School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

マルタ旅行や留学に必要な変換プラグや変圧器を解説!日本の家電を使うときの注意点とは?

スマホ

「日本のパソコンやスマホは、マルタ島でもそのまま充電できるのかな……」と旅行や留学前に、不安を感じている方は多いのではないでしょうか?

日本で買ったパソコンやスマホは、もちろん海外でも充電して使うことができます。ただし国によっては、コンセントの形状と電圧が違うため、変換プラグや変圧器が欠かせません。

とはいえ、初めての滞在ではどんな変換プラグが必要なのか、なかなかわからないですよね。

そこで今回は、

・マルタのコンセントの形状
・マルタの電圧
・マルタで日本の家電製品を使うときの注意点
・マルタでの変換プラグや家電の購入について

を紹介します。

この記事を読めば、マルタに持っていくべき変換プラグや変圧器がわかるはずです。

【PR】

マルタのコンセントはBFタイプ!変換プラグを用意しよう

コンセント

まずはマルタのコンセントの形状や、変換プラグについてお伝えします。

日本のコンセントはAタイプ

まず日本のコンセントは、Aタイプです。縦に長い穴が2つあり、どの家電もこの形です。

このAタイプは主に、

・アメリカ
・台湾
・タイ

などの国で使われています。

マルタのコンセントはBFタイプ:丸い3つの穴があいたコンセント

マルタのコンセントは、BFタイプ(Gタイプ)です。丸い3つの穴が、三角形のように並んでいます。

このBFタイプはマルタだけでなく、

・マレーシア
・香港
・アルゼンチン

などでも使用されています。

マルタへの旅行や留学でおすすめの変換プラグ

マルタで日本の家電を使うときや、スマホを充電するときは変換プラグが必要です。マルタのコンセントに変換プラグを差し込むことで、日本のAタイプの充電器などを差し込むことができます。

変換プラグはヨドバシカメラなどの家電量販店や、100円ショップでも購入できます。

おすすめの変換プラグは以下です。

カシムラ 海外用変換プラグ BFタイプ NTI-65

中でもカシムラの変換プラグは、手頃な値段で短期の滞在におすすめです。

また以下の「マルチ変換プラグ」もおすすめです。

海外旅行充電器 変換アダプタ マルチ変換プラグ

スマホやカメラ、パソコンなど充電するものが多い場合、変換プラグが2〜3個あると便利です。

マルタの電圧は230V!変圧器や海外対応の製品を用意しよう

変圧器

続いてマルタの電圧についてお伝えします。

日本の電圧は100Vと、世界で最も低い

日本の電圧は100Vです。この数字は世界で最も低く、日本でしか使用されていません。

マルタの電圧は230V:変圧器は海外に対応していない製品に必要

マルタの電圧は230Vです。そのため変圧器を使うか、海外対応の製品を用意する必要があります。

230Vの電圧は、

・シンガポール
・スリランカ
・ヨルダン

などと同じです。

マルタへの旅行や留学でおすすめの変圧器

もしもマルタに変圧器を持っていくならば、電化製品の消費電力をチェックしてください。そして変圧器は、消費電力の3倍をカバーするものを選んでおくと安心です。

海外対応ではない電化製品、特にドライヤーなどは消費電力がもともと大きいです。そのため消費電力の大きさに耐えきれず、変圧器やドライヤーの故障につながることも。なるべく大きい電力に対応する変圧器を選んでおくと、故障の可能性が減ります。

おすすめの変圧器は以下です。


カシムラ 海外国内用大型変圧器 220-240V/3000VA Aプラグ対応Kashimura アップダウントランス(大型タイプ) WT-15EJ


カシムラ 海外国内用大型変圧器 220-240V/550VA Aプラグ対応Kashimura アップダウントランス(大型タイプ) WT-11EJ

日本の電化製品をマルタで安全に使うための注意点

スマホ

マルタで日本の電化製品を使うとき、安全に使用できるか心配ですよね。

次は故障を防ぐための注意点をいくつか紹介します。

マルタで変圧器が必要ない日本の家電製品とは?

