明確になっているかです。

わざわざ海外に出て仕事に就くということは、それなりの理由があるはずです。就職活動をしていると、意外と当初の目的や目標を見失い、不本意な就職をしてしまうケースも見られます。

海外で就職先を探すうえで「これだけは譲れない」という条件をはっきりとさせておくと、スムーズに仕事選びを進めることが可能です。

ポイント2. 当面の生活費は確保できているか

2つ目のポイントが、当面の生活費は確保できているかです。

就職先が決まっていたとしても、実際に給料が振り込まれるには1カ月以上かかります。住居費や突発的に発生する費用なども想定して、余裕を持っておくことが必要です。

必要な生活費は渡航先によっても異なりますが、おおむね「100万円~200万円」程度を目安にしておきましょう。あらかじめ出費を項目別に整理しておくと、スムーズに計画を立てることができます。

【海外移住で貯金しておきたい項目と金額の目安】
・ビザ申請料金:2~8万円
・保険(1年分):10~20万円
・航空券:10~15万円
・住居契約・滞在費(3カ月分):30~35万円
・生活費(3カ月分):15~20万円
・予備費:30~60万円
・合計:98~158万円

ポイント3. 働く上で必要な英語力は備えているか

3つ目のポイントが、働く上で必要な英語力は備えているかです。

海外に移住して働くのに必要な英語力は、国や勤務先によってさまざまですが、

・IELTSスコアでOverall 6~6.5
・TOEIC700~740点

が1つの目安とされています。

「IELTS」とは「International English Language Testing System」の略で、英語熟練度を測る英語検定の1つで、特に英語圏で重視される指標です。

英語圏の国では、移住者に対して「IELTS」で決められた点数を取っていることを証明するよう義務付けられているところもあります。

ビザ申請時にあわせて確認しておきましょう。

ポイント4. 渡航シーズンは現地の求人トレンドと合っているか

4つ目のポイントが、渡航シーズンは現地の求人トレンドと合っているかです。

現地で就職した方に話を聞くと、「自分はタイミングが良かった」という方が圧倒的に多くいます。就職するうえで、応募者が優秀であることは重要なポイントではありますが、何よりも「企業側が人材を必要としているかどうか」が重要だということです。

自分が希望する職種や企業の採用シーズンや、求人トレンドなどをあらかじめ押さえておくことで、採用される確率を高めることができます。

ポイント5. 就労可能なビザの取得ができるかどうか

5つ目のポイントが、就労可能なビザの取得ができるかどうかです。

海外に滞在して就職するには、ビザの取得が必要となります。ビザを企業側に取得してもらう場合以外は、就労可能なビザの申請を含め、自身で手続きが必須です。

仕事に就くためのビザは国によってさまざまですが、海外で仕事をするうえで一般的に取得するビザは「就労ビザ」になります。

就労ビザ以外だと、

  • ・学生ビザ
  • ・ワーキングホリデービザ
  • ・長期滞在ビザ
  • ・配偶者ビザ
  • ・永住権

などがあり、自分の渡航目的にあわせて取得が可能です。あらかじめ、渡航先で必要なビザについて調べておきましょう。

仕事を探すには専門家に相談するのがおすすめな3つの理由

海外移住 就職

海外に移住して現地でそれなりの仕事を探すのは、なかなかハードルが高いです。

まず第一に、相応の英語力がなければ面接での受け答えや雇用契約を結ぶことが難しくなります。特別なスキルや経験があるならまだしも、そうでない場合はかなり苦戦することを想定しなければいけません。

初めて海外で仕事を探すのであれば、専門のエージェントに依頼することがおすすめです。ここでは専門家に相談するのがおすすめな理由として、

  • 1. 海外勤務の求人情報は転職エージェントに集まりやすい
  • 2. 契約や給与交渉など、専門的な知識や経験を通じて有利に進めてくれる
  • 3. 不要なトラブルに巻き込まれにくい

の3つをお伝えします。

理由1. 海外勤務の求人情報は転職エージェントに集まりやすい

1つ目の理由が、海外勤務の求人情報は転職エージェントに集まりやすいためです。

海外転職エージェントには、求人サイトには出ていない非公開求人の情報があるケースがあります。企業側としては、何かあった時にトラブルにならないよう、保険の意味も含めて転職エージェントを利用することが多いです。

