School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

毎日の課題を通してビジネス英語力を身につける!HiNative Trek(ハイネイティブ トレック)を体験してみた!

HiNative Trek(ハイネイティブ トレック)

こんにちわ、ねづ(nzakr)です。
久しぶりにSchool With留学ブログに投稿します。

4月〜10月までの約7ヶ月間、話題の2カ国留学してきました。
フィリピンはセブ島に10週間、カナダはバンクーバーに14週間です。

すでに日本に帰国してはいますが、帰国後もぼちぼち英語学習を続けています。
英語学習用の参考書やサービスはいろいろありますが、「HiNative Trek(ハイネイティブ トレック)」というサービスを体験利用させてもらえることになりました。

何回か利用してみたので、感想をレポートしてみたいと思います!

実践英語を1日1題。英語を効率よく身につける!HiNative Trek(ハイネイティブ トレック)

【PR】

HiNativeTrekとは?

HiNativeTrekは、毎日届く課題に回答し、その回答内容にネイティブから直接フィードバックをもらうことができるというサービスです。

もともと存在したネイティブに直接質問できるQ&Aサービスである"HiNative"とは別で、HiNative Trekではビジネス経験があるアメリカ人ネイティブ講師が生徒一人一人に専属で添削を行ってくれる形式のようです。

またHiNative自体は複数言語に対応していますが、HiNativeTrekは日本人の英語学習にフォーカスしている模様。

英語の内容も、日常会話という漠然としたものではなく、
・ビジネス英語
・IT英語
の2種類にフォーカスされています。
僕が実際に体験したのはビジネス英語です。

具体的な課題のやり方

実際の課題

毎日、上のスクリーンショットのような課題が届きます。

この課題は、英訳(ライティング)ですね。
ちなみに、ライティングと同時に、音声も提出できます。

課題に解答

課題に解答(白い吹き出しが僕の答え)すると、
その場で模範解答+音声が届きます。
この音声もセットになっているのが地味に嬉しい。

ネイティブの先生からのフィードバック

翌日には実際のネイティブからのフィードバックがとどきます。
フィードバックがかなり充実していることに注目。

なお、13時までに課題を提出するとその日中に添削してくれます。
朝の通勤時間のときや起きた後など眠気覚ましがてらやるといいかも。

先生の解答サンプル

合わせて、先生のサンプルが届きます。
ただの模範解答ではなく、自分が投稿した解答の内容を修正したフィードバックなので、すごくわかりやすい。

課題の内容

課題の内容は主に以下の4つのタイプがあるみたい。

1)Short Essay(英作文-短文)
短い文章のライティング。センテンスでいうと1〜2くらい。

2)Long Essay(英作文-長文)
ちょい長めのライティング。3〜4センテンス。

3)Conversation(会話形式)
設定や質問に対して、自分なりの返答をする形式。

4)Special
設定に対して、メールの返信や応答をするなど、ちょっと変わった課題。
これが一番むずかしい笑

上記の4つの課題が毎日ランダムに出題されます。
1ヶ月ごとにテーマというかトピックの大枠が決まっているみたい。2017年11月はカンファレンスについての課題が多かったです。

課題のサンプルは下記から見れます。
HiNative Trek 課題サンプル

やってみた感想

さて、実際に1週間ほど使ってみた感想をば。

フィードバックが丁寧

課題の内容についての説明でも書きましたが、ネイティブの先生からのフィードバックがすごく丁寧です。
よくありがちなちょっとしたコメント程度ではなく、文法的なチェック、言い回しの自然さなど、細かく内容を見てくれているので、すごく参考になります。

また、自分が送った解答の内容をベースにした模範解答を送ってくれるのも非常にありがたい。最初の解答と比べてどういったところを修正すればいいのかパッと理解できます。

気軽にできる

1日1課題のペースで消化でき、1課題あたり5〜10分程度なので、サクサクできます。

また、パソコンはもちろん、スマホアプリからも利用できるので、どこでも利用可能です。スマホで完結しており、移動中にも課題をこなせるという点で、継続しやすいサービスだなーという印象。

シーンがフォーカスされている

シーンがしっかりフォーカスされていることもいいですね。
ビジネスのシーンで使うであろう独特な言い回しって多いと思うんですが、そういったものが課題のあちこちに散りばめられています。

例えば、
「恐れ入りますが」
「かしこまりました」
「よろしければ...」
などなど。
必ずしも直訳できる英語はなく、状況によって英語での言い回しは変わるのですが、なかなかこういったことは実際にアウトプットしないと身につかないですからね。このHiNativeTrekで練習できます。

今回はITコースではないのですが、ITコースだとより専門的なボキャブラリーが登場するかと思うので、いい練習になりそう。

ある程度英語力がないと辛い

一方、ビジネス英語が主体なので、ある程度の英語力がないとキツイと思います。
実際、会話で使うボキャブラリー自体はそんなに難しくないのですが、そもそもの基本的な文法知識がないとライティングできないですしね。

HiNativeTrekを他の教材と合わせて使おう!

HiNativeTrekはメールや会話のシーンをイメージして練習するツールなので、よりアウトプットにフォーカスしたオンライン英会話などと組み合わせてやると非常に効果を発揮するかと思います。

HiNativeTrekで練習したことを、ビジネスシーンの練習等があるオンライン英会話で会話を通してさらに定着させていく感じですね。

実際に仕事で英語を使うことになって苦労している人などには、ぴったりのツールかもしれません。

HiNativeTrekの値段は?

HiNativeTrekの月額利用料ですが、1ヶ月9800円です。

オンライン英会話等と比べても少々高いですが、
・ビジネスシーンにフォーカスしている
・直接ネイティブからフィードバックをもらえる
という点を考慮すると、まあ妥当な金額ですね。

一応、年間登録すると、1ヶ月あたり8167円になります。
2ヶ月分無料になるということですね。

まあ正直それでもちょい高いというのが本音です...笑
そんなわけで、特別キャンペーンで、下記URLから登録すると1000円OFFになります。登録を考えている方はお早めにどうぞ!
実践英語を1日1題。英語を効率よく身につける!HiNative Trek(ハイネイティブ トレック)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

Akira Nezu

Akira Nezu

Webディレクター兼エンジニアの仕事をしています。仕事や趣味で海外に行くことが多く、2016年は8カ国ほど行きました。個人でブログ『NEZU.log』(月間約30万PV)では主に海外について書いてます。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。