School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

オーストラリアのワーホリビザ規定変更|現地で3年滞在も可能に

オーストラリアの農場

オーストラリア政府は2018年11月5日、ワーキングホリデービザの緩和政策を施行しました。これにより、日本人がオーストラリアにワーキングホリデービザを使って渡航する場合、最大3年間の滞在が可能です。

【PR】

今回の規定変更で何が変わったのか

今回のワーキングホリデービザの規定変更にて、日本人が特に注意すべき点は以下の2点です。

・同じ農業(植物栽培および動物畜産)の雇用主の下で就労可能な最大期間が、6カ月から12カ月に
・2019年7月1日以降、セカンドワーキングホリデービザ取得者が、保有期間中に政府が指定する地域で6カ月、特定の仕事に従事した場合3年目のオプションが与えられる

セカンドワーキングホリデービザ…ワーキングホリデービザを保有中に特定の条件を満たすと与えられる2年目の滞在、就労を許可するビザ

また、直接日本人とは関わりがないが、カナダ人とアイルランド人に限り、ワーキングホリデービザの対象となる年齢の上限が30歳から35歳に引き上げられました

詳しい変更点は以下のリンクより確認できます。
https://www.homeaffairs.gov.au/News/Pages/changes-working-holiday-maker-visa.aspx

ビザ規定改定に見るオーストラリアの動き

オーストラリアでは近年、農業における深刻な労働力不足が発生しています。特に植物栽培などの季節労働は、収入が不安定かつ肉体的労働が要求されるため、オーストラリア人労働者が定着しづらいというのが現状です。

そのためオーストラリア政府は、海外からの労働者を募り、農業の労働者需要に応えようと試みており、今回の規定変更もその動きの一環と見ることができます。

今回変更された規定では、日本人のワーキングホリデー対象年齢の変更はありませんでしたが、今後規制緩和の動きが続けば対象年齢が引き上げられる可能性もあります。

そのためオーストラリアでのワーキングホリデーを検討している方は、引き続きオーストラリア政府の動きに注目が必要です。

また、すでにオーストラリアでのワーキングホリデーへ行くことを決め、どの都市、あるいはどの語学学校へ行くか検討されている方は、以下でオーストラリア留学の詳しい情報を掲載しているのでご覧ください。

オーストラリア留学
南半球の大都市を有する留学人気国
掲載学校数 354
国の詳細を見る

参考:https://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/whm_changes05112018.html

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部

School With 留学ブログ編集部です。一人ひとりのベストな留学の実現を目指すべく、留学生活や英語学習などに役立つ情報を発信しています!

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。