大手であればあるほど、転職エージェントを利用する傾向があるため、必然的に雇用条件も転職エージェントを通した方が良くなります。

理由2. 契約や給与交渉など、専門的な知識や経験を通じて有利に進めてくれる

2つ目の理由が、契約や給与交渉など、専門的な知識や経験を通じて有利に進めてくれるためです。

転職エージェントでは、担当者が自分に代わってスキルや経験をもとに、希望に合った求人を探して紹介してくれます。さらに企業側との契約や給与交渉など、高い英語力が求められる場面でも、転職エージェントであれば安心して任せることが可能です。

企業との契約や交渉を自信を持ってできる人でなければ、専門のエージェントに依頼する方がよいでしょう。

理由3. 不要なトラブルに巻き込まれにくい

3つ目の理由が、不要なトラブルに巻き込まれにくいためです。

転職エージェントを利用しない場合、直接企業側にコンタクトを取るか、求人サイトなどを利用する形になります。その場合、応募や面接日の設定、さらに契約などすべてを本人が行わなければなりません。

特に雇用契約に関わるトラブルは多発しており、最悪のケースでは不利な条項を含めた契約を締結してしまい、結果として訴訟されてしまうこともあります。自力で海外企業に就職する場合は、雇用契約についてだけでも弁護士に依頼するのがおすすめです。

海外移住する際におすすめの仕事5選

海外移住 就職

ここでは海外で見つけやすい仕事として、

  • 1. 日本食レストラン
  • 2. カフェ
  • 3. ツアーガイド
  • 4. ファームジョブ
  • 5. 日本法人が経営する企業

の5つをご紹介します。

おすすめの仕事1. 日本食レストラン

1つ目に紹介するのが、日本食レストランです。

日本食レストランは、初めて海外に滞在し、英語力に自信が無い人におすすめの仕事です。基本的にオーナーは日本人か、日本のことをよく知る方が多いため、安心して働くことができます。加えて従業員も日本語を話せる人が多いため、働きやすい職場です。

【おすすめする理由】
・英語が得意でなくても働きやすい
・日本人とのつながりが作りやすい

【必要な英語力(目安)】
・TOEIC450~600点

おすすめの仕事2. カフェ

2つ目に紹介するのが、カフェです。

カフェは日本食レストランに比べてややハードルは上がりますが、日本人が従事しやすいサービス業として人気があります。基本的なメニューやサービスについての説明ができるのであれば採用の可能性は高く、安定して仕事を得やすいです。

また加えて、お客さんからチップなどをもらう機会もあり、給与も決して悪くありません。

【おすすめする理由】
・求人数が多い
・チップでプラスアルファの収入が得られる

【必要な英語力(目安)】
・TOEIC650~750点

おすすめの仕事3. ツアーガイド

3つ目に紹介するのが、ツアーガイドです。

渡航先が有名な観光スポットに近い場合、ツアーガイドは日本人であることを活かして就職できます。一般的なサービス業の中でも給与水準が高めに設定されており、効率良く収入を得たい方におすすめの仕事です。

【おすすめする理由】
・日本語を活かして仕事ができる
・給与が高い

【必要な英語力(目安)】
・TOEIC200~450点

おすすめの仕事4. ファームジョブ

4つ目に紹介するのが、ファームジョブです。

ファームジョブはそれほど英語力がなくても働くことができるため、英語に自信がない方におすすめです。ファームジョブは季節就労のため常に仕事があるわけではありませんが、比較的給与も高めに設定されています。

【おすすめする理由】
・英語力がそれほど必要ない
・給与が高い

【必要な英語力(目安)】
・TOEIC450~600点

おすすめの仕事5. 日本法人が経営する企業

5つ目に紹介するのが、日本法人が経営する企業です。

日本の企業が、海外に拠点を作って経営しているケースがあります。特にここ数年はグローバル展開を進める企業が多くなっているため、現地で求人がかけられることも多いです。