マルタなどの海外でも、以下の製品は変圧器が必要ありません。

・デジカメ
・パソコン
・AndroidやiPhoneなどのスマホ
・シェーバー

これらの製品は、もともと100〜240Vに対応するように作られています。そのため変換プラグさえ用意すれば、電圧が自動的に切り替わります。

ただし、

・ドライヤー
・ヘアアイロン

などの製品には注意が必要です。次で詳しく紹介します。

マルタの一部の家電製品を使うときの注意点

先ほどのドライヤーやヘアアイロン、シェーバーなどを使うときは注意が必要です。消費電力が大きいため、変圧器の容量が少ないと故障する可能性があります。

基本的には、電化製品の1.5〜3倍の電力に対応できれば問題ありません。ドライヤーなどの消費電力をチェックしてから、変圧器を購入しましょう。

海外でも使用できる電化製品の見分け方:アダプタをチェックしよう

とはいえ海外で使用できるかどうか見分ける方法は、なかなかわかりにくいですよね。

海外対応の製品かどうかは、

・アダプタ
・コンセントの内側
・説明書

を見ると、対応できる電圧が「100〜240V」などと書かれています。迷ったときは、この3つをチェックしてみてくださいね。

もしもマルタに変換プラグや変圧器を忘れたときの対処法

アダプター

変換プラグや変圧器を準備していても、忘れてしまうこともありますよね。

そこで変圧器や、変換プラグを忘れたときの対処法をお伝えします。

現地で変圧器や変換プラグは購入できるけど……

マルタでも変圧器や変換プラグを購入することはできます。ただしなかなか見つからなかったり、Cタイプなど違う形しか売っていなかったりするようです。

マルタは小さい国のため、電化製品も輸入が多いです。そのためフランスなど近隣国のプラグに合わせて作られており、日本の家電には使えないことも。

なるべく変換プラグや変圧器を忘れないようにするか、「全世界対応プラグ」を用意していると安心です。

ドライヤーなど、必要な家電は現地で購入することもおすすめ

ドライヤーなどは、現地購入もおすすめです。

変圧器は値段も高く、「頻繁に海外にいくわけではないし、あまりお金をかけたくないな…」という人も多いかと思います。その場合は変圧器ではなく、現地製品の購入もおすすめです。

例えば変圧器や、海外対応のドライヤーなどを購入すると5,000円以上は必要です。物価の安い国であれば、現地購入の方が安いことも。

ただし先ほどもお伝えしたように、マルタで販売されている家電はBFやAタイプではなく、近隣国の製品の可能性も高いです。その場合はフランスやドイツなど、その国のプラグの形状で作られています。

購入の際は、コンセントの形や電圧を確認してから購入してくださいね。

まとめ

ここまでをおさらいします。

マルタ島のコンセントや電圧は、

・BF(G)タイプ
・230V

です。そのため日本製品を使う場合は、変換プラグや変圧器が必要です。

ただし、

・デジカメ
・パソコン
・AndroidやiPhoneなどのスマホ
・シェーバー

などは240Vまで対応しているため、変圧器は必要ありません。一方で、

・ドライヤー
・ヘアアイロン

などの家電は海外対応の製品でなければ、100Vまでしか使用できず、変圧器が必ず必要です。

もしも「何回も海外に行かないから、変圧器はそんなに使わない…」という人は、家電の現地購入もおすすめです。

この記事を読みながら、マルタへの旅行や留学の準備を始めましょう。

社会人の超短期留学って、ぶっちゃけ意味ありますか?イベント詳細

留学のギモンを解消!はじめての留学ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

モリキアユミ

モリキアユミ

1992年生まれ、京都府出身のフリーライター。大学卒業時に就職を蹴って、24カ国・50都市の世界一周を実行し、旅の途中からそのままライターへ。現在はタイと日本を行ったり来たりしています。オーストラリア留学とセブ島留学の経験あり。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。