School With 留学ブログは、
一人ひとりのベストな留学の実現を目指す留学情報メディアです

留学から何を学んだ?6か月のロンドン語学留学を終えて変わったこと

ロンドン

こんにちは!ライターのhiroeです。
私は3年間社会人として働いた後仕事を辞め、半年間イギリスのロンドンで語学留学を経験しました。

「留学に行く前と行った後では、英語力を含め価値観や様々なことが変わる」とよく言われていますが、実際はどうなのか。

今回は6ヶ月間の留学を終えて感じたことや気づいたこと、そして行く前と後でどのような変化があったかご紹介します。

【PR】

英語の間違いを恐れず、積極的に話すようになる

ロンドン

国民性の違いもあり、日本人は外国人より口数が少なくなりがちですが、入学当初と比較すると積極的に英語を話せるようになりました。

私の留学の目的の1つは、語学留学で英語を勉強し、他国の人とコミュニケーションができるほど語学力を高めることでした。大体の語学学校は入学時に語学力テストを設け、生徒はテスト結果により実力に沿ったクラスに振り分けられます。なので一緒のクラスになったメンバーは、同じような英語力であると言っても過言ではないでしょう。

英語のレベルが同じくらいの外国人と話をして私が感じたこと、それは外国人は文法がめちゃくちゃで単語の発音が間違っていても、堂々と英語を話すということです。何を言っているのか聞き返そうとしても、容赦なく自分の話や意見を喋り続けてくれるのが外国人のスタンスです(笑)。

一方私も含めた日本人は他の国の人に比べ、間違えることに対して「恥ずかしい」と感じやすく、正しい英語を話さなくてはと思いがちでした。ですが母国語ではない英語を、正しく喋れないのは当然のこと。外国人を見習ってとにかく習った英語を実際に口に出し、ミスを恐れないことが大事だと実感しました。

たくさん間違えて失敗から学ぶ。積極的で前向きな学習の極意を外国人から学びました。

様々な国の人と触れ合い、異なる意見や考えに対し寛容になる

ロンドン

実際に日本を出ていろいろな国の人と触れ合うことで、外国人をとても身近な存在に感じるようになりました。

もちろん国が違えば育った環境や習慣、食事や思想、宗教など様々な違いがあります。ですが、今やインターネットで世界中の情報を誰とでも共有できる時代。若者の価値観や流行、生活スタイルはどの国も近づいてきているように思います。

多くの異なる国籍の生徒が集まる語学学校で日本と変わらず目に付いたのは、みんな暇が出来ればスマホに目を落とし、FacebookやInstagramなどのSNSをチェックしている姿です。完璧でない英語でも、積極的に他国の人とコミュニケーションをとってみれば、面白い共通点を見つけて盛り上がることがたくさんありました。

イタリア人とそれぞれの国の教育や経済について熱く語ったり、イギリス人と空手の話をしたり、トルコ人の女の子と恋愛トークに夢中になったり、ウクライナ人とショッピングを楽しんだり、ブラジル人と仮装パーティをしたりなどなど。

どれも、日本ではできなかった経験です。いろいろな人や文化と触れ合うことで、今までの自分の中での常識の偏りに気づき、異なる意見や考えに対し寛容になることができます。人は違って当たり前、違うからこそ面白いんだと改めて気づかされました。

海外を知れば日本を知ることができる

日本

イギリスだけでなくヨーロッパの街を歩いて気づいたのは、日本は街がきれいだということです。路上のゴミが、日本の方が圧倒的に少ないと感じました。ヨーロッパの街を歩いていると、特にタバコの吸殻のポイ捨ての多さに驚きます。

ヨーロッパでは室内は全面禁煙としている国が多いようですが、その分飲食店のテラス席で喫煙者が所狭しとタバコを吸い、歩きタバコをする人もよく見かけます。

私は海外で生活していた間、駅や公園のトイレを極力使いたくありませんでした。清潔が保たれている場所が少ないのに加えて、有料の場所も多いのも理由の1つ。私の主観になりますが、公園のトイレは日本人女性が使える状態のところはないんじゃないか、と思ったほどです。

日本では学校で掃除の時間があって、自分の汚した場所は自分できれいにする。次に使う人のことを考える、という習慣が身についているのかもしれません。街や公共の場所がキレイなのは、日本人として誇らしいことだと思います。

海外暮らしを経験したことで、日本の暮らしの便利さやサービスの良さを実感しました。一方で、欧米の多種多様な考えがオープンに交わされる社会、マイノリティや労働に対する環境など日本が見習うべきだと思うこともたくさんありました。

海外に飛び出し、たくさんの人や文化そして価値観に触れたからこそ、日本という国がどんな国なのかを知ることができたと思います。

留学を終えて

ロンドン

留学に行くまでは、ロンドンで暮らしている自分を想像もできなかったですし、仕事を辞めて留学を決意したということもあったので、ものすごい覚悟を持って日本を出ました。

実際に留学を経験して日本に帰った今思うことは、なんでもやってみれば意外と生きていけるもんだなと。

留学に行くか行かないかを、頭から湯気が出るほど悩んでいたあの頃がなつかしいです。もし留学するのであれば積極的にいろいろな人と話し、異なる文化に触れてみてください。今までの自分の価値観が変わるような、刺激的な体験ができるといいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するタグ

こちらの記事もあなたにオススメです

この留学ブログを書いた人

hiroe

hiroe

1989年福岡出身。これまで訪れた国と地域は、フランス、タイ、中国、韓国、グアム、台湾、香港、シンガポール。 ボーイズグループOneDirectionの名曲「One Thing」のPVに映るロンドンの街並みを見て、イギリスに強い憧れを持つ。2016年、3年勤めた環境コンサルタント会社を退職し、単身イギリス留学を決意。 趣味はバンド活動。担当はピアノ、テナーサックス、たまにボーカル。

カテゴリーから記事を探す

無料留学相談は
こちらから

留学コーディネーターへ相談する

03-6416-0980

受付:10:30〜18:30(祝日除く)

留学の基礎知識が知りたい方は

School Withのユーザーになる
×

会員登録は無料!30秒で完了します。
以下いずれかの方法で会員登録してください。

既に会員登録がお済みの方はこちらからログインできます。