しかしながら現地での採用基準はやや厳しめで、特別なスキルや経験が求められます。

【おすすめする理由】
・日本人が働きやすい
・福利厚生や給与の水準が高い

【必要な英語力(目安)】
・TOEIC650~750点

仕事を探すときに試したい方法

海外移住 就職

ここでは、仕事を探すときに試したい方法として

  1. 海外在住者や経験者に聞く
  2. 海外就職支援サービスを利用する

の2つをご紹介します。

方法1. 海外在住者や経験者に聞く

1つ目の方法が、海外在住者や経験者に聞くことです。

本やインターネットを使って現地の情報を集めることも重要ですが、海外の状況は短い間に大きく変わることもあります。特に海外移住を希望する人にとって重要な、

  • ・治安や住環境
  • ・税金や社会福祉
  • ・就職事情

などは、現地に住む人や実際に海外で就職した人に聞くのが一番です。

方法2. 海外就職支援サービスを利用する

留学 転職

2つ目の方法が、海外就職支援サービス「英語をキャリアに活かせる転職」を利用することです。

「英語をキャリアに活かせる転職」は海外留学・語学留学の「School With」と外資系・グローバル転職の「Bilingual Recruitment Solutions」提携企画となっています。

「バイリンガル・リクルートメント・ソリューションズ(BRS)」はグローバル求人に特化した転職サービスです。掲載求人は常時8,000件以上で、世界600拠点以上に展開し、圧倒的ネットワークを持つパーソルグループだからご紹介可能な求人がたくさんあります。

またBRSのコンサルタントのほとんどが留学経験者なので、留学後のキャリアを相談しやすいことも魅力の一つです。

相談は気軽に行えるので、留学後の転職活動に不安を感じている方はぜひ一度ご相談してみてはいかがでしょうか。
「英語をキャリアに活かせる転職」詳細情報はこちら

まとめ

海外移住 就職

ここまで、海外移住での就職についてお伝えしました。

おさらいしますと、海外就職する前にチェックしたいポイントは、

  • 1. 海外で働く目的は明確になっているか
  • 2. 当面の生活費は確保できているか
  • 3. 働く上で必要な英語力は備えているか
  • 4. 渡航シーズンは現地の求人トレンドと合っているか
  • 5. 就労可能なビザの取得ができるかどうか

の5つです。これらのポイントを押さえておけば、「こんなはずじゃなかった!」という事態に安易に陥らずに済むと思います。

特に海外での長期滞在では、思わぬトラブルが起こりがちです。さまざまな側面から海外移住に対して備えをしておくことで、就職に支障をきたすようなケースを避けるようにしましょう。

不要なトラブルを避けてスムーズに就職まで漕ぎつけるためにも、専門のエージェントに依頼することがおすすめです。エージェントに相談するのがおすすめな理由は、

  • 1. 海外勤務の求人情報は転職エージェントに集まりやすい
  • 2. 契約や給与交渉など、専門的な知識や経験を通じて有利に進めてくれる
  • 3. 不要なトラブルに巻き込まれにくい

の3つです。特に英語力や交渉力に自信のない人は、エージェントに依頼したほうが良いでしょう。

また、海外で見つけやすい仕事として、

  • 1. 日本食レストラン
  • 2. カフェ
  • 3. ツアーガイド
  • 4. ファームジョブ
  • 5. 日本法人が経営する企業

の5つをご紹介しました。

それぞれ求められる英語力や、採用までの難易度は異なりますが、比較的日本人であっても採用されやすい仕事とされています。自分の希望や適性に合わせて検討してみてください。

仕事を探すときに必ず試したい方法として最後にご紹介したのが、

1. 海外在住者や経験者に聞く
2. 海外就職支援サービス「英語をキャリアに活かせる転職」を利用する

の2つです。

身近に海外在住者や経験者がいれば、まず相談してみましょう。もしそのような人がいなければ海外就職支援サービス「英語をキャリアに活かせる転職」を利用するのもおすすめです。

今回お伝えしたポイントを押さえて、自分の希望に合った就職ができることをお祈りしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

長濱 裕作

長濱 裕作

学生時代はお金を貯めて海外各地を放浪。異文化に触れる楽しさや多様性の価値を知る。学生結婚を経て12年に渡り大手アミューズメント企業に勤めるも、家族と過ごす時間を増やすために退職。現在は田舎に引っ越して古民家を購入、半農半ライターとして生活。子どもたちの留学の在り方についても勉強中。妻ラブな3児の父。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。