School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

マルタ留学でおすすめの休日の過ごし方10選!

マルタ

マルタは近年、美しい海と古くから残る石造りの街並みなどから日本人留学生に人気の国になっています。そんなマルタ留学では、勉強はもちろん、休日は海に行ったり、街を散策したりと様々な過ごし方が可能です。

しかし実際に留学をしてみると、毎週末海に行ったりと休日の過ごし方がマンネリ化してしまうかもしれません。

そこで今回は、マルタ留学をする人におすすめの休日の過ごし方10選をご紹介します。これからマルタへ留学へ行く人、現在マルタで留学している人はぜひこの記事を参考にしてみてください。

【PR】

過ごし方(1)語学学校主催のイベントに参加する

留学生

マルタでは、観光を楽しむコースを提供している語学学校もあります。この場合、午前中は勉強に集中し、午後は語学学校のクラスメート同士で、海にでかけるなどのスケジュールが組まれているのが一般的です。

実際に普段のレッスンだけではなく、休日もクラスメートと一緒に過ごすことで、英語力を向上にもつながります。

また気の合う友人ができると、「もっと話したい!」と英語を使うモチベーションも上がるので、ぜひ参加してみてください。

過ごし方(2)コミノ島の透明な海を堪能する

コミノ島

コミノ島の海は、その透明さで有名で、水面に浮かぶ船がまるで浮いているかのような錯覚を受けるほど水が透き通っています

観光地としても非常に有名で、連日多くの観光客が訪れるので、活気溢れる雰囲気を感じることができます。

島では海水浴やシュノーケリングやダイビングなどを楽しむことが可能なので、マルタの海を楽しみたい方はぜひ時間を作って行ってみてください。

過ごし方(3)世界遺産バレッタ市街を散策する

バレッタ市街

1980年に世界遺産に登録されたバレッタ。どの建物も道路も、特産の蜂蜜色の石灰岩、いわゆるマルタストーンで作られています。街を歩くと、深い堀や土塁があったり、かつてここが城塞都市であったという歴史を感じることができます。

特におすすめなのが、アッパー・バラック・ガーデンズ。おしゃれなレストランやカフェもありますので、のんびりとした時間を楽しむことができます。

さらに2018年にはEU文化都市にも指定されたため、市街では指定に伴い様々なアートフェスティバルが開かれています。

過ごし方(4)カジノを楽しむ

ルーレット

バレッタの近く、セントジュリアンにはドラゴナーラ・カジノがあります。ホテルに併設されていて、週末は24時間営業しています。

中では、ルーレットシェマンドフェル、ブラックジャック、ルーレットマシーンが楽しめます。

またスポーツラウンジも設置されており、サッカーや競馬など、勝敗の賭けをしてラウンジでスポーツ観戦を楽しむことも可能です。

過ごし方(5)世界遺産タルシーン神殿を見に行く

タルシーン神殿

マルタにはエジプトのピラミッドやイギリスのストーンヘンジよりも歴史がある巨石神殿があります。マルタの巨石神殿群はマルタ島とゴゾ島で発見された人類最古の石像建築物です。

特にバレッタの北東にあるタルシーン神殿は、第一次世界大戦頃に発掘されたもので、それまでは地中にあったため、保存状態が良いと言われています。

過ごし方(6)マルサシュロックを見学する

バレッタからバスで40分ほどのところにある漁村がマルサシュロック。毎週日曜日に、魚市場が開かれます。その他、特産のお菓子や蜂蜜などのお土産の屋台も出ているため、みて回るだけでも十分に雰囲気を楽しむことができます。

港には,たくさんのカラフルな小さな船が停まっています。多くの船はビビッドな青色がベースとなっていて、写真スポットとしてもおすすめです。

過ごし方(7)ゴゾ島で大聖堂や神殿、洞窟や砂浜を楽しむ

ゴゾ島

ゴゾ島はマルタ本島よりも小さいですが、大聖堂や神殿、洞窟などの多くのみどころがあります。特に透き通った海は定評があり、多くの観光客がスキューバダイビングをしに訪れます。

ゴゾ島へは、マルタ島のチェルケウアという港からフェリーに乗って30分ほど。

過ごし方(8)マルタの祝祭日を現地の人と一緒に楽しむ

マルタでは敬虔なカトリック教徒が多いので、12/25のクリスマスは大変賑います。

そのほかにも、1/1の新年の祝日、2/10の聖パウロの難船記念日、3/19の聖ヨセフの祝日、3月末の聖金曜日、復活祭(イースター)などキリスト教にまつわる記念日は数多くあるため、現地の人と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

過ごし方(9)各旅行会社のエクスカーションに参加してみる

旅行

平日は勉強が忙しくてなかなか時間がとれないという方は、エクスカーション(団体の遊覧旅行)を利用してみるのもいいですよ。

エクスカーションでは効率よくマルタのみどころを楽しむことができます。コースも朝だけ、半日、終日など選べ、自分のスケジュールに合わせ柔軟に参加することができます。

内容も多彩で、バレッタ散策をはじめ、ヘリコプターでの遊覧、ワイナリー見学、イルカとの遊泳等様々な体験ができます。

過ごし方(10)クラブに行ってみる

バー

クラブやバーでナイトライフを楽しみたいという方や、ナンパされてみたいという方は、クラブやバーをのぞいてみるといいかもしれません。語学学校の友達同士でクラブやバーに繰り出すことで親交を深めることもできます。

ただしセントジュリアンのパーチャビルという場所は、傷害事件や麻薬が流通しているという情報もありますので、女の子が少人数でいくことはおすすめしません。

まとめ

マルタでの休日の過ごし方10選はいかがでしたでしょうか。

マルタは面積こそ小さいですが、みどころがたくさんある国です。首都バレッタはもちろん、セントジュリアンやスリーマといった都市ではおしゃれなレストランやカフェもありますし、ゴゾ島、コミノ島ではマリンスポーツを楽しむこともできます。

英語の勉強に疲れた時には、休日に思いっきり息抜きをして、青い海と空に癒されて、留学生活を充実したものにしてくださいね。

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

School With マルタ編集部

School With マルタ編集部

マルタで実際に滞在経験のあるライター、今も生活をしているライターによる編集チームです。マルタでの留学を考えている皆さんに役立つ情報をお届けします。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。